« 蝶の毒 華の鎖 感想ネタバレその1 | トップページ | よしなしごと »

2011年7月15日 (金)

蝶の毒 華の鎖 感想ネタバレ キャラ編

後藤羽矢子です。

蝶毒フルコンプー。フルコンプするとおまけの楽屋オチ的寸劇が観られるようになって、これが大変面白かったのですが、私がここに書こうと思ってた部分をほぼセルフツッコミされてしまったので、おいぃ!となりました。

しかし負けずに書きます。

激しくネタバレを交えて書きますので、これからプレイ予定の方や、買おうか買うまいか迷ってる方は観ないほうがいいかもです。

以下おりたたみー。

とりあえず攻略した順に感想箇条書き。

尾崎(幼馴染軍人)

プレイ前は、初回はおにいちゃん狙いでいくか…と思ってたのに、始めると、このツンデレ幼馴染が意外と可愛く、あれ…けっこういいかも…と思ってるうちにルート入り。

家同士の繋がりとか、義務としての結婚、というテーマが一番強く出ているルートで、こういう好きだけじゃどうもならない部分は、どうしたって現代じゃ出せない味です。

唯一の童貞キャラで、エッチも初々しいです。下着が褌なのも新鮮です。絵では見えないけど…。

BADのひとつで、お互い別の人と結婚して不倫関係になるENDがあるのですが、百合子のほうはテクニシャンの旦那とやりまくって、自分のエッチスキルもガンガン上がっていくのですが、尾崎のほうは童貞の頃からあまりテク的に変化がないというくだりは、男の悲しさを浮き彫りにさせていました。

斯波(成金求婚者)

共通ルート部分で颯爽と現れて百合子に求婚しまくる成金。
あーハーレクイン的な強引攻め様ね。と思っていたのですが、実際その通りなのですが、何故か最萌えに…。悔しいっ…ビクビクッ。
ルックスも別に好みじゃないのに…本当に何故。

このへんはやっぱりシナリオの上手さというか、丁寧な描写のおかげだと思います。
ところでこのゲーム、スチルはキレイなのですが、背景CGが若干しょぼくて、それでも町並みなどは頑張っているのですが、一番ひどいのが斯波の屋敷で。
テキストで、洋風や和風、中華風などいろんな様式の家具がごっちゃになってて混沌した雰囲気みたいなこと書いてるのですが、それにしたってバラエティ番組の楽屋かと思いました。

尾崎ルートというかほとんどのルート、GOODよりBADのほうが好きなのですが、これは珍しくGOODが良かったです。BADの百合子が斯波を殺してしまうENDもよかったですが。ここでは不覚にも涙ぐんでしまいました。
とにかく、彼、とっても粘り強くて、他ルートに入ってもあきらめないというか、バリバリ百合子と結婚してて、ああ本当に百合子が欲しいんだなあ…と感じられて胸が熱くなります。

瑞人(お兄ちゃん)

ルックスが一番好み…だけど立ち絵がなんかあんまりよくない。でもスチルはどれも良いです。

「コイビト遊戯」のお兄ちゃんばりに、妹に執着を見せる兄。でもコイビトのお兄ちゃんほど人間として欠けてはないカンジ。
画家を目指していたものの、その夢を家のために諦めて以来、遊郭に通いつめでばかりの浮世離れした雰囲気の遊び人。
このお兄ちゃんが自ルートでも他ルートでもベルナルドばりによく死ぬのです。
やっぱり生きようと強く願わない人間は、すぐにコロッといっちゃいますね。そのへん斯波と対照的です。

お兄ちゃんはお父さんが女中に産ませた子供とのことで、お母さんとは微妙にギスギスした雰囲気。しかし後に、お父さんの子供でもなく、完全に百合子とは血が繋がってないことがわかります。
でも背徳感や禁忌ムードは損なわれませんでした。
いくら血が繋がってないといわれても、やはりこの人は自分の兄なのだ、みたいなことを百合子が言ってて「わかってる~」と思いました。さすが近親好きの丸木さん。
結局HAPPYENDでも、2人の関係は公にできるものにはなりませんでした。でもそれがいい。

BADは、2人の関係を知った尾崎を共犯者にするべく逆レイプするのが、興奮しました。
私、姫王でも、エドリックを逆レイプするのがよかったとか言ってて、眼鏡逆レイプが好きなのかしら…。

藤田(執事)

百合子の家に仕えている執事。英国とのハーフ。外人ぽい顔立ちをちゃんと表現しようとしてて、そこはいいんですが、掘りの深さや鼻梁の高さがリアルすぎて逆にイケてないカンジに…。
でもエッチシーンのときはイケてた…。髪が乱れてたから?

