« Cool-B 3月号感想ネタバレ キラル編 | トップページ | 神学校 TheGift 感想ネタバレ レオニード編 »

2012年2月12日 (日)

神学校 TheGift 感想ネタバレ その1

後藤羽矢子です。

やって来ました!「神学校 Gift」!私は公式で買ったので、神学番長完全版も一緒です。

仕事を終わらせ、いそいそとディスクを入れると…「このディスクは読み込み専用です」とか出て、シーンとしたまま…インストーラーが起動しない。

マイコンピューターから直にやってもダメ。Direct Xを最新にしてもダメ。外付けのDVDドライブを使ってみたけどダメ。公式にあって手動インストールの方法もダメで、途方に暮れていったんフテ寝しましたが、旧パソに入れてみたらあっさり起動しました。

そんなわけで、旧パソで進めてます。問題は特にないですが、スピーカーがちょっとヘボくて音が悪いのが難…。

しかしゲームはとっても楽しんでいます。

以下おりたたみー。

メインのゲームはすごろくです。

ラブラブモードでは攻略キャラを選んで進めます。
最初にケンカから始まって、コマを進めながら仲直りしていくという流れ。
コマによっては、お助けアイテムが拾えたり、仲直りと関係ないノーマルイベントが発生したり、ミニゲームをやらされたりします。

そうしてクリアすることでヨハネというポイントが貯まり、そのポイントで、ミニストーリーを買うことができるという、非常にやる気をそそられる仕組みとなっております。

このすごろくでのストーリーは、完全バカ仕様になっており、なのに一応本編END後の話ということになっていて、その妙な地続き感が、ほんの少しキャラ崩壊を感じさせなくも…ない。特にオーガストルート。

とはいえ、本編ではホラー&サスペンスにまみれて、糖度低めにならざるを得なかったカップルたちが、もういいっていうくらいイチャイチャしてくれますので、ユーザーとしては非常に満足です。

しかし、すごろくも1ルートすごく短いし、ミニストーリーも、話によって尺にすごいバラつきがあり、根つめてやれば一日でコンプも可能です。
でもミニゲームやタイピングなど長々と遊べそうです。あ!タイピングはかな入力も選べる仕様でした!嬉しい…!!さすが快適さを追求するピルスラやで!

とりあえず、すごろくモードの萌え、笑いどころを箇条書き。

ヨーカンに異常に執着するニール。なんか大人げない。そしてヨーカンの交換条件にマイケルにシルクハット投げの技を伝授する東洋人。何者なんだ。あんたは。
そしてこんなワケのわからない脇キャラまで新規描きおろしで胸熱。

膝抱っこで、ニールにヨーカンをあーんして食べさせるマイケル…。かわいい!本編後の鬱屈の晴れたマイケルは、明るくてやんちゃで男の子っぽくて本当にかわいい。
それにしても…リコリスファッジって聞いただけでもまずそうです。

すんごい子供じみたケンカした末にわりとすぐに仲直りするレオマイ。マイケルも素直な子だけど、レオニードもすごい素直クールだから(マイケル限定だけど)…。というかケンカするとレオニードのほうがダメージ激しいから…。この人本当にマイケルいないと生きていけない人すぎる。

セシルルートは、セシルが聖歌隊の指導の臨時の先生が素敵な人とうっとりするのに嫉妬するマイケルが男の子っぽくてかわいい。しかしその後激昂して「じゃかあしいいいっ!」って言うセシルの声が、超若本の声に聞こえるんだけど、やっぱりこれセシルの中の人が言ってるんだよね…?声優さんてホントにすごいなと思います。

そして、レオニードとは逆に、いったん怒ると怒りが長引くセシル…。あーいるわーこういう人いるわーってすごいあるある感。二人のケンカの余波を受けてロバートとジョッシュまでケンカ…。ロバートの「あ~やだやだ…何なんだよこの部屋……」にはブハッと吹きました。同室に二組もバカップルがいたら、さぞかし暑苦しいだろうなあと思います。

オーガストルートは、天国に行くために善行を積むべく魔法中年になったオーガストがマイケルを怒らせてはボコられる話…。オーガストが怒らせるとわかってて、いちいちマイケルの神経を逆撫でする物言いばかりするのに、なんというか深い業を感じました。

本編中、エロ度は一番ですが、ラプとは一番遠い立ち位置のオガマイをなんとかラブくさせようとする苦心がにじみ出ています。このルートが当たり前ですが、一番パラレル度高い。
まあそうしないと、本編の余韻が台無しになりかねません。でもオーガストとマイケルのキスが見られたのはよかったです。

ガビィルートは、ラブといっても兄弟愛に終始していました。周りのみんながガビィの存在を認めていて、学園ものの楽しさも味わえてほっこり。
最後はちょっとしんみりで、これもラスト推奨かと思われます。

すごろくは1ルート短めでも、ラブ経験値と親密度によってENDも変るし、すべてのイベントを見るには、けっこう何度もやることになるので、けっこう楽しめます。

あとミニゲームの「神がめ」がかなりハマる…。私の好きなタイプのパズルゲーです。

そんなわけで、クリア後もじっくり楽しめそうです。

次回はミニストーリーの感想を。

|

« Cool-B 3月号感想ネタバレ キラル編 | トップページ | 神学校 TheGift 感想ネタバレ レオニード編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cool-B 3月号感想ネタバレ キラル編 | トップページ | 神学校 TheGift 感想ネタバレ レオニード編 »