« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

Cool-Bの表紙画像&詳細きましたねー。

ドラマダのSSは無いの決定で、ちょっとガックリ…。

どのカプがくるか、とは松本さんとさんざん話し合いましたが、「来ない」という選択肢はまったく考えて無かったので、呆然としました。私たち、まだまだキラルに飼いならされてないんだなあ…。
昨日は松本さんと鎌倉に行ってたのですが、古都の街を歩きながら、そんな話ばかりしておりました。

ところでその松本さんに、先日書いたミン蒼SSのイメージイラストを描いてもらいました。
その絵を表紙にしてPixivにSSアップしたので、よろしければよろしくです。

ドレッドじゃないミンクさんはラゼルさんぽいと、以前松本さんが描いていましたが、私も松本さんがその絵を描いてるのを後ろで見つつ「このラゼルさんさー」と素で間違えてしまいました。

これもドレッドじゃないミンクさんの弾が少なすぎるのが悪い!
今後派生で来てくれますようにとしつこく願う私たちでした。

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

カプ表紙

後藤羽矢子です。

私はツイッタでCool-Bのアカウントをフォローしているわけですが。

だいたいいまごろの時期に、次号の内容の予告ツイートをされるのです。
次号は表紙がドラマダなのはわかっていて、それも楽しみですが、とにかく気になるのは、SSは!?SSは来るの?どのカプが来るの?とそわそわしっぱなしです。

とにかく、絵にしろテキストにしろ、飢えまくっているので、いまならドラマダと名のつくものになら、何だって飛びつきそうです。

表紙もできれば、カプ絵が来てほしい…このさいどのカプでもいい…ぐらいの気持ちですが、Cool-Bは振り返ってみると、カプ絵の表紙はびっくりするほど少ないのです。

まあCool-Bは隔月ですし、何回も同じゲームの表紙が取れるわけでもないし、一組のカプだけ表紙になったら他カプ好きに角が立つしで、難しいのかもしれません。

キラルで過去、カプ絵があったのはたったの3回。
悪魔ライコノと、哲蓉と、アニメ版のケイアキです。微妙にイレギュラー感漂うラインナップ。哲蓉は哲雄、手しか見えてないし…。

ラキドは何故か発売前に年下組だけカプ表紙がありました。発売後は100%集合絵です。
どうせなら年上組もやってくれればよかったのに…。

Coolb120524

いまとなっては貴重なカプ表紙。

で、何が一番多いかというと3人です。
受を真ん中にして攻2人がサンドイッチという構図が一番多いのです。
確かに3人ぐらいだと人物もそれなりに大きく取れるし、カップリング的にも角が立ちにくくていいのかもしれません。それにエロいし。

果たして次号のCool-Bは何がくるか。

カプ絵が集合絵か3人絵か。
気になるところです。

拍手お返事。反転してます。

23日の方

ドラマダの総評はいろいろ迷ったんですが、結局ああいう形になりました。好きだと思われる方が気分を害なさないように、気をつけました。でもドラマダのいいところも悪いところも全部ひっくるめて「好きだ」と声を大にして言いたいので、がっかりポイントもぶっちゃけとこうと思いました。今後はそういう部分より萌えのほうを大事にしていくつもりですー。応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月19日 (土)

へやつく生活 その3

後藤羽矢子です。

なんか眠いんで本日二度めの更新。

相変わらずMixiアプリの「へやつく」をダラッとやっております。

へやつくでは、お仕事のキャリアが上がると、その職業に関わるレアファッションがもらえるのです。

そして最近、船長のレアファッションがもらえたのですが…。

Gg120510

かっ…かわいいー!!
なんかLHLのアニメイト特典のセーラージャンさんみたいじゃないですか!
しかし船長をやってるときのグラフィックは、ねじり鉢巻に前掛けという、どちらかというと漁師、みたいなファッションなのですが、何故突然海軍…。海繋がりだけじゃないのか。この大雑把さも味ですが…。

そして最近新しい職業が増えました。警察官です。

Gg120513

このポリスメンなジャンさんがまた可愛い…!
実際はテケテケ走ってるんです…。

で、マイミクさんが同時期にその仕事をしていると「一緒に仕事する」というモードが選べるのですが、警察官をマイミクさんといっしょにやると、マイミクが泥棒になるんです。
おいっ一緒に仕事って片方犯罪じゃねーか!

でもマイミク側から見ると、こっちが泥棒なわけで…。

5387227_1638993095_243large

ジャンさん泥棒でもカワイイ!

