« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

つばさの丘の姫王 感想ネタバレ総評

後藤羽矢子です。

つばさの丘の姫王コンプしました。

前回の記事でも書きましたが、プレイしてて乙女ゲーというカンジがしない…男性向けエロゲを嗜む女子に向けて作られてるような…昔のアリスソフトのゲームを思い出させるような…そう「デアボリカ」あたりを…と思ってたら、本当にシナリオの方は「デアボリカ」の方だったらしいです。(名義は違いますが)

私はデアボリカは廉価版から始めたクチですが、それでも10年くらい前です。やっぱり当時エロゲのなかでは女子人気が高かった作品です。

そしてイロイロなことが腑に落ちました。

以下おりたたみー。

続きを読む "つばさの丘の姫王 感想ネタバレ総評"

| | コメント (2)

2011年5月27日 (金)

つばさの丘の姫王 始めました

後藤羽矢子です。

つばさの丘の姫王、やっと始めました。

本当は発売と同時に買うつもりだったのですが、神学校の余韻をもうちょっと味わっていたくて…。
しかし今月のB,sLOGの姫王の記事を読んでたら、絶対攻略キャラじゃないと思ってたジジイが攻略できると知って俄然興味が湧き、速攻でメッセで買いました。

攻略キャラは、童貞執事見習いクリストファー、褐色のお茶目料理長ティーズ、これベルナルドの中の人が声アテそうなカンジ…と思ってたら本当にベルの中の人がやってた眼鏡執事エドリック、そして宿敵のジジイ、さらにはロリメイド長と犬…じゃない、ペットの狼のルートもあるらしいです。

とりあえず一周目は、童貞執事見習いクリストファーと、ジジイしか攻略できないと聞いたので、無難にクリストファーから攻略。

なんというか………。

グラフィックは、かつて見たこともないほど美麗で、最高峰レベル。
スチルから顔グラまで、ため息が出るほど隙のない美しさ。

そしてシナリオはかつて見たこともないほど、不思議な構成でした。

何これ…?何なんだこれ……?と私は一周目をやりながらずっと頭に?が浮かんでました。

あらすじは、妖精と人間が共存する、おとぎ話のような街ウイングフィールド、そこを統治する女領主ヴィヴィアン、彼女は19歳の誕生日に赤ん坊に戻り、そうやって何千年も生きて、宿敵と戦い続ける運命を背負った女。
その彼女の館にやってきた執事見習いのクリストファー。
館に集う、執事やメイド、彼らと交流しながら、ヴィヴィアンが赤ん坊に戻る日フェニキアクスを迎える…といった話の流れなのですが、なんというか、そこまでにストーリー性がないというか、キャラ同士の会話、まったく関係のない街の人たちの会話、そんなものが無作為に流れていく…みたいな。

もちろんそれなりに進行はしてるんですけど、延々マッタリな会話を読み続けていて、これはいつ終わるんだろうか…と不安になります。
会話劇そのものは面白いんですけど。

あと発売前のSSとか読んで、テキストに不安を感じていたんですけど、やっぱりなんかト書きみたいなテキストでした。
ファンタジーなんだから、もう少し地の文にレトリックが欲しい…。
ティーズが術で分身するシーンとか「ティーズの体がふたつに分かれた」の一文で済ませちゃってますけど、そこはにゅーっとゾウリムシのように分裂したのか、霞が形を為すように現れたのかとか表現によって違いがあるじゃないですか。そのシーンにそれを表現するスチルがあれば別ですが、無いし。せめてちょっとは頭のなかでイメージがしやすくなるぐらいの表現が欲しかったです。

そんなわけで現段階で、テキストに関しては、ややメーターは残念寄りなのですが、とりあえず全ルートクリアしてみて判断します。

そして一応これは乙女ゲーの括りですが、あんまりそんなカンジがしない…。
クリストファールートはクリストファーの視点で語られてるし。
女主人公に投影してモテを味わうというカンジではなく、あくまで三人称っぽい視点。

