« ジュリ誕SS 2話めー! | トップページ | ジャンさんのオナニー »

2011年5月22日 (日)

ジュリ誕SS 3話めー!

後藤羽矢子です。

昨日はB,sLOGを買って、LHLの新しいスチルなどを見たのですが、女の子のラッキースケベなるものを見に行こうと誘うジャンさんにジュリオが不機嫌になって拗ねるスチルがあってねちびキャラなんですけど、拗ねるジュリオに、おろおろするジャンさんがすごく新鮮で滾りまくっていたら、夜中に更新が来て、気持ちをすべて持っていかれました。

今回、エロサービスしすぎじゃないですか?

お話は、ジャンさんがジュリオを想ってオナニーするだけ、みたいなものなんですが、1話めのエロシーンの続きを回想したり、キューバイチャイチャ旅行の回想したり、脳の処理が追いつきません。

しかし、現状はとってもヤバめで、ジャンさんはとっても辛そうで、悲しいんだか萌えるんだか、感情をどのへんに持っていけばいいのか自分でもよくわかりません。

なんか以前にも書きましたが、ジュリジャンのジャンさんとジュリオはだんだん似た存在になってきてるカンジ。
合わせるとぴったりひとつになる隕石を自分たちに準えてるし。
依存も渇望も、お互い表裏一体のようで、それが萌えつつも本当に切ない。

それにしても、ジャンさんのオナニー描写、異様に生々しかった…。なんかいけないものを見てしまったような罪悪感すら感じてしまう…。
しかしトイレットペーパーで精液受け止めるとか、テンパってるわりに、妙なとこで冷静なジャンさん。
しかしイヴァンのオナニーティッシュでトイレが詰まる話、笑い話にしてるなら自分のことじゃないのかなあ…。そんなことで大家が毎日のように怒ってるって、どんなオナニーアパートだよ。独身アパートどくだみ荘みたいに、溜まってるヤツラが集まっているアパートなんでしょうか。

そんなわけで萌えと切なさのミルフィーユみたいなSSでした。
続きが気になる…。次の更新も早ければいいなあ…。

|

« ジュリ誕SS 2話めー! | トップページ | ジャンさんのオナニー »

コメント

確かに生々しかったですねー。
女のコが読むのにここまで書いちゃっていいの?的なモノが…(笑)
でもラキドってゲームやってた当初から男性の性質がけっこうハッキリ書いてあってコレ男の人文章書いてるのかな?とか思った記憶がある。
実際どうなのかは知らないけど(笑)

投稿: m-to | 2011年5月22日 (日) 23時57分

菅沼さんと陣内さん、どちらがどのパート書いてるのかわからないですよね。でも陣内さんも比較的男性っぽいエロ書きますね。(あがけしか知らないですけど)この生々しさは貴重なカンジですね。

投稿: 後藤羽矢子 | 2011年6月 8日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュリ誕SS 2話めー! | トップページ | ジャンさんのオナニー »