Gg120427

お揃い色違いのにゃんこズボンで、イヴァンと釣りデート。

こんなふうに楽しんでおります。

しかしルキーノが作れないのが悔やまれる…。へやつくは課金アイテムでもいいから、もっと髪型増やして…。

| | コメント (0)

東江さんのこと

後藤羽矢子です。

東江さんのことについてぼんやり考えていたので東江さんの話をします。

東江さんは、ラスボスとしてはかなり薄口ですが、それもそのはずですよ。だって彼は自分のこと悪いと思ってないし。

東江さんの行動原理は、私欲でも憎しみでも復讐でもなく、自分の好奇心のみです。

人心を操るということに興味を持った東江さんが、あのやり方でもできるかな?このやり方ではどうかな?もっと大勢で試してみたいな!などと試していった結果があの状態です。

そして東江さんは、人心を操って管理したほうが世界的にみれば人類の幸せになると、たぶん本気で思っています。
それはあたかも、小学生が考える世界平和のような無邪気さです。

ミンクルートでしてた「スクラッチのメンバーを皆さん許してあげて」演説も、あれは自分のイメージage戦略ではなく本気だと思います。
あと、セイさんの服はウイトリコーデだと思いますが、あの部屋のプレゼントは東江からの贈り物だと思います。
セイさんが東江のことを憎んでいないと言ったのは、東江の中にあった少年性にセイさんが気づいていたからなんでしょう。

そして、もうちょっと東江が極端な人間だったら、話的にはメリハリがついて面白くなったと思うんですが、東江に関しては私はこれでいいような気がします。

東江さんのふわふわしたノリと、ミンクさんの生々しい憎しみの落差が妙な味わいを生んでたし。

自分の興味の及ばない部分はどうでもよさげなムラっ気と、草食っぽいカンジが、いまの若人がおじさんになったらこんなカンジのラスボスになるんだろうなと思わせます。
そして私もなんとなく、東江さんにシンパシー感じる部分が…。
いや、好奇心でへんな突っ走り方しちゃうとことか…。うっ、私、神学校でもオーガストにシンパシー感じてたし、ヤバイかもしれません。

東江に関する派生がこの先出るとは到底思えませんが、たぶん東江の側の物語は、けっこう面白いものなんじゃないかなという気がします。
萌えはしないだろうけど…。
東江が童貞でも、たぶん私は驚かない。

拍手お返事。 反転してます。

8日の方 SSの感想ありがとうございました!私もミンクさんのデレのあまりの少なさに自家発電してしまいました…。これからの派生でもっとデレがくるといいですね~!

9日 2時の方 SSの感想ありがとうございます。ミンクルートのラストは染みましたねー!私も大好きです。夜明けの印象がすごく強いのでSSもそのイメージで書きました。

3時の方 SSの感想ありがとうございます。ミンクと蒼葉をイチャつかせたい一心で書きました。イチャつきながらもためらうミンクさんの心根とかが表現できてたらいいなと思っています。

14日の方 SSの感想ありがとうございます。しばらくお休みしていましたが、SS熱にまた火がついたカンジです。次は紅蒼書く予定です!

15日の方 SSの感想ありがとうございます。ネイティブアメリカンいいですよねー!私もSSの資料にそれ系の本三冊買って、すごくときめきました!

16日の方 総評、ちっょと辛口になってしまいましたが、てもドラマダマジで大好きなのでこれからもいろいろ語りまくります!

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

DRAMAtical Murder 総評

後藤羽矢子です。

そういえばドラマダの総評を書くといって、忘れていました。

ちょっと時間経ってしまいましたが、やっぱり書いておこうと思います。
そして何様だと言われるのを覚悟で、上から目線な書き方をすると思います。
不快に感じたらすいません。

発売からそろそろ二ヶ月なので隠しなしでいきます。

えーと、まずドラマダという作品じたいに対してですが。

好きかと聞かれれば「好き」

楽しめたかと聞かれれば「楽しめた」

萌えたかと聞かれれば「萌えた」

足りてるかと聞かれれば「足りてない」

テクニカルかと聞かれれば「全然テクニカルではない」

というカンジです。

特にシナリオに関しては、咎狗の頃から連綿と続いている淵井さんの短所、構成のまずさ、設定のツメの甘さが一番目立つ形で浮き彫りになってしまってます。
描写の足りなさのわりに設定が盛りすぎで、全体的に煩雑な印象です。

ただ、淵井さんがやりたいこと、表現したいことのコアの部分はとても好きだし、面白いと思うのです。
今回「攻略キャラ救済ゲー」に特化してそれにゲーム性を持たせたのは本当に面白かった。
ちょっと思うのですが、これがノベルゲーじゃなく、RPGのシナリオだったら、たぶん何の違和感もないような気がします。

とにかくシナリオに関しては「もうちっょとこうすればー…!」みたいな気持ちに再三させられて、いまだにモヤモヤするんですが、「出来上がったもの」に対してあーすればこーすればとかは、わりと誰でも言えることなので、言うまいとは思ってます。

