« 謹賀新年 | トップページ | 謹賀新年絵 »

2012年1月 3日 (火)

奴隷市場とホモの香り

後藤羽矢子です。

正月休みで、酒浸りながら対戦ズーキーパーばっかりやってましたが、ふと、なんかエロゲ的なものをやりたくなり、そういえば「奴隷市場」の陵辱系ルートとハーレムルートやってなかったなーと思い久しぶりにプレイ。正月早々陵辱系エロゲ…。

「奴隷市場」のおおざっぱなあらすじなどは、以前のレビューを参考にしてください。
全編を通じて、主人公のキャシアスさんの友人、超美形青年ファルコさんが、やたらキャシアスによくしてくれて、何者だおめーはとか言いたくなったものですが、陵辱ルートではあまりにも輝きすぎてて純米吟醸吹いた。

だいたいどの奴隷少女にも、基本人権を認めていないファルコさんですが、セシリアに対してはそれ以上に敵意のようなものを見せていて「キャシアスにちょっとでも無礼なことしたらどうなるかわかってるな?」みたいな恫喝までしちゃって、ヒロインの恋敵の女みたいです。

純愛ルートならば、セシリアさんもあっという間にツンを解除して甲斐甲斐しい女になるのですが、陵辱ルートでは、悲壮な叫びをあげながら犯され、それでも心は折れません。
そんなセシリアに苛立ちを募らせ、さらに手ひどく犯すキャシアスさん。

しまいには、セシリアの幼い妹(じつは娘)の目の前で、ファルコを交えた3Pに突入。
ファルコさんが前、キャシアスが後ろを犯すサンドイッチ状態に。
そのときにファルコさんが感極まったような声で
ははっ…こいつの内臓ごしに、君が──動いているのが、くる……。最高、だな

お、おい!歓喜ポイントはそこかよ!!!

この瞬間、私はファルコのホモを確信しました。
こいつはなにかというと一緒に愉しまないかとか誘ってくるし、膣ごしにキャシアスとチンコを擦り合わせたいとしか思えない。
そういえば自分の専属女奴隷にもキャシアスとやらせてたし、絶対その後その女奴隷とやってキャシアスとの間接セックスを愉しんだに違いありません。

現在は女奴隷を3人いっぺんにお買い上げするハーレムルートを途中までやってますが、ここでも、セシリアルートで出てきた、オッサンと美少年の傭兵コンビが出てきます。
こいつらが何故かキャシアス宅の物置で寝泊りするようになり、夕食後セシリアが作ってくれた軽食をキャシアスさんが差し入れに行くのですが、私は「あいつらが物置でやってたらどうしよう…」とびびりました。

さすがにやってはいませんでしたが、キャシアスさんは傭兵のオッサンに対して心の中で「こんな美少年を侍らせているなら自分の女たちに手を出すこともないだろう…」という意味のことを思っていて、それはこの2人できてる認定なんじゃないか!とツッコまざるを得ませんでした。

そんなわけで、エロゲなのに、うっすらホモの香りが漂う奴隷市場でした。
菅沼さん、素でこんなホモホモしいものを書けるなら、そりゃBLゲーも余裕だよね!と思いました。

奴隷市場、絵はちょっと時代を感じますが、純粋に面白いしオススメです。

追記!
そういえぱビアンカトゥルーENDがまたホモホモしかったのを思い出した…!
ビアンカと縁のある美形兵士と妙な友情を育むキャシアスさん。
正体が人外だったビアンカは、キャシアスの前から去り、戦争は激化。
ラストはキャシアスと美形兵士の一騎討ちでEND。
女そっちのけですよ!

まあそんなわけでけっこう腐女子得な奴隷市場です。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 謹賀新年絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | 謹賀新年絵 »