ストーリーのほうは身分違いの恋で、わりと予定調和なカンジで、ちょっとコクがないなーと思ってたらBADで盛大に吹いた。
お互い浮気に干渉しないという条件で斯波と結婚した百合子は、藤田を表向きはお付の執事として斯波の屋敷に一緒に住まわせている。
2人の子供を設けた百合子は、まだ少し母乳が出るのですが、それを藤田が執拗に飲みたがるのです。
百合子の乳首を吸いまくっては「あはっあは、あはは姫様の乳イ…!」とかアヘアヘのテンションで言う藤田…。
ここでグホッフォ…とコーヒーにむせた。

藤田の声はラゼルさんの中の人なんですが、私のなかでこの人は異常な台詞ばっかり言わされているイメージが強いです。

真島(庭師)

ルート制限がかかっている真相キャラ。
立ち絵はこの人が一番カッコよかったな。
真相キャラなんですが、カンタンな正体は、どのルートでもラストにわかってしまうし、ルートに入らなくても真相がわかってしまうENDがあって、ルート制限がかかってるわりには、ネタバレがカンタンにできてしまうのがちょっと残念でした。

しかし、たった15年で孤児から闇の阿片王になりあがるって、のぼりつめ過ぎてませんか…?
まあ成り上がりぶりなら斯波も大概だけど…。
斯波は身売りまがいのことをやってパトロンをつけて、その援助で学をつけたりしてたとか言ってたから真島もそれ系の援助があったのかもなと思う。女にモテモテなことは序盤で匂わせてたし。

そして、彼こそが百合子の血の繋がった兄だったのです。
しかし百合子が真島を兄と知ってしまうと、2人はセックスしません。
2人が肉体関係になるENDは、どれも百合子は真島を兄と知らないままなのです。
このへんが最後の守るべきモラルってカンジです。

好きなENDは「悪人」ENDかなー。真島は百合子を「妹」として闇の阿片王のパートナーにし、百合子は真島を男として見てるのに、妹として扱われ悶々とし、やがて真島を補佐すべく百合子自身も切れ者の悪になっていく…。
このちょっと歪んだ兄妹の関係が萌えでした。

鏡子(母の友人の奔放なご婦人)

この人のルートというかENDもありました。
序盤から出てきて、どう見ても裏がありそうだし、途中でおにいちゃんが「あの人は両刀なんだ」とか言ってたし…。

鏡子に頼まれて、母の日記を探すべく蔵に入った百合子。ここまでは女探偵ルートと同じなのですが、ここで百合子は醜男下男三郎にレイプされてしまいます。
さすがにプレイヤーに配慮してスチルはありませんでした。

傷心の百合子を慰める鏡子。自分も過去にレイプされたことがあると告白し、しばらく自分の屋敷に身を置くことを提案する。

そしてレイプによって傷ついてしまった百合子のアソコに薬を塗ってあげる鏡子。
私は「ヤバい薬に違いない…」と思ったのですが、ちゃんと普通の薬でした。

そうなのです。
私はいつ鏡子が本性を見せて、百合子を慰み者にするか…と思っていたのですが、別に鏡子は本性なんて隠してないのです。見せっぱなしなのです。
鏡子が奔放なのも貞操観念がないのも社交界では有名な話だったし。

「男のチンコは好きだけど、男自身は嫌い。だから2人で一緒に男を食い物にしていきましょうよ」という意味のことを百合子に言う鏡子。
鏡子を壊れていると思いながらも、鏡子に強いシンパシーを抱く百合子。

結果として百合子を壊れた世界に引きずりこんだ鏡子だけど、百合子への慈しみは本当だったし、百合子も安寧を得られたので、ある意味HAPPYENDです。

そして味わい深くていい百合だと思いました。

もしかしてこのENDが一番好きかもしれない…と思いました。

そんなわけで駆け足で感想書きました。

また何か思うことあったら追記するかもです。
シナリオは今までやった18禁乙女のなかでは(といってもこれで3本めですが)一番面白かったです。
やっぱりゲームはシナリオだなあ…としみじみ思いました。

|

« 蝶の毒 華の鎖 感想ネタバレその1 | トップページ | よしなしごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝶の毒 華の鎖 感想ネタバレその1 | トップページ | よしなしごと »