しかし本当に淵井さんは好きなのです…。私もイロイロエロゲボブゲやってきましたが、淵井さんほど長所と短所がハッキリしていて、それが極端な人も珍しい…。でもその極端さというかチグハグさがたぶん淵井さんの魅力なんだとも思います。

ただ、「今のままでいい」とは、やっぱり思って欲しくないし、ドラマダは売れたと思うし人気もあるけど「これでいい」とも思って欲しくない。淵井さんの短所は、ぶっちゃけ矯正できる部分であるし、外部からの手直しも効く部分だと思うので、もう少しブラッシュアップに努めて欲しいなと思います。

偉そうですいません…。

絵、演出、音楽面、声、などはまったく文句のつけようがないので、シナリオばかりにあーだこーだ言ってしまいました。
もし派生で補足できる部分すがあるなら、もうどんどんして欲しいと思います。
BLゲームはユーザーと作り手の距離が近いジャンルであるし、実際本編後の派生でキャラを厚くしてるゲームもあるし(紅天の鏡丞とか)ユーザーの萌えと派生で本編を練りこんでいくというのも、アリだと思います。

そんなわけで今後の派生に期待しています。次はCool-BのSS!

拍手お返事は後日に!

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

THE CHiRAL NIGHT -Dive into DMMd- 行ってきた!

後藤羽矢子です。

行ってきました!THE CHiRAL NIGHT -Dive into DMMd-

今回は、ニコ生で配信もやってるし、セットリストなどは省いて、つれづれなるままに思ったことを書き散らす形で感想とさせていただきます。

まずは物販ですが、今回も前回に引き続き負け組みでした…。
最初から事前物販は体力的な事情から諦めており、とりあえずバングルさえ買えれば…ぐらいの気持ちだったのですが、入場してから物販コーナーを探すも見当たらず、係の人に聞いたら、物販は外でやってて、いったん入場したらもう買えませんみたいなこと言われてエーッ!私はこういう事態になると、すぐに心をシャットダウンしてダメージを軽減させていますが、松本さんはけっこうしくった感に苛まれていたようです。

そんな彼女は、ゲームコーナーのガチャで買った、焚き火ライトというちんまい焚き木の形をしたライトを指でつまみながら振り回していました。

カワイソウだった。

でもちょっといい事もありました。
喫煙コーナー付近でぼけっとしてたら、髭内悪太さんがタバコ吸ってました。(奥様も一緒でした)

それと席というか確保した立ち位置はわりとよかったです。前方のものすごいはじっこで、ライブ的には真ん中のほうがいいのでしょうが、周りに人が少なく、スタッフエリアを隔てる柵もあって、松本さんはそれに掴まりつつ腰の負担を軽減していました。
それにやっぱり前方だとアーティストがよく見えてよいです。

そして始まりましたが、恒例の注意事項説明、今回はウイトリ!
「気分が悪くなったら遠慮せずにスタッフを呼んでくださいね」とウイルスが言ったあとにすかさず哲雄口調で「呼べよ…いつでも」と言うトリップ!
その後の「何だそれ?」「なんとなく…」みたいなやり取りにブフッてなりました。
なんか…ウイトリやばい。どんどん好きになっていく…。

始まって一曲めは当然「AI  CATCH」
今回の演出は、前方と舞台の左右に電光掲示板を設置して、8ビット風の映像を流す仕様。中央にはちゃんとしたモニターもあって、曲が終わると、ドラマダ本編のライムフィールドにはいるときの映像が流れ、咎狗、Lamento、スイプー、それぞれの世界に入っていくという仕立てになっています。

そしてそれぞれの曲でバリバリ盛り上がったわけですが、咎狗、スイプーは元々ボーカル曲が多いせいで、けっこう今回はしょりがありました。逆にLamentoはボーカル曲の少なさから全曲歌われていました。嬉しいような寂しいような…。

そしていよいよトリのドラマダのターン!
今回は出だしにBGMと映像とライティングのコラボ。
これはたぶん光麻薬の演出だと思います。実際不思議な高揚感に見舞われました。

その後、ノイズ、ミンク、クリア、紅雀、蓮の順で曲の前にミニドラマというか心情吐露みたいな語りが入ったのですが、それぞれのキャラ曲というのは、ぶっちゃけBAD曲なわけで、みんな辛そうで苦しそうで病んでるよー!

あ、でもミンクさんの語りはちょっと糖度アップしてました。
あとクリアの喋りは病んでるときのほうが好みなのでよかったです。

あ、あとウイトリの「弱ってるから捕まえてくれってね」って台詞が萌えたわー…。

そしてドラマダの皆さんが喋ったり、スチルが映ったりするたびに「キャーーーッ」って場内ではテンション高い叫びが響き渡り、私ももちろんそうしてたわけですが、私たちのいたところは、スタッフエリアの近くだったせいで、松本さんが「酩酊してる女たちのそばでシラフの男が3人くらいいて、なんか居たたまれなかったわ…」と呟いていました。

ラスト2曲手前に入ったミニドラマは一転、全員ワイワイの明るい雰囲気。
蒼葉よりオールメイトのほうがしっかりしてるとミンクに揶揄されて、ノイズもプチからかってきて、そこにすかさず「まあ蒼葉はそういうところがいいんじゃねえか」とナチュラルにデレを挟み込んでくる紅雀にブハッてなった。
その後、ノイズが蒼葉の手を握り、「ずるいです~~」と言いながらクリアも片側の手を握り、みんな素直すぎる…。カワイイなあー…。しかしミンクさんはこういう場で割りを食うなあ…。ミンクさんにも、もっと頑張って欲しいところ!

そんなわけで無事ライブも終了。

その後松本さんとゴハンを食べてたのですが、松本さんがシンデレライフのすれちがい通信をチェックしてたら、二人とすれ違えてました。さすがオタ女子のイベント!

しかもその二人のメッセージが「瀬良垣ビーチにいこっ」と「翠島に行きたい」で、ちゃんとドラマダ仕様になっていました。松本さんはそれ見て「あー私まだスパコミのときの「薄い本は買えましたか?」ってままだー!」と呻いていました。

そんなわけで大盛り上がりで楽しかったです。

しかしすでにもう太ももが筋肉痛です…。

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

ミン蒼SS書いたよー!

後藤羽矢子です。

ノイ蒼SSに続いて、ミン蒼SSも別館にアップしました。

こっちはちょっと長いし、捏造も多めなのでそういうのが苦手な方はご注意を。

あと、ちょっと極端な表現などもあるので、一応「この話はフィクションで実在の国、部族、居留区とは関係ありません」と書いておきます。

でも楽しかったー!スパコミ後のGWはずっとこれを書いていました。

感想などいただけましたら、嬉しいです。

拍手お返事 反転してます。

6日の方 スケブ、女性向けっぽい絵がアドリブで描けないので、ちみっぽい絵になってすいませんー。でも描くのは楽しかったです。感想もありがとうございますー。機会があったらジュリジャンはいくらでも描きたいですねー。

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

スパコミ御礼とフォーチュンクッキー

後藤羽矢子です。

昨日はスパコミでした。

差し入れいただいたりお声をかけていただいたりと、嬉しかったです。でも一人参加にあまり慣れていないせいで、スペースを空けてどこかに行くということが、微妙にできずに買い物がほとんどできなかったのが心残り…。

とりあえず来週のラキショに一般参加で行くことを決意。
あ、前回の記事でキラルナイトと同日とか書いてしまいましたが、ツイッタで「前日かと…」とご指摘いただきました。てへ☆

そんななかで、フォーチュンクッキーだけは、ステラワースのブースが近かったこともあって速攻で買ってきました。

昨日と今日でパリパリととりあえず一箱食べました。

出たのは、ジュリオ×2枚、ベルナルド、ラグトリフ、ジャンさんでした。
ダブリは一枚もなく、ジュリジャン者としてはなかなかいい引きでした。

ベルナルドの台詞はラッキー500%だったのですが、それがメチャクチャ飛ばしててブホッてなった。

もしかしてこれ、ラッキー度とエロ度比例してんの……?

でもジュリオの台詞は90%より50%のほうがエロかったような。でも90%のほうが染みる台詞だったけど…。

ていうかラグがいるとは思わなかった…。
ラグも地味にデレてんなー。まだデキあがってないキャラとのこういうやり取りは、ゾクっとするような萌えがありますね。

そして松本さんに電話して、badeggにラグとのエロはあるのかという話題で盛り上がりました。私はじつはラグとはやって欲しいけどバクシーとはなくてもいい派。松本さんは逆。
でもどっちもあるなら、それが一番いいですけど。

クッキーはもう一箱買ってあるので、それも近々開けます。
このクッキー量は少ないけど地味に甘い…。

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

スパコミインフォメ

後藤羽矢子です。

とりあえずスパコミに出すコピー誌の完成のメドがたったのでインフォメします。

スペースは、4日 ほ-28a いぬみみです。

コピー誌は、ジャンためが熱い時期ではありますが、久しぶりに本編の時間軸の話が描きたかったので、コロンビアから帰ってきたジュリオの小話です。

お互いの匂い嗅ぎ合ったあげくにジュリオにぶっかける漫画です。
最近はジュリオにぶっかけないと気が済まなくて…。

それと13日のラキドオンリーには参加していません。一般で行こうかと思ってましたが、その日キラルナイトなので体力温存のために一般もやめました。うぐぐ…。

そんなわけでまったりスペースですが、よろしければよろしくです。

一応表紙はこんなカンジで。

Markingholiday

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »