« 神学校 st.ヨハネ女学校物語 感想ネタバレ | トップページ | よしなしごと »

2011年4月21日 (木)

B,sLOG 6月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

乙女7割BL3割の記事比率のB,sLOGですが、わずかな情報求めて購入。

でも今月はちょっとおいしかった…。

LHLの新スチルで、CR-5に入ったジャンさんがカヴァッリ幹部にタトゥーを彫られているところです。
ジャンさんはシャツを片側だけ脱いで諸肌を出しています。ほとんど後姿だけどなんか色っぽい。
カヴァッリ幹部は、なんかちょっとだけ若いです。本編では好々爺みたいですが、ここではかなり厳格な雰囲気。
しかし手にナイフを持って血に濡れた刃をハンカチで拭っているのですが、どんだけ雑なタトゥーの入れ方なんでしょうか。

ナイフでズリズリ「CR-5」と彫って、その上から染料なすりつけて、拭って終わり!なのでしょうか。まあ「痛みを越えて証明されるCR:5への忠誠の瞬間」と書かれているので、ナイフを使うのは恐怖の刷り込みの意味もあるのかなーと思ったりしました。

それにしても、スチル、システム画面ともに本編と違った重々しい塗りで、なんかけっこうマジな新事実とか浮上してきそうで楽しみです。

ドラマダのほうも新しいスチルが一枚ありました。
蒼葉さまが、おばあちゃんをおんぶして街のなかを歩いている図。
しかしなんというか、本当にアニメっぽい。
これCool-Bでスチル見たときからぼんやり思ってたのですが、もしかしたら、「スクールデイズ」みたいにイベントシーンがアニメーションだったりして…というかそうなったら面白いなという単なる願望ですが。

それにしても、早くもうちょっと色っぽい絵が見てみたいです。
いまの時点じゃマジ、「どこのスタジオIGのアニメだよ」(松本談)なので…。

|

« 神学校 st.ヨハネ女学校物語 感想ネタバレ | トップページ | よしなしごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神学校 st.ヨハネ女学校物語 感想ネタバレ | トップページ | よしなしごと »