« 無事です | トップページ | World's end Nightmare 総評ネタバレ »

2011年3月16日 (水)

神学校 体験版 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

神学校が半月足らずですが、発売延期になるし、こっちにもでかい地震くるし、仕事は進まないし、被災地の方々の大変さに比べれば、猫の毛一本ぐらいですが、気分がダウンしてたので、神学校の体験版をおとしてプレイしてしまいました。

本当は発売日も近いし、やるつもりなかったんですが…。

とりあえずサクサクやって一時間半ちょっとぐらいのプレイ時間。

話は序盤も序盤ですが、それでも充分面白かった。

体験版でも些細な情報は遮断する!という方のために隠します。

以下おりたたみー。

起動して、ピルスラのロゴとともに「ピルスラッシュ」と呟くマイケルの声。

これがピルスラの伝統っていうか、起動するとキャラがランダムでイロイロ語りかけてくれる仕様。

ピルスラはシステム周りがとても快適。たぶんシステムだけだったらピルスラが一番快適。

キラルは、毎回違った感じでなおかつオシャレで、それはそれで好きなんですが、オシャレ優先で若干使いづらいから…。
タイトル画面にすでにデカデカとグロテスクモードのONOFFのアイコンがあるというのにスタートするともう一度念を押すように、本当にいいのか?と訊ねてくる…。
いったいどんだけすごいグロなんだ…(゚A゚;)ゴクリとなりましたが、体験版ではあまりグロなシーンはなかったです。
演出がホラーっぽくてドキッとはなるけど。

冒頭、マイケルが夏休みに家族でピクニックに行ってるシーンが美しい思い出として綴られる。
かわいい妹をおんぷするマイケル。その後を追う、弟のガビィ、優しくてきれいなお母さん、ちょっとおとなしいお父さん。
「あれは輝かしい夏の日。僕らが過ごした最後の夏休み」というマイケルの独白とともに映る青空。そこに家族全員の明るい笑い声が響く。

それが、
「あははははははは」
「あははははは」
「あはははははははははは」
「あはははははは」

ってカンジなので、ちょっとブフッてなりました。

そして場面は変わり、神学校へ。今日はクリスマスイブで、寄宿している生徒たちがみなお家へ帰る日。

主人公のマイケルは4年生の監督生を務める優等生。明るくて人望もある。BL世界において寄宿舎とかいうと2人部屋だったりすることが多いですが、ここではリアルに6人部屋。

おかっぱショタセシルとは一番仲がいいですが、他の子たちとも仲がよかったり言い合いしたり、すごく普通の男子~ってカンジがよいです。

双子の弟ガビィとは部屋が違うらしく、後で合流。そして懐かしい我が家に帰ったマイケルたちを待っていたのは…。
両親と妹のむごたらしい死体でした。

父親の死体のすぐ傍の壁に殴り書きされた謎のシンボル。

それがマイケルたちの通っていた神学校に秘密裡に存在する悪魔崇拝の秘密結社のシンボルと知り、真相を追うため、マイケルたちは両親の死の傷も癒えないまま、再び神学校へと戻る。

神を信じられなくなり、やさぐれてしまったマイケル。
それに絡む攻略キャラたち。
話はマイケルが秘密結社入団の糸口をつかんだところで終わります。

時間は短かったけど、非常にテンポがよく、だけど急ぎすぎてるカンジもなく、すごく上手くてバランスのいいシナリオでした。
面白かった!というか早く続きやりたい!

弟のガビィに関してすごい気になることがあるんですが、それは本編の感想にまわします。

製造や物流の関係で業界もイロイロ大変だと思いますが、頑張ってこれからも面白いBLゲームを出して欲しいなあと思います。

頑張って派生も買いますよ!

|

« 無事です | トップページ | World's end Nightmare 総評ネタバレ »

コメント

神学校やってみたいです´`
地震の影響も大変だと思いますが、製作側も頑張って欲しいですね…
関係ない話ですが、DRAMAtical Murderの評判悪いですね…
私的には絵も好きだし、新しいジャンルにチャレンジした事で淵井鏑さんの実力もわかるっていうか…。まあクリア後長い事支援は出来なさそうですが;
たたなさんが退社しちゃったのでこれからはスイプーの人とほにゃららさんになるんですかね…。

投稿: 那由多 | 2011年3月24日 (木) 00時13分

ドラマダに関してはまだ全然情報がないのでなんともいえないですねー。でも最近の絵では蒼葉がかわいまなってきたので期待してまい。

投稿: 後藤羽矢子 | 2011年4月 2日 (土) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事です | トップページ | World's end Nightmare 総評ネタバレ »