« 大正メビウスライン 館林ルート感想ネタバレ | トップページ | メビウスライン祭り »

2012年12月23日 (日)

大正メビウスライン 時雨ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

フルコンプしました…。す、すっげーよかった…。面白かった…。

そしてワタシ的にベストな攻略順は、時雨→館林→伊織→ミサキかなーと思いました。
時雨で初回の萌えを充填したあと、館林でストーリーを満喫し、伊織でそのすべてを踏みにじり、ミサキで再生させるといった具合で。

とはいえ、萌えの赴くままにやるのが一番ですけど。

今回は時雨ルートです。

以下おりたたみー。

時雨の中の人はエロゲ内では初めての出会いなんですけど、なんだかとっても耳に心地いい声で、今回声萌えは時雨が一番だったかもしれない…。

時雨は、五本刀と呼ばれる、かんなぎの一族の若き頭領。
長い歴史と由緒のある術者の一族ですが、現在は政府から迫害されて、軍と対立しています。
館林の部下の大男、雄真さんがかつての五本刀の頭領で、時雨さんのよき兄貴分だったのですが、彼が軍に寝返って、五本刀の術を軍に流したということで時雨さんは復讐に燃えています。

京一郎の青臭い正義感と時雨の復讐心がマッチしたことによりふたりは意気投合。
時雨に五本刀の屋敷に招かれ、軽く術レッスンなど受けたりします。

五本刀の作戦に協力し、共闘を重ねるうちにふたりの親密度はどんどんアップ。

時雨さんは、外見はやんちゃ系、でも体験版プレイしたときは「意外としっかりとした大人」と思ったのですが、やっぱりやんちゃでした。
100%和!みたいな住処で暮らしているのに、洋食やサイダーが好きだったり、部屋もモダンに仕立ててあったり。それを京一郎は「意外な洒落っ気」と思ったりしてますが、時雨の服からしてめっちゃシャレオツだし…。

時雨さんと京一郎の関係は、紅天FDの鷹比佐との関係によく似ています。甘酸っぱい友情のような…。そして時雨ルートは唯一京一郎の一人称が「僕」になるルートです。時雨が京一郎に「俺にはタメ口!」と言ったからですが、京一郎の「僕」かわいいよおお…。

そして心許す相手には人懐こくなる時雨さんは京一郎に膝を借りたり、スキンシップが多くなり、友情に糖度が増してきます。

そして…ある夜、ムラムラきた京一郎がオナニーを…!
BLゲームで主人公がオナニーをしたら120%、他人に見つかりますが、例にもれず時雨に見つかり手淫されてしまいます。
しかし京一郎、伊織ルートで犯されたとき「肉欲とはほぼ無縁だった」みたいなこと書いてて、えっオナニーもしたことないの?!とびびりましたが、ちゃんとしてたみたいでよかったです。
そこから意識しまくりの二人になり、体を重ねるまではわりとすぐでした。
二人のまぐわいを襖の向こうから覗いてた、時雨の腹心の臣さん。
紅天もそうだったけどさあ~。和の家って筒抜けだね!
プライバシーないね!
しかも次の日、臣さん、時雨さんに「潤滑剤も使わないとは何事です!」と説教!
ここ爆笑!
っていうか攻略キャラほぼ全員、ろくにほぐさないから…。時雨さんだけじゃないから…。

ところで時雨ルートは大きなENDはふたつですが、どっちもハッピーです。
伊織がビターなENDばっかりで、館林がハッピーとビター半々、時雨が全ハッピー。
これもキャラの特性によるものなんでしょうか。破滅的な人はどう行こうが破滅。
ある意味理にかなっています。

時雨さんのENDは、五本刀の復権を果たすENDと、五本刀が解体して自由人になった時雨たち五本刀メンバーが京一郎の田舎で農耕民族になるEND。
前者のENDは、二人とも帝都にいて京一郎はリーマンになってるし、時雨のお洋服もちょっとモデルチェンジしてシャレオツ感ましまし。モダンな雰囲気を漂わせてますが、後者は時雨が野良着でサツマイモ作ったり牛の出産がーとか言ったり、ハッピーなのは変わりなくても雰囲気の落差にボファーッてなります。

でもそこにいたるまでの切なさがいいから農耕ENDのほうが好きだけど…。

そんなわけで心癒されるルートでしたー。

次回はいよいよ大トリのミサキルートです。

|

« 大正メビウスライン 館林ルート感想ネタバレ | トップページ | メビウスライン祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大正メビウスライン 館林ルート感想ネタバレ | トップページ | メビウスライン祭り »