« ジャン誕SSジュリオ編… | トップページ | 黒髪のジュリオたん »

2010年10月28日 (木)

ジャン誕SS ジュリオ編

後藤羽矢子です。

昨日はジュリオ編の更新を待ちわびて、100回ぐらい公式に行ってしまいました…。いや100回はないか。でも気分はそんなカンジです。

そして今日の昼に更新が来て、光の速さでプリントアウトして、仕事しながら3回ぐらい読み返してました。
のっけの出オチはすでに松本さんがツッコんでるので割愛するとして、もう笑えて萌えて泣けて大変です…。

ジュリオ編になにジャンルが来るか楽しみだったのですが、まさかの2ジャンルかけもちとは…。しかもヒロイックファンタジーと貧乏小市民人情ものの真逆のテイスト…。
ヒロイックファンタジーのコッテコテの中二病風味がおかしかったんですが、それ以上にジュリオを想うジャンさんが素敵すぎて切ない…。
「俺が救いに来たのは世界じゃねえ──おまえだ」
って…もう泣けるよ!ジャンさんカッコよすぎるよ!

それにしても。
「昔、話したことあったよな。…いつかこんなふうにできたらいいなって──」って
なにを意味してるんでしょうか。
こんなふうに世界を救えたらってこと?こんなふうにお互い抱き合えたらってこと?
なんか含みが多すぎて、バカな私には読み取れません。

そんなふうに抱き合ったまま心中して。
そこが生まれ変わった先なのか、新しく構築された世界なのか、またはジュリオの夢の世界なのかは知れませんが、二人でさいたまさいたまさいたま~で貧乏同棲生活。
…すいません。初めて埼玉を羨ましいと思ってしまいました…。

それはともかく。
革ジャンにブーツにジーンズのジャンさんてすごいカワイイっぽいんですけど…!
しかもちょっと髪を伸ばしてるとか…!もうだめ…!
そんで、二人で暮らしてるアパートが「第二みどり荘」って…。
松本さんが「もういかにも貧乏アパートって名前やなあ」とか言ってて、さらに「逆裁のイトノコさんの住んでるアパートの名前が「メゾン・ドあした」って言ってそれもすっごい貧乏アパートっぽい名前やんなあ」と言ってたので、ふと「そういえば君のとこのアパートなんて名前だっけ」と聞くと「あ××荘…(個人情報のため伏字)」
って君んとこもたいしてちがわねーじゃん!と盛大にツッコんだ私です。

まあそれはともかくとして、ジュリオですよ。ジュリオが手料理作ってジャンさんの帰りを待っていたんですよ!
まあ鍋だけど…。でも鍋でもちゃんとできてすごいジュリオ!
ジャンさんもジュリオはやればできる子と言ってて、そうだよねーと思いました。
この鍋を二人で食べてるとこ死ぬほどキュンとなった。
あとジュリオが「ご飯」のこと「めし」って言ってるのが可愛かったよおおお!
たぶんジュリオには前世の記憶があるんだろうなあ…。あの絶望と世界の破滅の後に、貧乏でもジャンさんと暮らして、一緒にご飯食べて、キスしてエッチなことできて、ジュリオの幸せを思うとこっちも切ないです。
あ、ジーンズとシャツ一枚のジュリオとかって、すごい萌える…。絵で見たい…。
それにサイタマの地下街で殺されそうになってたジャンさんを助けた狂犬ジュリオがどうやってジャンさんとこういう関係になったのかも、その過程が見たい…。見たいものだらけ…。

あ、ところで隣の部屋に住んでる葉さんて誰なんだと気になりました。
大家のババアはたぶんマンマなんだろうなと思いましたが。
これが朴って苗字だったらバクシーかなーとか思えたんですが。まあ本当にただの名も無きお隣さんなのかもしれませんけど。

とにかくもう本当に本当に可愛かった。
とりあえず私も白菜と手羽先のお鍋を作ろうと思います。

|

« ジャン誕SSジュリオ編… | トップページ | 黒髪のジュリオたん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャン誕SSジュリオ編… | トップページ | 黒髪のジュリオたん »