« TBGLモード ベルナルドルート感想 | トップページ | 奴隷市場 始めました »

2011年8月25日 (木)

はーとふる彼氏 フリー版感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

数日前に巷で噂の鳩攻略乙女ゲー「はーとふる彼氏」クリアしました。

フリー版ですので、イベントやEDが少なく、共通イベントをスキップすると1ルート10分ぐらいで終わってしまうのですが、製品版欲しい!と思わせるには充分なほど面白かったです。

一応、あらすじを説明すると…。

主人公は人類の女の子。なのに何故か世界中から優秀な鳩が集まる、鳩の名門校「聖ピジョネイション学園」に通っている。
それには理由があるらしいのですが、オープニングでは特に語られず。

攻略鳩はフリー版では7人。地味にけっこう多いな。

幼馴染の華原涼太(カワラバト CV岡本信彦)

クーデレ帰国子女エリートの銀(しろがね)ル・ベル朔夜(クジャクバト CV石田彰)

朔夜の腹違いの兄でプレイボーイの坂咲優夜(クジャクバト CV遊佐浩二)

図書室に篭りきりの憂いを秘めた後輩、藤代嘆(ナゲキバト CV斎賀みつき)

陸上部の部長の天然ちゃん、尾呼散(クジャクバト CV???)

そして教師陣

ぼんやりマイペースの担任教師、七姫一明(ヒメウズラ CV野島裕史)

怪しい保険医、岩峰舟(イワシャコ CV子安武人)

これに製品版にはもう一羽追加されるそうです。

で、CVですが、このゲーム音声などは入っていません。
このキャストは作者さんの脳内希望キャストであり、プレイヤーにこの声を脳内再生してプレイしてね!という誘導でもあります。

実際、坂咲先輩はバリバリ遊佐さんの声で台詞が再生されました。

あと本編の立ち絵はすべて実写の鳥類ですが、初登場のときに擬人化されたイラストがカットインされます。
鳥類では萌えにくいという方のための萌え補助の措置だそうです。
しかし、やっているうちに充分鳥類でも萌えられる!と思いました。

と、いうか。

このゲーム、タイトルのダジャレからの出オチゴリ押しゲームかと思われるかもしれませんが。
作者の方のブログ(新旧ふたつある)へ行くと、作者の方は本当に鳩を飼育しており、プロフィールには「夢は鳩御殿をたてること」と書かれています。

そして攻略キャラのひとり、おこさんは、本当に作者の方が飼っている鳩なのです。

作者の方は本気で鳩萌えをしていることがわかります。
実際プレイしていると、かなり鳩トリビアが得られますし、鳩かわいいいいいという気持ちになっていきます。
こういう愛情が暴走して作られたものというのは私は大好きです。

とりあえず最初はおこさんを攻略しました。
おこさんは、ひとりだけ擬人化カットインがなく、言語も「ポロッポぷ~わ!」とさえずるばかりで人語を話せません。といっても主人公は鳩語も理解しているみたいですが。
そしておこさんの口調が「○○ですし!」でそれがもう異常にカワイイ。

すぐに暴れたりプリンに異常な執着を見せたり、子供みたいなんですが、本当に可愛かった。

そして他のキャラたちも、わりと乙女ゲーの攻略キャラテンプレを踏襲しつつ、鳥類の情けなさと可愛さをちゃんと併せ持っているのです。

世界観はじつは意外とちゃんとしてて、トリインフルエンザを発端に、鳥類の頭脳が突然進化してしまい、鳥類と人類の優位が逆転してしまった世界、そこで主人公は鳥類と人類の親善として学園に派遣されたという設定。
ただ主人公はそのことをきちんと知っているかは、現時点では謎。

なんかちょっとスカーレッドライダーゼクスを思い出しました。

しかし頭脳が進化したといっても鳥は鳥。
幼馴染の涼太はヒナの頃、巣から落ちたところを主人公に助けてもらったことが知り合うきっかけだったし、鳥と人類は寿命が違う、絶対僕のほうが先に死ぬんだとか言って悩んでたりするし。

坂咲先輩は「俺たちは生後一年で繁殖活動できるしねえ」と言って主人公をからかったりするし、鳥ならではのイベントがイロイロあります。

私はペット関連はガチ猫派なのですが(小学生の頃はインコも飼ってましたが)、これをプレイしたら「鳥もいいもんだね…」と思いました。
これは鳥類萌えを布教するには最適のゲームなんでは。と思いました。

そんなわけでちゃんとしたキャラごとのレビューは製品版をやってから改めてしたいと思います。

|

« TBGLモード ベルナルドルート感想 | トップページ | 奴隷市場 始めました »

コメント

こんにちは、いつも楽しく見させて頂いております。
今までこういったネタゲーをレビューされていなかったので新鮮でした。
製品版レビューも楽しみですが、
同じ作り込みガチのネタゲー繋がりで是非『学園ハンサム』もプレイしてみて頂きたいです。
これからもレビュー楽しみにしてます!

投稿: | 2011年8月25日 (木) 20時16分

うーん…学園ハンサムは最初からギャグとしてあるので、こういうののレビューってしにくいかも…ツッコむだけ野暮…みたいな。
面白いとは思うんですけどね。

でもこれからもイロイロなゲームレビューしていきたいと思います。ありがとうございますー。

投稿: 後藤羽矢子 | 2011年8月30日 (火) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TBGLモード ベルナルドルート感想 | トップページ | 奴隷市場 始めました »