« 咎狗アニメ 第6話 | トップページ | 偽りのアルカネット ボイスドラマCD感想 »

2010年11月16日 (火)

CHIRAL CAFEへようこそ 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

CHIRAL CAFEへようこそ やっと聴けたー。

冒頭、アキラ、コノエ、蓉司の三人がぞろぞろと初出勤へ向かってるところは、なんていうかあんまりナチュラルに3作品が入り混じってるサマにちょっと尻の座りが悪いようなモジョリ感があったのですが、すぐに慣れました。

コノエ、相変わらず方向音痴なのね。コノエに先導させんなよとも思いましたが、やはりこの三人のなかでは、コノエがアクティブなので(あくまで比較問題ですが)そうなってしまったんだなあ…。

道に迷ってるところに出勤途中のリンと睦に会って「じゃあ俺たちについてきなよ!」とか言いつつ猛ダッシュする二人。コノエとアキラはいいけど蓉司の体が心配…。と思ったら「蓉司が心配だから」とキリッと言い放つ哲雄…。まったくもって蓉司しか眼中にないところがステキ!
店にはいって自己紹介しがてら、それぞれのキャラの関係性も紹介。
それにしてもシキさん…窓から入ってきたり、レザーのコック服着てたり、アホ一歩手前の唯我独尊ぶり…フィギュアのおまけCDとほぼ同じノリではあるけど、あれはアキラとビトロくらいしか他のキャラいなかったし、ビトロもアレだからよかったけど、他のまともなキャラたちのなかにあってあのテンションは浮きすぎてツライ…。
キラモバ配信のミニドラマでは、ライさんに転がされて野菜切りさせられてたし…。
大抵のことは時の流れが優しく包み込んでいる私ですが、こういうシキさんにちょっと胸が痛むってことは、私やっぱりシキさんを未だ本気でカッコイイと思ってるんだなと実感させられました。

トラック2のランチメニュー会議では、バルドとライさんが輝いてました。二匹の作る料理うまそ~。豆腐ステーキにカレーパウダーで風味づけか…メモメモ。あと生姜風味のご飯もうまそう。ライさんの作る鶏肉のコンフィもうまそう…。ライさん何気に鶏肉料理作るの好きだね。睦のうまそうな食いっぷりがまた食欲をそそります。

ラストでシキさんが買いつけたマグロ一匹のツケが睦が払わされたのは、私の侘びしポイントをグリっ突かれて胸が痛みました。私は「わーい♪」となってる人がストーンと落とされる描写にすごく弱いのです…。ギャグなのに、松本さんと「あのマグロ100万じゃきかないよね」「睦どうするんだろう…」と真剣に話し合ってしまいました…。

トラック3は、善弥とアサトとケイスケの、女子高生のガールズトークみたいなノリに受けました。それにしても春野風さんのアサトと蓉司の演じ分けがすごい。
善弥とシキさんはテイストが真逆なのでいいとして、アサトと蓉司はわりと天然朴訥系と近いキャラ立てなのに、ちゃんと違って聞こえてすごい。
ケイスケが善弥に「なになに好きなの?」と聞かれて「いやっ…そんなっ…」ってケイスケがなってるのに「俺はコノエが好きだ」ときっぱり言い切るアサトに吹いた。しかしアサトお金持ってないって不憫すぎる…。いったいこの世界でどうやって暮らしてるんだろうか…。

その後の動機が不純すぎる三人の面接をしてあげるバルド。一番使えそうなのはケイスケだったけど他二人は問題外のレベルなのに優しい大人の応対をしてあげるバルドいい猫。その後ケイスケと善弥がDQN化して暴れ狂うけど、店員たちはそんなことにも慣れてる風味。シキさんがいるから?

トラック4の源泉のラーメン屋は源泉が似合いすぎてて吹く。
そこにアキラコノエ蓉司をつれてくるリン。三人を源泉に紹介するのですが、「この細っこいのがコノエ」ってリンが言うな!とツッコミたくなりました。
そしてアキラコノエ蓉司が仕事の愚痴をリンに言わされる。それをバルドやライに聞かれてアッチャーとなるシーンなのですが、バルドやライがビキビキッてなってるのに哲雄だけが「辛かったのか…蓉司」となっててまたブッてなりました。まさに哲雄無双。
ところでこの世界では蓉司の激辛好き設定がないのですね。ハバネロギョーザ食わされて普通にゴホゴホ言ってたし。アキラはお子様舌だし、コノエは猫だしみんな辛いもの苦手っぽくてカワイソウ。ケイスケなら平気かもしれない。

そういえばCHIRAL CAFE BOOkの茶屋町さんのイラストにラーメン源のイラストがありましたが、それを見る限りケイスケもアサトも善弥も他のバイトを見つけたみたいでよかったよかった。
アサトはコンビニみたいだしケイスケはガソリンスタンドかなあ…。それとも宅配?そして善弥は前掛けからして八百屋でしょうか。クリスが野菜食べてるし。
あとアキラが前髪をピンを留めてるのがカワイイ。あとライさんのサイン色紙がカワイイ。あのイラストもライさんが描いたのだろうか…。お茶目な自画像だ…。

そんなわけで細かくツッコミどころや萌えどころがあって楽しめました。久しぶりにおなじみのメンツの声も聴けたし。ナノがいないのだけがちょっと残念でしたが。続編とかあったらいいな。

拍手お返事。反転してます。

6日の方 修正してませんでしたか。なんかアレ作画に目が慣れきっててマシ作画がすごい良作画に見えてしまってたのかも…。

13日 しなの様 OPのリンの影のないとことか目立ちますよねー。DVDではそういうとこ直ってるといいんですけどね。本編の作画もどうなるか予断を許さない状況で別の意味でドキドキしますね!

|

« 咎狗アニメ 第6話 | トップページ | 偽りのアルカネット ボイスドラマCD感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 咎狗アニメ 第6話 | トップページ | 偽りのアルカネット ボイスドラマCD感想 »