« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

高まる期待

後藤羽矢子です。

Cool-Bの情報がきて、やたらソワソワしています。

表紙がドラコネなのは、けっこう意外というか…メビウスラインの発売月なので絶対メビウスラインが表紙だと思ってたから…。
だ、大丈夫か?!押されてないのか?と思いましたが、SSが2本立てでくるとのことでホッ。

表紙絵はキラルでは貴重なカプ絵!蓮蒼!このセイさんボディにインした蓮を髭内さんがツイッタで「セイレン」と呼んでいて、すごく響きがいいので私も追従してセイレンって呼ぼうかなと思いました。
オンラインモードの蓮もかっこよくて好きですが、私はセイさんに入ってからのほうがぐぐっと萌えが高まりました。
近親相姦好きなので、セイさんのボディに入ったことによる背徳感とか、リアル人間始めたばかりの生まれたてピュア感とか、もろもろが付加されて美味しさアップなのです。

そして立ち絵も一新されるとか…すげえ!
FDでそんな手間かけてるの見たことない!地味に立ち絵って差分多いし大変ですよね。
まあドラマダの人ら、END後でビジュアル変ってる人多いから…。蓮は言うに及ばず、ピアス無しスーツノイズとかゆるふわミンクさんとか…。

あと「紅雀の新立ち絵はなんと……!?」とかCool-Bさん煽ってくるので期待も高まります。紅雀ルートの蒼葉ちゃんショートカットだし、紅雀も一緒に髪切ったりするのでしょうか。
ハア…。そんなわけで楽しみです。
発売日も決定したみたいだし、あまりのスムーズさが逆に怖い。
キミは本当にキラルなのか…みたいな。

発売日は速攻で本屋に駆け込む所存です。

| | コメント (2)

2012年11月27日 (火)

ラキドコミカライズ3巻 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ラキドコミカライズ3巻が発売されたのでサクッと買って来ました。

順当に表紙はルキーノ。当初は5巻までは出るんだなーと思ってましたが、3巻でこの話の進み具合じゃ5巻では終わらないな…。一巡したあとは、今度はスーツバージョンになるんでしょうか。

前巻で無事脱獄を果たしたCR-5御一行が、山小屋にしけこむところから始まります。
このあたりはゲーム本編では最初のエロシーンがあるところなので、こっちの期待も高まります。
焚き火囲んで焼いたイモ食ったり、小屋で雑魚寝したりと予定通りの触れ合いもあって萌えましたが、それ以上にビターな部分も描き出されていました。
イヴァンの血統への差別、不遇。ギスギスした幹部たち。最近は集まればキャッキャウフフしてる面々しか見てなかったのですっかり忘れてましたが、彼らはジャンさんがボスになるまであまり仲がよくなかったんでしたね…。

ゲーム本編では言葉だけでサラッと流されていた部分をビジュアルで見せられると、けっこうズッシリきます。イヴァンかわいそうだよおー。そりゃ野心家にもなるよ…。

ベルナルドのジャンさん抱き枕は、背中合わせの添い寝程度にマイルドにさせられてましたが、それで目撃したジュリオには「ぐぬぬ…」となるほどショックだったようです。これでもし素股を目撃してたらどうなってしまうんだろう…。ベルナルド殺されるんじゃ…と思いました。
ジュリオのマジヤバ感がすごい。
アルファロメオの座席でジャンさんに触ろうとするシーンが、エロはなくともあったのは嬉しいですが、ジュリオ、怖い。
ジャンさんを遠くで見つけて笑顔、ベルナルドがやってきて険相。その後ジャンさんのヨダレつきハンカチをスーハー。
いったいジュリオの胸の中ではどんな嫉妬の嵐が吹き荒れているんでしょうか。

そんなジュリオの腹の内を引き出そうとするジャンさん。
本来ATフィールド張りまくりのジュリオですが、「言えよ」「正直に」「何でもいいから」「お前の思ってること」とジャンさんが命令してしまったので、ジュリオはそれに逆らえず、まるで禁忌に触れるように恐れおののきながら「あなたに触りたい」という言葉を吐き出します。この苦悶の表情がすごい。

しかしこの流れでこういう言葉が出てきたら、普通「え?ホモ?」とか思いそうなものですが、ジュリオの本音を引き出したことへの達成感を感じて、そっちのほうへは気を向けていないジャンさん。まあジャンさん男にも惚れられ慣れててそのへんはスルー気味なのかも。

ジャンさんの顔や首筋をペタペタ触ってるうちに、あわやそれが殺意に変わりそうになるジュリオ。ゲーム本編だったらフェラしてジャンさんを擬似臨死させられるのに…。
ていうか、確認のためにゲームでこのあたりのシーン再生したら、あまりの雰囲気の違いに吹いた。
台詞や感情の流れは同じなのに、当たり前だけどゲームは甘々ですね。
コミカライズは全体的に殺伐としています。

