« 咎狗の血アニメ初回みた! | トップページ | スパーク インフォメーション »

2010年10月 9日 (土)

咎狗アニメ第一回

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ一話め、リアルタイムで視聴いたしました。
おおまかな感想はほぼ松本さんと一緒です。

ここの過去記事で何回か「たとえ黒歴史になってもいいからアニメ化して欲しい」と書いてきました。しかし「黒歴史」の部分まで叶ってしまうとは思いませんでした。
私たちははなから、あんまりクオリティの高いものにはなんないだろうなーとやや達観しており、「カオスヘッドよりマシならいいや」ぐらいに思ってたのですが、まさかカオヘよりアレとは…。

とにかく作画のアレさやOPの未完成ぶりなどは、MBS組のネットの反応などですでに知っていたので、覚悟をして観ていました。

冒頭ナノたんが高みから飛び降りるあたりはわりといいカンジで「あ、思ったよりひどくないかも」と思いましたが、それも一瞬でした。
松本さんも書いていたように、作画の気合いにはあからさまに優先順位があって、すべての気合いはシキさんに注ぎ込まれており(それでやっと目を背けずに観られるレベル)次にナノたんとアキラのどアップあたり。
で、アキラが刑事に尋問を受けるとこやエマの使いの男二人にトシマに連行されるあたりはたぶん一番どうでもいいところで作画も地を這っていました。
まきぞえを食ってアキラたんの顔もここらへんが一番ひどいです。

でも刑事が倒れたアキラたんを蹴っているところなどは、カクカクと小刻みな動きが「えいっ☆えいっ☆」みたいなカンジで可愛く見えなくもない…かもです。(←よかったさがし)

まあ人手も時間も足りなかったんだろうなーと思いつつEDロールを見て愕然。
原画すごいいっぱいいるんですけど…。この人数で何故アレ…。

絵以外でも、作品全体に漂うややダサスメルとか、圧倒的に世界観やアキラのひととなりの説明が足りないところとか、ツッコミどころは山ほどあるんですが、とりあえず最後までつきあう所存です。毒を食らわば皿まで…って毒かよ!

|

« 咎狗の血アニメ初回みた! | トップページ | スパーク インフォメーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 咎狗の血アニメ初回みた! | トップページ | スパーク インフォメーション »