なんというか、男性向けエロゲを嗜む女性ユーザーに向けて、男性向けエロゲを女性好みにアレンジしてみました!というムードなのです。

といってもヴィヴィアンのあまりに奔放なキャラ造形は、あんまり男性の好みじゃなさそうだし、そのへんは確かに女性向けです。

とにかくイロイロと不思議なゲームです。

いまはクリストファーを攻略して、ジジイ攻略途中です。
エロあんのかなあ…。あのジジイと…。

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

ジャンさんのオナニー

後藤羽矢子です。

先日のジュリ誕SSのジャンさんのオナニーがあまりに衝撃的だったので、発作的に絵を描いてしまいました。

あー…ジャンさんのあの喘ぎを音声で聴きたい…。SSCD化してください。
願いは言えば叶う。

Gian110523

拍手お返事。反転してます。

16日の方 上田さんて草香さんのダンナさんなんですね。ありがとうございました。夫婦でこういうお仕事してるってなんかステキですねー。今度そっち方面もチェックしてみますねー。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

ジュリ誕SS 3話めー!

後藤羽矢子です。

昨日はB,sLOGを買って、LHLの新しいスチルなどを見たのですが、女の子のラッキースケベなるものを見に行こうと誘うジャンさんにジュリオが不機嫌になって拗ねるスチルがあってねちびキャラなんですけど、拗ねるジュリオに、おろおろするジャンさんがすごく新鮮で滾りまくっていたら、夜中に更新が来て、気持ちをすべて持っていかれました。

今回、エロサービスしすぎじゃないですか?

お話は、ジャンさんがジュリオを想ってオナニーするだけ、みたいなものなんですが、1話めのエロシーンの続きを回想したり、キューバイチャイチャ旅行の回想したり、脳の処理が追いつきません。

しかし、現状はとってもヤバめで、ジャンさんはとっても辛そうで、悲しいんだか萌えるんだか、感情をどのへんに持っていけばいいのか自分でもよくわかりません。

なんか以前にも書きましたが、ジュリジャンのジャンさんとジュリオはだんだん似た存在になってきてるカンジ。
合わせるとぴったりひとつになる隕石を自分たちに準えてるし。
依存も渇望も、お互い表裏一体のようで、それが萌えつつも本当に切ない。

それにしても、ジャンさんのオナニー描写、異様に生々しかった…。なんかいけないものを見てしまったような罪悪感すら感じてしまう…。
しかしトイレットペーパーで精液受け止めるとか、テンパってるわりに、妙なとこで冷静なジャンさん。
しかしイヴァンのオナニーティッシュでトイレが詰まる話、笑い話にしてるなら自分のことじゃないのかなあ…。そんなことで大家が毎日のように怒ってるって、どんなオナニーアパートだよ。独身アパートどくだみ荘みたいに、溜まってるヤツラが集まっているアパートなんでしょうか。

そんなわけで萌えと切なさのミルフィーユみたいなSSでした。
続きが気になる…。次の更新も早ければいいなあ…。

| | コメント (2)

2011年5月19日 (木)

ジュリ誕SS 2話めー!

後藤羽矢子です。

17日に1泊で沖縄に行ってたのですが、私が行ってるときに更新されたジュリ誕SS…。
旅行中ツイッタ見てて更新されたことを知り、もぎゃ!ってなって、帰宅してとにかく真っ先にやったのがSSを読むことでした。

しかし…予想してたけど、切ない…辛い…。

コロンビアの熱帯地獄っぷりがすごい。私の脳内ではコーヒーとラテンのリズムが支配しており、もっと明るい国かと思ってんですが、(もちろんそういう一面もあるでしょうが)読んでて鬱になりそうな貧困描写でした。

しかし、「ここの気候では一週間を待たずに病気になってしまうだろう」のところで真っ先にベルナルドを連想したのに吹いた。虚弱おじさん。たしかにまだルキーノやイヴァンのほうが耐性ありそう。
そんなジュリオでさえ、体重が落ちてズボンがぶかぶかになってしまうなんて…。ただでさえ細いのに…。そして美食家で大食いなのに、食に栄養摂取以外の意味を見出さなくなるなんて…。可哀想…ジュリオ可哀想!

