« イベント関係アレコレ | トップページ | 『World's end Nightmare』感想? »

2010年12月18日 (土)

咎狗アニメ 第11話

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ第11話鑑賞。

……はあ、きつかった。

前回の引きからなだれこんだナノシキ対決。
シキさんが刀ぶんぶん振り回すばっかりで全然歯がたたない描写はゲーム内ではわりと好きだったんですが、アニメだとこの間抜け感…。しかもナノたんがひょーいとすごいジャンプして外灯の上に立つってのは、プルミエだから納得できるけど、シキさんまで追ってジャンプしてさらにその外灯を縦にまっぷたつにしてんのは大概にしろってカンジです。

そんでナノたんとシキさんが禅問答のような会話をし始め、さらに「俺の血を乗り越えられるか」と誘惑。え、なにこの展開…。
私が戸惑っているうちにナノたんはシャツをはだけ、いやにリアルな色の乳首までご披露。
首に噛みつかせるだけなのに、なんでそこまで脱ぐ…。
そしておめおめとのせられたシキさんは変な叫びをあげながらナノたんに突進。
この突進してるときのカメラアングルが何故かシキさんの口の中からなんですけど…。チラ見えしている歯が怖い。
そしてナノたん丸齧り!
ナノたん笑いながら「お前は本当に愚かだ…」とか言ってるけど、私もちょっとそう思うよ…。
案の定苦しみだすシキさん。
この苦しんでるときの声、ゲームのときでも嫌でスキップしてたっていうのに、アニメじゃそんなこともできません。
怪鳥みたいな叫びをあげ続けてシキさんばったりと倒れます。
「あーあシキティ死んじゃったー」とか高見の見物してたグンジたちも呟きます。

しかししばらくしたら何事もなくむっくり起きてすたすた歩き出すシキさん。
「まさか乗り越えたというのか」のビトロの一言ですべてを済まします。
まあここはゲーム内でも、かなり唐突感漂うシーンだったから…しょうがない。

一方アキラはケイスケをおんぷして、源泉のもとへ急ぎます。しかし内戦が勃発して、兵士たちがトシマへ乱入。無差別にトシマ住人を殺して行きます。
兵士に見つかって逃げるアキラ。ピンピンチ!というところで角材持ったケイスケが応戦!この微妙にゲーム内でのアイテムをフォローしているのが嬉しいようなむなしいような…。

そうこうしていると、パッと見何も変わってない新生シキさんが現れます。
しかしこのシキさん、シキさんを挑発したときのナノたんのセリフまんまを呟いています。
なに?血をとりこんで精神までナノたんと同化したの?新解釈?
アキラとケイスケがポカーンとしてると「お前は俺と来い」と言うシキさん。
え、まさかのシキルート?と思っていると、シキさんがアキラの手を掴み、ケイスケがそれを阻止しようとシキさんにとびかかります。

シキさん振り向きざまにケイスケをズバ────っ!!!!
ケイスケの胴体が分離しちゃったよおおお!
何もそこまでやらなくても…。
というかケイスケ死ぬんかい!
もう頭っから山本コミカライズの流れかと思ってたのでびびりました…。

上半身だけになったケイスケを抱きかかえて「しっかりしろ!」とか言うアキラ。
だ、ダメだろ…。もう…。いや気持ちはわかるけど!
ここはいろんな意味で泣けた…。シキさんはナノたんと永遠の殺し愛状態に突入しちゃってるし、アキラたんだってこんな大事な親友が目の前で真っ二つにされて、そんなの一生忘れられないビジョンだよ。どうすんだよ。このトラウマ…。

ケイスケが事切れて、アキラの悲痛な叫びで引き。

今回のEDはSTILLでしたが、ぐったりして喜ぶ気力もなかった。
次回最終回…?いったいこれどうオチつけるんでしょうか。

もうどんなオチが来ても驚かない。

|

« イベント関係アレコレ | トップページ | 『World's end Nightmare』感想? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベント関係アレコレ | トップページ | 『World's end Nightmare』感想? »