« DRAMAtical Murder ノイズルート感想ネタバレ | トップページ | らくがきするよーミンクさん »

2012年3月30日 (金)

DRAMAtical Murder 紅雀ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

紅雀ルートです。

紅雀さん、幼なじみキャラなんですが、顔に傷があって着流しで刺青も入ってて、これ以上「幼なじみ」というワードが似合わない外見があるでしょうか。
ほら…幼なじみって、もっとこう手堅い外見というか…。

しかし紅雀さんは気さくでちょっとチャラくて、それでいて頼れる兄貴でいいカンジです。
リブスティーズのチーム「紅時雨」の頭でもあり、元々兄貴肌みたいです。

序盤に女を侍らせていましたが、このモブ女子たちが、どいつもこいつもビッチっぽい。
このゲーム、出てくる女が年増とピッチしかいない…!あ、ミオがかろうじてロリか…。

まあそれはともかく。以下おりたたみー。

共通ルートを経て、プラチナジェイル入り。

街に入って、激速攻で蒼葉置いて、女とどっかしけこんでしまう紅雀さん。
プレイしてるこっちは、何かワケがあるんだろうなってわかるんですが、蒼葉はポカーン。

次の日も黙って出かけてしまった紅雀さんを尾行する蒼葉。会員制のクラブに入られて立ち往生してると、見知らぬ男が蒼葉に声をかけてきます。

茶髪のショートヘアに青い着物、京極ばりの黒いグローブ、首にはドクロを巻きつけ、その下にすんげー巨大な勾玉を下げています。

うっわ!クッソ怪しい!

キラル世界において、ヤバい外見の人は本当にヤバいという不文律がありますが、蒼葉はそんなこと知らないし、あまつさえ蓮まで「ただの親切な人じゃないのか」とか言ってるし…。

その場では、クラブのフリーパスをもらっただけで別れたのですが、二度目に会ったときは、あからさまに蒼葉をナンパしてきます。
喋り方も最初のときとだいぶ違って、ねっとりとしてきて…あれこの喋り、どこかで…。
あっ!フラウドだ!フラウドお久しぶり!と再会気分になる私。

本当に演技がまんまフラウドなんですが、これもうわざとって言うか、フラウドリスペクトなんじゃないかと思う私。名前も「竜」峰だし。

竜峰さんは彫師で、刺青に全霊を注いでいる人で、蒼葉にも刺青入れようとヤク盛って寝込ませたりしましたが、間一髪で紅雀さんが助けにきます。

ここで紅雀と竜峰に因縁があることが発覚。そして紅雀さんは竜峰を追ってて、東江そっちのけになってることが判明してちょっとエッ。

それはともかく、竜峰の彫る刺青っていうのが、人心を操る超ヤバいシロモノで、紅雀さんもバーサーカー状態に。

そして恒例の暴露のターンに入るわけですが、この脳内世界の描写はどのルートも秀逸で好きです。
ヤク中の見る夢のようで、気持ち悪くて心地いい。
そして一回、助かったように見せかけて、じつはまだ脳内世界というシーン。
地の文が出てこないのと、蒼葉のしゃべりがちょっと違うカンジだったので、すぐにあ、これはフェイクだってわかるんですが、紅雀さんが「触ってもいいか?」「キスしてもいいか?」と欲望ダダ漏れにしてきたのでブホッてなった。紅雀さん…。

そこでの蒼葉の「いいよ」100連発は全部少しづつ言い方が違って、萌えた。しかし紅雀さんはこんなふうに蒼葉に全肯定して欲しかったんだね…。蒼葉は紅雀を否定なんてしてないのに、勝手に自分を「否定されるもの」と思って、でも受け入れてほしくて葛藤していたんだね。

ところで、ルートに入ってからの選択肢ってなんの意味があるんだろうと思ってたら、暴露の選択のところの難易度が変るみたいですね。
私はわりといい選択してたみたいで、文字入れのところでは「ま」「け」「る」「な」の4文字だけが浮上。なのに素でおもいっきり「なまける」と入れてしまった…。

まあ「本当にこれでいいのか」と言われてハッとなって「まけるな」にしましたが。

そして現実に帰ってきてなんかタワーも壊れたし帰還。

一件落着後に、告白→エッチのターンに入りましたが、これが甘酸っぱくて大変よろしかったです。
やっと幼なじみの本領発揮です。

あ、紅雀ルートでははっきり「好き」って言い合ってる。なんかキラル的には初めてじゃないの?謎の感動。
幼なじみから別の関係になろうとしてる二人の、とまどいが可愛くて萌える…。
感じてる顔を「チンコ見られるより恥ずかしい」と言う蒼葉が初々しくて可愛い!
ニヤニヤしながら進めてたら、まさかの紅雀の鼻血!

ここは不意を突かれてブッハ!てなりました。
スチルの「え…?」ってなってる感じの蒼葉の表情も最高!
そしてゴシゴシして鼻血の掠れが赤く残ったまま続行してんのも、萌えと笑いが同時に起こって大変美味しかったです。

たぶん鼻血のことは、蒼葉をからかったりしたら逆襲のネタとして一生言われるんだろうな紅雀。

ENDはショートになった蒼葉のかわいさに眩暈。
絶対ショートのほうが可愛いよなあ…蒼葉。子猫ちゃんみたいだよー。可愛いよー。

スチルも糖度高めで、とても満足です。桐の箱に蒼葉の髪を保管するという紅雀は私もどうかと思いましたが。

そんなわけで、ザ・王道!ってカンジの紅雀ルートでしたが、王道の素晴らしさというものがひしひしわかりました…。
やっぱり王道はいいよね…。心が洗われる。

次回はミンクルートです。

|

« DRAMAtical Murder ノイズルート感想ネタバレ | トップページ | らくがきするよーミンクさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DRAMAtical Murder ノイズルート感想ネタバレ | トップページ | らくがきするよーミンクさん »