« ここらで本気でアルカネットのすすめ | トップページ | 咎狗アニメ 第6話 »

2010年11月10日 (水)

前置きの長い話

後藤羽矢子です。

スイートセットは二次予約ぶんを購入したので、まだ届いてません。早く聴きたい…。

ところで、前後の脈絡もないうえ、妙に前置きの長い話になるのですが、先日「あたしンち」16巻を買ったときに思い出した小話があるので書きます。

それは一年ほど前、スイプーカフェが開催されていたときのことです。
私はスイプーカフェのために東京に向かっていたのですが、「あたしンち」の15巻を買って電車のなかで読んでたのです。

そのなかに、みかんの母親の友人グループで食事会をしているときの話が。
世間話で「今年はバラバラ事件とおれおれ事件と続いたわねー」という話題から、スープで舌をやけどしては「アチアチ事件」、レジで私が払う私が払うと言い合いながら「払う払う事件」と言って、そのたびにおばさんたちが「あーっはっはっはっは!」と爆笑し合うという話でした。
私はその話がすごくツボってしまい、待ち合わせてた松本さんとRさんにそこを見せて、ここが面白くてさーとか言ってたのです。

そんでキュアメイドカフェで食事したあとQUEEN DOLCEに行きました。
ドリンクをひとつ注文するごとにくじ引きみたいな箱からコースターを取るのですが、そのとき、異常なほど哲雄ばっかり取れてしまったのです。

そのとき松本さんがボソリと
「哲雄哲雄事件」と呟いたのです。
直後、私たちは「あーっはっはっはっは」と爆笑して、完全にあたしンちのオバハンと同化していました。

それだけの話なんですけどね。

私はしつこいタチなので、いまでも時々思い出しては心の中で吹いたりしています。

咎狗アニメのシキさんだけ美しい現象は「シキシキ事件」と言えなくもない。

|

« ここらで本気でアルカネットのすすめ | トップページ | 咎狗アニメ 第6話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここらで本気でアルカネットのすすめ | トップページ | 咎狗アニメ 第6話 »