でも子供相手にわりと喋る、ワンコじゃないジュリオがなんか妙にカッコイイ。
「これも父ちゃんが飾れって言ったのか?」には目を疑った。ヒメナが「父ちゃん」と言ってたから合わせたんだろうけど、ジュリオがそういう芸当をするとは思わなかったので…。
ジャンさんだったら全然不思議じゃないんだけど。

あ、それとアメディオが、ジュリオのこと「おっちゃん」って言いかけてたのに、ブホッて吹いた。お、おっちゃん…。ジュリオをおっちゃん…。
まあ5、6歳の子供には大人は全員おっちゃんに見えるんだろうけど…衝撃でした。

それにしても、ストレスで胃がキリキリ痛んだり、炭酸水を吐き戻してしまう、チートワンコじゃないジュリオに新鮮さを感じつつも、胸が痛い。
ボン爺にスポイルされ続けてた頃は、きっといろんなものを閉ざして代わりに自分の心身を機械のように研ぎ澄ませていたんだろうけど、ジャンさんと愛し合うようになって、人間味が増すようになって、弱さが出てきてしまったんだろうなあ…。
そんなジュリオが可哀想で愛しくて泣けた…。

とにかく最後までには、ジュリオがジャンさんに会えますように。
おいしいアイスが食べられますように!

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

神学番長!

後藤羽矢子です。

潜っているうちに一週間経ってしまった…。ジュリ誕SS2回め来ないし…。焦らしプレイまだ続いてたんですか?!

それはそうと、神学番長の感想です。
いや~~~面白かった!

FDほどきっちりした物ではなく、でもサービスとネタは、たっぷり盛り込んで、まさにファンのためのお遊び企画。お値段も安くて、こういうのは本当に嬉しい。

起動するとイントロで、ムキムキの舞蹴(マイケル)とラスボスが対峙しているイメージイラスト。これ描いてるのは上田メタヲさんという方で寡聞にして知らなかったのでぐぐると、エロゲンガーの方でした。

本編が始まると、いきなり荒れ果てた校内のグラフィック。壁に「夜露四苦」とか落書きしてあって吹く。なんか牛の落書きがあるんだけど、これ描いたのは弱(ジャック)なんでしょうか。

お話は風紀の乱れきった学校に限界を感じた風紀委員の舞蹴が、願いが叶う伝説の長ランを手に入れるために各ルートの番長たちと対決していくというハナシ。
キャラ全員、漢字の当て字がしてあるんですが、ガビィが黴になっててヒドイ。ジャックの弱も大概ですが。いや煮留もかなり…。

最初のステージでは弱が相手。眼帯してて中二病で小物で…。なんかこの弱、すっごい猛を思い出すわー…。
でも「お前が俺と仲良くしないからあんなことに…」はちょっと萌えた。
そして舞蹴が超音痴波で猛…じゃなくて弱を倒すのですが、倒れた弱に舞蹴が「弱っ!!」と声をかけるときそれが「じゃっく!」ではなく「よわっ!」と読めてしまいました。まあ、あながち間違ってはいませんが…。

その後は少年漫画方式で、どんどん強い番長と闘っていくのですが、煮留がいきなり腐ったマグロ食べてお腹壊してるのが容赦なくヒドくて笑った。
しかしこの煮留が腹下して呻いているときの声、ニールがマイケルに掘られて出してる声じゃないの。ヒドイ!面白いけど。

獅子二度(レオニード)は、ネトゲで徹夜して、舞蹴の攻撃中に寝オチ。もう完全に寝キャラが定着してる…。描きおろしのスチルは、レオが睡眠薬飲まされてぶっ倒れたときの絵をベースにしていてそれがまたおかしい。寝入ってアホ毛が生えるのがカワイイ。
しかしここでも出てきた「エターナルフォースブリザード」…。もう伝説の域ですね。

校長は始終気色悪い声をあげてるし、オーガストの学ランは似合わないし、もう最後までずっと笑いっぱなしでした。
ラストはエイプリルで見たのとほぼ同じですが、それでも破壊力は抜群でした。

本当によいものでしたが、これぐらい気軽なブツならディスクレスにして欲しかった…。
神学校も神学番長もまだまだリプレイしたいのに、いちいち取り替えるのがめんどくさいのでございます。

でも神学校をプレイした人ならガチでやるべきだと思うので、早く公式で通販をしてくれるよう願うばかりです。

拍手お返事。反転してます。

7日の方 姫王はプレイ予定ですが、まだ神学校の余韻に浸っていたくて保留になってます。でも近々プレイしますー。オメルタは…いまのところプレイ予定ではないですが、気になってきました

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

ジュリ誕SSキタ──────!!!

後藤羽矢子です。

3ケ月近くにも及ぶ壮絶な焦らしプレイの末に、やっと来ましたジュリ誕SS…!

昨日の夜中に更新されたらしいのですが、私は日付が変わる前に寝てしまい、朝8時頃清々しく目覚めたら、ツイッタのTLがジュリ誕SSのことでさざめいていたので、な、何だって─!と慌てて、公式に飛びました。

………。

……………。

……すいません。眩暈がしました。酸欠で。

公式サイトにあげてるSSで、ここまでガッツリやってるのって、珍しいんでは、と思いました。だいたい事後が寸前でおしまいみたいな印象だったので…。
しかし、ジャンさん、イヴァンにノー前戯でブチこまれたり、ベルナルドに怪しげなブツ入れられたり、けっこう強靭な孔のような気がしていましたが、2回めでヒリヒリになってしまうとか、可愛くも生々しくてよかったです。ヒリヒリになりつつも気持ちは「欲しい」とことか、可愛すぎる…!

それにしても。
激務の合間の、ほんのわずかにできた時間で、慌しくも濃ゆく貪りあうジュリジャンに萌え…。
しかし、ぶっちゃけ背中擦りつけはあまり気持ちよくないような気がするんですが、まあジュリオならジャンさんに触れてるだけでも至福なんだろうなあ…。
もうジャンさんが淫乱天使過ぎて辛い。
「ンふ」って笑いとかさあ…。タダノドウテイ声で再生されますよ。きっと滴るようにエロい声なんだろうなあ…。ハア。

そして次回から、切ない展開になりそうで辛い。
すでに冒頭から離れ離れだし…。未来は陰鬱な暗雲に覆われてるとか言ってるし…。

それと冒頭の、現在の5月の、かつてDSPの撮影所があったと描写されてるシーンが、爽やかで優しい雰囲気なのになんか悲しかった。
あー、もう「ここ」にはCR-5の誰もいないんだな…と思って。
バレンタインSSが映画撮影ネタで、あのときのワイワイキャッキャが楽しすぎて、そんな彼らも今はもう…みたいな雰囲気が泣きそうになります。

でも本当はああいうキャッキャしてる部分は彼らにとっての「束の間」で、マフィアとしてのシビアな部分こそが日常なんだろうな…と思う。
ジュリジャンはそういうシビアな部分濃い目で辛いんだけど、だからこそ甘さもひとしおです。

また更新をソワソワ待ち続ける日々が始まる…!

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

フォーチュンクッキー

後藤羽矢子です。

今日も松本さんのスペースの手伝いでスパコミに参加してきました。

スペースの準備が終わって、テキトーに企業ブースを流し見てたら、メッセのブースでラキドのフォーチュンクッキーを発見。

「あーこれが噂のクッキーかー…」と思い、1箱購入。
パッケージのイラスト、ジュリオの特等席ぶりがすごい。

スペースに戻ってひとつ食べてみる。味はけっこうおいしい。
出てきたメッセージはイヴァンの「……ムラムラきてて眠れねえよ。てめーでラクにさせてもらうぜ」でブフォッてなった。何故その台詞にしたし。

クッキーは中が空洞になってるせいで、軽くパリッといけたので、もう一個食べるか…と開けたらまた同じイヴァンの台詞!
イヴァンどんだけムラムラしてんだよ!

なんだかはずみがついてしまい、3個めに突入。今度はルキーノの書き下ろし台詞でした。
ここまで来たら全部開けなくては気がすまなくなり、松本さんにも2個食わせる。
結果。
ルキーノの同じやつとラグの書き下ろし台詞とジャンさんの書き下ろし台詞出ました!
ジャンさんとったどー!
でもジュリオがなくてちょっと残念…。

さすがに6個850円のクッキーを何箱も買うのはためらわれたので、これだけに留めました。
ラッキー500%が3枚も出たなら結果としてはまあまあいいかなー。

しかし、おみくじの紙のはしっこに「この紙は食べられません」って書いてあって吹いた。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

スパコミ御礼と神学番長

後藤羽矢子です。

昨日はスパコミでした。新刊もないのに、スペースに来ていただき、あまつさえ差し入れなどしていただいたりして大変嬉しかったり恐縮したりでした。どうもありがとうございました。
しかし新刊がないというのは、やっぱり寂しいので、次こそはちゃんと出そう!と決意を新たにしました。

しかし10月のオンリーの頃には、LHLも出てるだろうし、その燃料で湧き上がってると思うのでそんななかでサイタマ本に需要があるのか不安…。まあ出しますけど!

ところで今回のスパコミ、自分内目玉はピルスラのブースでした。

エイプリルフールネタの神学番長をパワーアップしてソフトにして売るというじゃないですか。
これを買わないわけにはいかない!
幸い、わりとスペースが近くだったので、開会と同時にピルスラのブースへ。
もうけっこう人が並んでいました。

ここで私は神学番長と共に、3本めの神学校を購入してしまいました…。
公式特典の冊子がどうしても欲しくなってしまったのです…。
ピルスラの公式通販は手続きがめんどいのですが、現地で購入できるなら!と買ってしまいました。でも冊子はすごい充実内容だったので買ってよかった!と思いました。

そしてピルスラブースでは、ピルスラの音楽を手がけている細井聡司さんのトークショウ&ミニライブがあるとのことで、これは観れても観れなくてもどっちでもいいか…と思ってたのに、いざ時間が来ると、「やっぱり観たい!」と思い、速攻で駆けつけてしまいました。
ブースで整理券を配ってはいましたが、これはかぶりつける位置を確保するためのもので、観るだけだったら、普通にできるのです。

トークはBGM製作に携わることや、裏話的なことも聞けて、自分の知らない世界のことなので純粋に面白かったです。
話に合わせて、手元のノーパソから曲を流したりしていたのですが、司会の人が「この曲はどういう場面のときに?」と質問すると「えー、おもに恋愛を育むときに…」と答えて、さざめくような笑いが起きました。

そして最後に「We are one}と「神学番長のテーマ」を歌ってくださり、大変よかったです。
「We are one」は古きよき洋楽みたいな雰囲気の曲だなーと思ってたのですが、細井さんが「ブリティッシュな雰囲気を目指したけど最終的にアメリカンな感じになった」というような意味のことを仰ってて「あーやっぱり」と思いました。

そんなわけで、満足して帰途につきました。
そして神学番長もプレイしましたが、もう腹が痛くなるほど笑った…。

それについてはまた後日。

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

ぎりぎりインフォメーション

後藤羽矢子です。

えー…なんかまだ仕事が終わってないので、結局新しいものは何にもお出しできない状態です。
イベントに新刊がないなんて、私の同人人生で初めてだよ!悔しい…。ビクビクッ

とりあえず既刊は3種ありますので、よろしければよろしくです。

5月3日 スパコミ 東6ホール ほ-57b「いぬみみ」です。

既刊は「食前酒 食後酒」「XYZ」「SUGAR MOON」全部ジュリジャンです。

今回描けなかった話は10月のラキドオンリーに回します。もう背景素材とかも作ってるんで流すわけにはいかないし。

本当に心残りですが、明日は買い物しまくる方向で楽しみます。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »