« Cool-B 5月号感想ネタバレキラル編 | トップページ | ジャンのためなら世界を壊す 感想ちょろっと攻略 »

2012年4月 7日 (土)

DRAMAtical Murder 真相ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

長々と引っ張ってきたドラマダ感想。トリの真相ルートです。
一応ネタバレ隠しのためにキャラ名は出しませんでしたが、冒頭だけでもやれば、すぐにこのキャラダヨネーってわかりますよね。

そして他のルートで「あれどうなったん?」と思える問題はだいたい解決…。けどこのルートだけで浮上してきた設定もあったりで、正直盛りすぎな気も…。

でも盛りあがったし、萌えたし楽しめた!

以下おりたたみー。

真相ルートを開くには最初からやりなおせが基本。

今回は超速スキップもあるので、最初からでも全然苦ではありません。

案の定、蓮関係の選択肢が出てきました。
「俺は蒼葉の500万倍くらい感謝してるんだぜベイビー」にコーヒー吹く。

500万倍ってなにその小学生みたいな大胆倍率は…。

しかし蓮ルートには入るには、かなり的確な好感度操作が必要で、他のキャラの好感度が余計にあがらないように注意しなくてはなりません。

2回ほど失敗して、なんとか一人きりのプラチナジェイル入り。
その前にラリったヤバそうなヤツに辻斬りライム仕掛けられてなんぞーと思ったら、それ以来微妙に蓮の様子がおかしい。

触られるのを微妙に嫌がったり、恒例のおでここっつんこをやろうとしたら前足で拒否されたり。
このシーンはたぶん100人が100人が萌えるであろうドラマダ最萌えシーンであるかと思われます。連のキュッと揃えた前足が激烈にカワイイ。
で、蓮の様子がおかしいと思った蒼葉は、修理のためのパーツはないかと、オールメイトの店に行くわけですが、そこに並べられた最新機種の数々に、蓮が嫉妬してダッと駆け出すシーンもよかった…。蓮自身もその感情をよくわかってないらしく、「あえて言うならそういう気分だったというだけだ」などと曖昧供述。

しかしこのオールメイト屋にいたフクロウのオールメイトかわいいな…。欲しい。

逃げた蓮を追いかけてると、路地でうずくまっている人発見。
え…この期に及んで新キャラ……?と少しびびる。
と思ったら他ルートで、タワーが爆発する前に浮かんでた人か!
あれ素で女の人かと思ってたよ!

その後、他ルートではやるやる詐欺だった、記念イベントも無事(?)行われて、人々の洗脳も順調に進んでいきます。
旧住民区の方々も、ダイミュージックでレイプ目状態。
しかし芳賀さんや近しい人々は、タエさんの「耳をふさげ」という助言により難を逃れたそう。
ていうか、そんなんでいいんかい!とちょっとツッコみたくなりました。

ここでスピーチをする東江とともに、さっき出会った無気力青年登場。セイさんと名乗るその青年、すごいパンキッシュな服ですが、あれ誰のコーデ…?

それはともかく、事態もヤバくなってきたので、暴露の力使ってオーバルタワーに乗り込むことを決意した蒼葉。
暴露使ったり、蓮が動かなくなったりと色々ありつつもタワー内を進んで行くと、いっかっにもヤバげな研究室キター!!

そこに現れたモルヒネメンバーの方々とウイルス&トリップ!
あー…やっぱりこいつら…という寂寥感と、これからBAD来るかもというワクワク感
複雑な情動を感じつつ進めていくと、蒼葉の出生の秘密暴露大会が始まり、蒼葉さんが試験管ベイビーだったり、セイさんの双子の弟だとか、えええええええな事実が次々発覚。

このあたりで分岐みっつほど経て、ウイトリ3PENDに突入。
やったあああー!きたあああー!
二人仲良く蒼葉大好きなウイトリが、蒼葉を半年かけて調教しまくり。
自分たちのオールメイトまで動員して蒼葉を攻め立ててまてが、トリップのオールメイト、黒いライオンって…使い勝手悪そうなオールメイトだなー。まあミンクがトリさんのAIチップだけ残して外のガワ捨てたりしてたから、外出時などはもっと小型のオールメイト使ってるのかもしれませんが。

そして蒼葉に二本刺ししててびびる。
「ちょっとよけて俺が入りやすいように」「無理言うな」のくだりは爆笑。
でもこのときの蒼葉の喘ぎがじつは一番好きという…。そしてウイルスの冷静っぽくでも感じてるのがわかる演技が神がかってると思いました。

そして3PENDを楽しんだあと、本編に復帰。

もうだめか…?思ったところに、他の攻略キャラたとが一斉に乗り込んできます。
ここは、おおおおーとなりました。カッコイイ!
しかし、あのギスギスメンバーがどうやって一致団結してここまで来たのか…。案外ミンクさんの癒し体臭が役にたってたのかもしれません。

窮地を脱したのも束の間、狂犬病みたくなった蓮が、蒼葉にライムを仕掛けてきます。
そこで、蓮の人格がオールメイトのそれではなく、元々は蒼葉のイマジナリーフレンド、赤毛のアンの脳内友達のようなものであったと、蒼葉自身が思い出します。

え、えーーー!自分かよ…!
まあロボから人格が派生すると、クリアとテーマかぶっちゃうしな…。
とにかくそんなわけで蒼葉、自分で自分の中に入るという、オナニー的暴露にチャレンジ!
ここでのギミックはYES NOクイズでしたが出題が地味にカワイイ。

暴露に成功して、蓮の人格を確立させ、東江とも対決して、とうとう兄のセイさんとご対面。

ここで初めてセイさんが喋りだすんですが、あれ、この声どっかで聞いたことある…。なんかすごい最近聞いたんだけど、うーん……
あっ!ジュリオだあああああああああ!と思い出したときは叫びだしそうな勢いになりました。

疲れきって生きる気力をなくしたセイさんを解放するため、セイさんを泣く泣く壊す蒼葉。
幼い頃の心象風景の中で、蓮と蒼葉は二人きりになり、そこでお互いの存在を確かめ合うように体を合わせる…。
この二人は、ナノのときのように、無理にエロさせんでも…と思わないでもないですが、エロスチルでは一番好きなのです…。体位もなんかナノっぽいけど。
蓮に口の中に指を突っ込まれてる蒼葉の顔がエロい…。あと蒼葉の乳首弄ってる蓮の中指とか…。ほにゃららさんは本当に手がいい仕事してます。

最初で最後の契りをしたあと、現実に戻ると、オールメイトの蓮は完全に初期化されていて、「ワン」としか言わなくなっていました。号泣する蒼葉。

このまま終われば、切ない系のENDってカンジですが、なんとラスト、魂がなくなったセイさんの肉体に蓮の魂が移住するという荒業で再会する二人。

ていうか、これめっちゃ近親相姦じゃん!!外側は自分の双子の兄で中身がもう一人の自分って近親にもほどがあるよ!

まあ、もしかしたら蒼葉はこの新生蓮とはやらないかもしれないけど…。元々さほど肉欲を伴った関係じゃないしなー。
でも蓮のほうがやりたがるかもしれないですけど。

今後がどうなるか一番気になるルートではありました…。

そんなわけでドラマダコンプリです。

総評はまた次回に!

|

« Cool-B 5月号感想ネタバレキラル編 | トップページ | ジャンのためなら世界を壊す 感想ちょろっと攻略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cool-B 5月号感想ネタバレキラル編 | トップページ | ジャンのためなら世界を壊す 感想ちょろっと攻略 »