でも私、狂ったジュリオも好きなんで、このホンモノ感漂う描写はいいと思います。
陣内さんがVFBのインタビューで言ってた「ジュリオにとってジャンの存在はもっと大きな救い」と言うのがとてもしっくりきます。

願わくばジュリオの心が、ルートに入るぐらいの悦びをもって救われますように…。

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

読み方

後藤羽矢子です。

明日というか今日はラキドオンリーですが、仕事でイベント参加もままなりません。とりあえず通販できる本は通販で買いまくりたいです。いろいろ欲しい本ありすぎる…。

そんな話を松本さんとしてた時に、私がアニバ本のク・ジャンの話を振ったらば、彼女は「あーそこまだ読んでない!」と言う。「アニバ本のSS、長いし構成が複雑で読みづらいし」と松本さん。
私が「えーそういう時ってエッチシーンだけ先に読まない?」と言うとすごい勢いで「そんな読み方はしねえ!!」と言われてしまった…。
以前にも書きましたが、私はとりあえず一回ざざーっと流し読みして、そのあとねぶねぶ読み返すやり方をしています。彼女のように、初見から舐るように読むタイプだと、確かに読むのに時間がかかりそうです。

でも、私みたいな読み方する人、いますよね?
待ちきれずにエッチシーン先に読んじゃったりとかしますよね?
いなかったらどうしよう…。

ま、いっか。

明日のオンリー、サークルの方も一般の方も楽しんできてくださいね。

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

紅天ドラマCD 音御伽話八百万弐 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

大正メビウスラインのPVきましたね。
なんでもラキドと同じところが作ってるらしくて、いいカンジの出来でした。
最近の動きすぎるPVに比べると無難と言えなくもないですが、紅天がアレすぎたから…。

ラブデリの第一作めの「ツキガミ」はやっていないんですが、第一作めからつきあっているユーザーの方々は、「ツキガミに比べたら紅天はすべてにおいて向上している!」と言い、紅天からつきあっている人は、紅天FDは紅天よりすべて向上していると言い、そしてメビウスラインでまたすべて向上していると言い合っています。
ある意味すごいブランドだ…ラブデリ。
そんな、よく言えば伸びしろありまくり、悪く言えばいろいろ平均値が足りてないブランドが、よく今日まで生き延びてこられたなあ…。いや、好きなんですけどね。

そんなラブデリの収入源になってるかどうかわからないけど、出てくれて嬉しいドラマCDが昨日届きました。
中条ローザさんのSS付きというので公式で買いました。

鷹比佐ルートは、エッチしないルートとエッチするルートと分かれているわけですが、ここはバランスよくCDでエッチあり、SSでエッチなし関係となっています。
SSでは、遠恋状態の二人が、一度やっちゃったら離れるのが辛くなると知って、キスだけでぐっと我慢する切なくも甘酸っぱいシチュエーションです。
でも離れているといっても数日おきには会えてるんですよ。
いいじゃない…やっちゃっても…と思う私は心が穢れてるんでしょうか。

CDのほうは、「雨を降らせて欲しければ山に子供を寄こせ」と告げる謎の存在を突き止めようと鷹比佐が藍丸を呼び出すお話。
ついでにラブラブタイムを満喫のお二人。
鷹比佐さん随分こなれて…。
余裕の攻め様になったと思った鷹比佐ですが、藍丸に挿入しながら、「自分はまだ足りてない。未熟だ」みたいなことを深刻に語りだす…。やっぱりくそ真面目な鷹比佐さん。そんな鷹比佐を優しく包む藍丸……。

久しぶりに聴く藍丸の喘ぎ…いいわああああー。
男らしくアヘアヘ…というと矛盾してるっぽいですが、本当にナチュラルに同居した喘ぎです。耳福耳福。

そんな二人の睦みを立ち聞きしてる背黄犀…。「早くお二人に媚薬を作って差し上げねば!」と気合いいれてますが、これ以上元気にさせてどうする…。そんな背黄犀の独り言に「声がでけえええよ!」と襖を開けてツッコむ藍丸。このあけすけさがいいわあ…。
試聴でも聴いた「お取り込みは終わったぜ」の清々しさは何度聴いてもいい…。

そしてイロイロあって事件も解決。膝枕したりキスをねだったりイチャイチャの二人。
カワイイ…。

緋王編は舞台は現代。
誘拐事件の現場をたまたま目撃した一つ目たちが、藍丸たちに事件を伝える。
事件はサクサクと解決したんですが、拉致られていた学生少年。
彼がじつは藍丸の弟!

お、おいいいい!そんな重要な新キャラさらっと出すなや!!
現代ももちろん生きている藍丸の親父と、現代に転生したお母さんとの間にできた子供。
なんか金持ちの家っぽいこと言ってましたが、親父も現代で人のふりして世間に紛れているのでしょうか。

少年は最初しおらしいふりしてましたが、自分の出生も藍丸のことも知っていて、藍丸にライバル心剥き出しです。
そしてめっちゃ次回に続くみたいな感じで終わっています。
つまりまたドラマCD出るのかしら…。いや出るのは嬉しいんだけど…。

緋王編はエッチはありませんでしたが、藍丸と緋王の掛け合いが面白かったので不満はないです。というかぶっちゃけ緋王と藍丸はエッチしてないほうが好き…。

そんなわけで楽しめました。楽しかったけどやっぱり弧白と雷王がいないと寂しいなー。
次回がまたあるとしたら、あの二人の火花の散らしあいと和気藹々妖怪大家族のやりとりをまた聴きたいです。

| | コメント (2)

2012年11月15日 (木)

へやつく疑惑

後藤羽矢子です。

どうぶつの森は、絶対時間泥棒で廃人仕様とわかっているので、手を出していませんが、マイデザインを見ると、いいなあ…とムラムラやりたい心が刺激されます。

マイデザインでラキド服やキラル関連の服作っている人いのせんかのう…。見たいなあ。

そんな私はあいかわらず「へやつく」で時間を浪費しています。最近はジャンさんにお仕事振ってしばらく放置が多いですが…。

それにしても以前から気になってたのですが、「へやつく」の製作者のなかにラキドファンの人がいるんじゃないだろうか…。

たんなる思い込みの可能性のほうが高いですが、部屋のインテリアにわざわざこんな車を用意するだろうか。

Gg12111501

こんな宇宙人のぬいぐるみを作るだろうか。

Gg12111502

まあ偶然でもいいんですけど、そうだったら楽しいかなと勝手に思いながらやっています。
あと一回警官のお仕事をやると、手持ちアイテムの「拳銃」がもらえるので、そしたら黒いスーツ着せて拳銃持たせて、マフィアっぽいジャンさんにしたいと思います。

| | コメント (2)

2012年11月11日 (日)

大正メビウスライン体験版 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

大正メビウスラインの体験版が配布されたので、さっそくプレイ。

松本さんはガチ買いが決まってるものの体験版はやらない派だそうですが、私はガチ買いほどやりたくなるんですよねー。

内容は冒頭部分、攻略キャラが全員お目見えしてこれから話が始まるぞーってところまでと、攻略キャラ4人それぞれのちょっとオイシイところをピックアップ、みたいな構成です。

今回は絵も演出もすごい頑張ってる!という感じが伝わってきます。
スチルも車窓からの空が動いていたり、馬車のフロントガラスに街あかりが反射してたり凝ってます。
人物の立ち絵もスチルも非常にいいカンジですが、ちょっと塗りが硬いかな…。

紅天の、よかった探しするほうが早い、けれどすべてを大目に見てしまう大いなる力みたいなものはありません。なんか乱れは全然ないんだけど手堅すぎて、面白みに欠ける…みたいな。紅天と真逆…。でもこれはまだ冒頭もいいとこなので、これからどんどん萌えてくるとは思いますが。

ピックアップ部分は、ミサキがちょいお色気、伊織がけっこうお色気、館林が険悪から少しいい雰囲気へ。時雨が……えらいネタバレしてんぞ!いいのか!

テキストは安定のローザ節。漢字多くて古風な言い回しなのに、簡潔で読みやすく、深みもあって、ひたすら物語に没入できる手助けをしてくれます。筆力だけに限定して言えば、私の知るライターの中で一番筆力高い人だと思います。

キャラについては…私、藍丸が好きすぎるせいで、京一郎のお坊ちゃんすぎるところが、ちょっと面白みないなーと最初思ったんですが、ミサキにレイプされかけて「何度蹂躙されても、明日は何事もなかったように図書館に行きます」と返すところにすごい男気を感じ、ぐっと萌えました。彼の強さが物語をどう動かしていくのか、楽しみです。

攻略キャラ萌えは…現在は館林かなー。体験版の時点ではあんまり触れ合いないんですが、なんかすごい不器用な人っぽい感が…。紅天のキャラに無理やり照合すれば桜螺タイプっぽい。
ミサキはオイリーさんの安定のチンピラフル演技に吹く。
伊織様は、地球儀の日本以外の地名を全部削り取って世界征服を誓ったり、京一郎の胸に刀傷つけてその血を舐めたりと、中二が冴え渡りすぎて素晴らしい。
この人がぽろっとなんか弱みを見せたら、私の心の天秤はぐっとこの人に傾くと想像がつきます。
時雨はキャラデザを見た段階では、やんちゃ系かなと思ったてたのですが、意外としっかりと大人な人でした。

そんなわけでぐぐっとワクワク感が高まります!
発売までと一ヶ月ちょっと、滾ってきたー!

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

後藤羽矢子です。

アニバ本発売直後から物議を醸していた切符に書かれた番号=幹部たちの享年問題ですが。
ずっと私の中で処理できない気分だったので黙っていました。

しっかし、こんな凶悪なネタ仕込んでおくてんねんもてんねんですが、気づくほうも気づくほうだと思いました。
まあ確かに公式の特典がこの切符セットって他に比べてショボくね?何かある?と長年てんねんとつきあってきた信者なら思ってしまうことでしょう。

私がとにかくショックだっのは、ジュリオの享年で、だってジュリオコロンビアに行って4年くらい遠恋しないといけないのに、1941年なんてアメリカに戻ってきて、もうすぐじゃないですか。
イヴァンが言ってた「ベッドで死ねたヤツ」と「ドブ溜まりで死んだヤツ」は、やっぱりジュリオがドブ溜まりなんだろうなあ…。いや、ルキーノかもしれないけど…。ずっと以前から松本さんと「ベルナルドはベッドで死ねたヤツだよねー」と言ってましたが、その通りだったみたいです。ベルナルドを看取ったのはもうイヴァンだけだったのかと思うとそれも哀しい。

それにしても、今回の10月10日でジャンさん30歳ということは作品時間は1937年なわけで、ルキーノはあと2年後…!ちょっちょっちょ…待って!と言わざるをえません。

もしかしてbadeggで幹部の死まで行き着いてしまうのでは…と少し怯えています。
まあBADENDで皆さん何回も死んでますが、それとこれとは話が別です。
とはいえ、じつは幹部たちの死を見届けたいという気持ちも少し、あるのです。

本当はずっとみんなでキャッキャウフフして欲しいと願ってますが、非情と背中合わせのキャッキャウフフだからこそそれが美しく尊く見えるわけで。
そしてマフィアものとしては、やはり死は避けられないもので、ジャンに忠誠を誓いながら非情に無残に散っていく幹部を見たい…そんな欲求もあるのです。

死についてはアニバCDでルキーノが「1時間なんて俺たちには充分贅沢だ。撃たれたり刺されたりしたらそれで終わりだ。お祈りする暇もない」って言ってたのが切ない。
せめて事切れる前にジャンさんのことを考える時間があればいいな…と思います。
ジュリオにもルキーノにも。
ベルナルドはガチで考えてると思うし。

そんなわけでえらい時間差で湿っぽいことを書いてしまいました。

| | コメント (2)

2012年11月 2日 (金)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

今日はラブデリ話題です。

大正メビウスラインはステラワースで予約して、松本さんはシーガルで予約。
複数買いはいいか…と思ってたのに、アマゾンの特典の絵が出たら、げっ!萌え!!となってもう1本買うか悩み中です。今回は声方面で、ミサキと館林に矢印向けてましたが、考えてみれば伊織様は、ロンゲの美人と、私の外見的好みのどストライクでした。

しかしまあ、この誰が本命になるかわからない状態で、新しいキャラ情報が出るたびにあっちに揺らぎこっちに揺らぎするのは、本当に発売前だけに許された楽しみですね。
あと一ヵ月半存分に楽しみたいと思います。

そして、紅天のドラマCDも、あと半月ほどで発売ですね。
試聴もきたのでさっそく聴いたら、もうのっけから吹いた。
紅天やっぱりおもしれえよお~~!!
藍丸かわいいよお~好きだよお~…
「お取り込みはもう済んだぜ」とか男らしいよお~!

と、久しぶりの藍丸ボイスに萌えました……。

今回は鷹比佐と緋王様編ですが、緋王様は藍丸と一人二役なわけで、普通ドラマCDはゲームと違って一緒に録るものですが、これは別録りだろうなーやっぱり。
キスシーンの息とかめっちゃ重なってたし…。キスっていうか藍丸が食ったチョコバナナの残り味を咥内で貪るといったプレーリードッグ的な行動ですが…。そんなんでも緋王様カッコイイけどね!

あ~そうこうしてたらまた紅天がやりたくなりました。
FD久しぶりにやろうかな!

拍手お返事。反転してます。

23日の方 女体化妄想はし始めると止まりませんね。いつか短いSSとか書けたらなと思います。紅蒼SSも楽しんでいただけて幸いです。ドラマダはSS心をそそるのでまだあれこれ書きたいですね。小説は不慣れであまり早く書けないのが悩みどころですねー。

26日の方 蒼葉女体化もオイシイですね!デザイナーズベイビーに何が起こっても不思議はないですし。オンラインモードで何故か女の姿にさせられて陵辱とかもおいしいですし、無限の可能性がありますね…!

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »