« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

ジャン誕SS イヴァン編

後藤羽矢子です。

明日はキラルナイト…新作発表とかでdkswですが、その前にジャン誕SSイヴァン編!
なんか思ったより早くキタ!
いったい今回はどんな出オチが…と思ったら、フィオーレ会長!

ってこれパラレルじゃなく、マジでイヴァンルートの話じゃないっスか!
独裁者風刺ものってイヴァンのことかよ!
てんねん…読めねえわ…。さすがだわ。

イヴァントゥルーEDでは、今わの際でしたが、これはその少し手前っぽい時期。
でももう車椅子でしか移動もできないようなヨボヨボ状態。
さっきまで松本さんと電話でその話をしていたのですが、松本さんが「この一片の容赦もない老い描写がツライ」と言っていました。

確かに、フッと気を抜くとヨダレたらしながら意識をとばしてたり、心筋梗塞を心配する医者が付き添ってたり。ツルっぱげだし。BL世界の美老人を鼻で笑うようなマジ描写。

この時点ですでに21世紀になってるとのことですが、イヴァンが1911年生まれとして2010年でもまだ99歳なんですね。いまにも死にそうだけどまだ生きてても不思議じゃないギリギリ感…リアル。

しかし年とって気弱になったイヴァンが、内心ではバカらしいとか茶番とかわかっていながら、ジャンを降霊させようと霊能力者を雇うって…悲しい。
わかっているけど、そうせざるを得ないイヴァンの孤独が悲しい。

いったいジャンさんはいつ頃死んでしまったのでしょうか。松本さんとそのことも語り合っていたのですが、40歳前後じゃないかと推測しました。死因はやっぱり暗殺系かなあ…。
イヴァンEDで「ベッドで死ねたヤツもドブ溜まりで死んだやつもいた」と言ってて、私は過去記事でイヴァンルートの感想書いたとき「ジャンさんはベッドで死ねたやつであって欲しい」みたいなこと書いたのですが、どうもこのSS読むとそんな感じじゃない雰囲気が伝わってきます。

ついでに松本さんと他の幹部の死因についても予測したりしてました。夜中にそんなこと語り合ってんなよってカンジですが…。
ベルは病気のイメージ。癌とか。ジュリオはあんまり考えたくないけど、ドブ溜まりで死んだ側のような気がする…。あのなかじゃルキーノが一番長く生きたイメージ。でもルキーノも暗殺されたような気がする。まあマフィアだから…。

そしてイヴァンの夢から西部劇パラレルにはいるんですけど、ずっとジャンさん視点できてたのに、ここだけイヴァン視点です。
でもイヴァン視点のエロSSっていままでなかったから新鮮でした。
以前に「アメリカのポルノ雑誌には必ずと言っていいほどカウボーイコスのヌードがある」と書きましたが、あの、ズボンを脱いで、木の柵に足をかけて「カモ~ン」なジャンさんは、マジカウボーイコスのヌードグラビアですよ!
しかもイヴァンの先走りを掬い取って自分のアソコ塗りたくるとかエロすぎ!

でもやっぱり前後のイヴァンが切なすぎて、ちょっと萌えきれない気分ではあったんですが…。

ジャンさんはどこにも行っていない。ずっとイヴァンの傍にいた…それもまたイヴァンの思い込みなのかもしれないけれど、そう思えることがイヴァンにとっての福音と思う。
ジャンさんを失った孤独にずっと耐えてきて、耐え切れなくなりそうになって。
でも最後にイヴァンの心を支えたのもジャンさんなんだなあ…。

ジャンさんマジ太陽だよ…。

ところで今日はラグトリフの誕生日…さすがにSSは来ないと思うけど、何やらかすかわからないのが、てんねんだからなあ…。
でもとりあえず、ジャン誕SSをどうシメるのかに期待しています。

| | コメント (2)

2010年10月30日 (土)

咎狗アニメ 第4話

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ第4話終了。

いままで茶の間のでかいテレビで観てましたが、今日は寒いしめんどくさかったんで、寝室のテレビで観たらこっちはまだアナログだったせいで、ずーっと画面下あたりに「早く地デジに変えろや」通告が出続けて、大変ウザかったです…。

今回はリン&シキのターン。
そしてまた微妙作画のターン…。

猛に引っ張られてはぐれたアキラを探しに来たリン。中立地帯のホテルに行こうとアキラをいざなう。しかし「ホテルだよ」と言いつつ、アキラと腕を組むのはいかがなものか。
そして二人で夕暮れの街を歩くのですが、途中出てきた夕日がでけえー…!

Cocolog_oekaki_2010_10_30_03_47

ホテルに向かって歩いていると、トモユキ&かつての仲間たちとバッタリ。
お、トモユキ出番早い。あ、仲間のなかにTBに出てきてたヤツがいる。あのでかいヘアバンドの彼、かわいいよね。
「さっそくお相手を見つけたのかよー」と絡んでくるトモユキを振り切るリン。ノーリアクションのアキラ。
ホテルに着いて、ケイスケとおいちゃんと合流。トモユキに会ってムカついた反動か、景気よさげにソリドを買い込み、屋上でパーッとやろうと提案するリン。
しかし相変わらずこのケイスケだけは何故か安定した作画…。たぶん描きやすいんだろうなあ…。
屋上に行くとさっきのどでかい夕日がまたもどーん…。リンルートではアキラと二人きりの星空が、大勢と夕日になってしまいましたが、それでもご満悦の様子のリン。

そしてソリドを食べるシーンになるのですが、ケイスケのグリーンカレー味ソリドに「それけっこう匂うよな」とか言うアキラ!ふだんノーリアクションなのにこんなこと言わなくてもいいのに…。地味にひどい。でもすまなそうにするケイスケのソリドをひとかけつまんで食べるアキラ。原作にはないシーン!しかし「やっぱり同じ味だ」と少しニコッとして言い放つ!初めてまともな感情を出したシーンなのにそれが味オンチの発露とは…。

そんなジャンクな宴をしているうちに陽もとっぷりと暮れました。ケイスケは屋外だっつーのにぐーぐー寝ています。なんかorzみたいな寝姿です。
リンがブラスターの話などしてアキラに親近感を持たせ、すかさず「俺アキラの顔好きだよ」と言ってのしかかる!いやに大胆なリン。自分のそばで金髪小悪魔がアキラとフラグを立てようとしてるのに気づかず寝こけているケイスケ…。

一方、路地裏で絶賛惨殺中のシキさん。やっぱり作画の気合いはシキさんに集中。
ガタイのいい男がシキに追い詰められてあわわわと慌ててラインを摂取。うおおおおと鉄パイプを握ったはいいけど、それを無造作に投げつける!意味ねえー!
そんでバッサリやられます。

生き残ったヤツが「シキが出たぞおー!」と「狼が出たぞー!」のノリでホテルに駆け込む。
周りのヤツらは「大丈夫だ。シキはここまで入ってこない」とか言ってるけど、なんか中立地帯だからと言うよりは魔除けがしてあるみたいな雰囲気を感じます。

で、シキが出たぞおーの報を聞いて、すごい勢いで階段を下りて外へ飛び出すリン。
ここのアクションはよかったです。
そしてリンを追って街に飛び出すアキラ。シキさんとバッタリ。
短剣VS日本刀という、いつ見ても不公平感の漂う斬り合いののち、アキラの首を締め上げて「許しを請え」と言うシキさん。
このとき何故か無闇にアキラの耳元に唇を寄せてホモっぽさを喚起させています。

そんで折れないアキラにフラグ的なものを感じたのか、「また遊んでやる」みたいなこと言ってシキさんは去っていきました。ふう。

そんなわけで作画は残念再びでしたが、話はわりと楽しめました。
やっぱりシキさんが出てくるだけで楽しいよね…。

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

黒髪のジュリオたん

後藤羽矢子です。

まだジュリオSSの衝撃から抜け出ていないわけですが。

前回の記事では、まだ萌えた部分は全然書ききれていないのですが、全部書こうとしたら一行づつに注釈いれるような勢いになってしまうので、ここは割愛。

でもひとつだけ書き加えるとしたら。
ジュリオの容貌についてジャンさんが「黒い髪にすみれの瞳」と形容したこと。

これには萌えた…。すみれの瞳なんて乙女な形容の破壊力もすごいですが、黒い髪ですよ!黒い髪!
やっぱりジュリオはリアル髪色は黒なんだー!と思って滾ったわけです。
きっとカラスの濡れ羽色のように黒々艶々してるんだろうなあ…。
イタリア系って黒髪も多いしね!

そんでちょっと黒髪のジュリオを描いてみたいなあと思って描きました。

Gulio101029

ヒヨコの柄エプロンってやっぱりアレですよね。
めぞん一刻の響子さんのですよね。
「月光のカルネヴァーレ」のアンナさんも姫谷もつけていたこのエプロン。もはやトラディショナル。

Gian101029

お鍋食べてるジャンさん。鍋が土鍋じゃなくてアルマイトって言うのがまた侘しくて萌える…。
ちなみに今日はうちも白菜のお鍋でした。手羽先じゃなくて肉団子だったけど…。

Guligian101029

ご褒美。
手を使わずにしゃぶるっていうのがエロい…。

私はいったい何をやっているのか…。
とにかく黒髪のジュリオは萌えるってことで!

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

ジャン誕SS ジュリオ編

後藤羽矢子です。

昨日はジュリオ編の更新を待ちわびて、100回ぐらい公式に行ってしまいました…。いや100回はないか。でも気分はそんなカンジです。

そして今日の昼に更新が来て、光の速さでプリントアウトして、仕事しながら3回ぐらい読み返してました。
のっけの出オチはすでに松本さんがツッコんでるので割愛するとして、もう笑えて萌えて泣けて大変です…。

ジュリオ編になにジャンルが来るか楽しみだったのですが、まさかの2ジャンルかけもちとは…。しかもヒロイックファンタジーと貧乏小市民人情ものの真逆のテイスト…。
ヒロイックファンタジーのコッテコテの中二病風味がおかしかったんですが、それ以上にジュリオを想うジャンさんが素敵すぎて切ない…。
「俺が救いに来たのは世界じゃねえ──おまえだ」
って…もう泣けるよ!ジャンさんカッコよすぎるよ!

それにしても。
「昔、話したことあったよな。…いつかこんなふうにできたらいいなって──」って
なにを意味してるんでしょうか。
こんなふうに世界を救えたらってこと?こんなふうにお互い抱き合えたらってこと?
なんか含みが多すぎて、バカな私には読み取れません。

そんなふうに抱き合ったまま心中して。
そこが生まれ変わった先なのか、新しく構築された世界なのか、またはジュリオの夢の世界なのかは知れませんが、二人でさいたまさいたまさいたま~で貧乏同棲生活。
…すいません。初めて埼玉を羨ましいと思ってしまいました…。

それはともかく。
革ジャンにブーツにジーンズのジャンさんてすごいカワイイっぽいんですけど…!
しかもちょっと髪を伸ばしてるとか…!もうだめ…!
そんで、二人で暮らしてるアパートが「第二みどり荘」って…。
松本さんが「もういかにも貧乏アパートって名前やなあ」とか言ってて、さらに「逆裁のイトノコさんの住んでるアパートの名前が「メゾン・ドあした」って言ってそれもすっごい貧乏アパートっぽい名前やんなあ」と言ってたので、ふと「そういえば君のとこのアパートなんて名前だっけ」と聞くと「あ××荘…(個人情報のため伏字)」
って君んとこもたいしてちがわねーじゃん!と盛大にツッコんだ私です。

まあそれはともかくとして、ジュリオですよ。ジュリオが手料理作ってジャンさんの帰りを待っていたんですよ!
まあ鍋だけど…。でも鍋でもちゃんとできてすごいジュリオ!
ジャンさんもジュリオはやればできる子と言ってて、そうだよねーと思いました。
この鍋を二人で食べてるとこ死ぬほどキュンとなった。
あとジュリオが「ご飯」のこと「めし」って言ってるのが可愛かったよおおお!
たぶんジュリオには前世の記憶があるんだろうなあ…。あの絶望と世界の破滅の後に、貧乏でもジャンさんと暮らして、一緒にご飯食べて、キスしてエッチなことできて、ジュリオの幸せを思うとこっちも切ないです。
あ、ジーンズとシャツ一枚のジュリオとかって、すごい萌える…。絵で見たい…。
それにサイタマの地下街で殺されそうになってたジャンさんを助けた狂犬ジュリオがどうやってジャンさんとこういう関係になったのかも、その過程が見たい…。見たいものだらけ…。

あ、ところで隣の部屋に住んでる葉さんて誰なんだと気になりました。
大家のババアはたぶんマンマなんだろうなと思いましたが。
これが朴って苗字だったらバクシーかなーとか思えたんですが。まあ本当にただの名も無きお隣さんなのかもしれませんけど。

とにかくもう本当に本当に可愛かった。
とりあえず私も白菜と手羽先のお鍋を作ろうと思います。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

ジャン誕SSジュリオ編…

 松本蜜柑です。ジュリオ編…の冒頭………

Cocolog_oekaki_2010_10_27_22_45

Cocolog_oekaki_2010_10_27_22_58

Cocolog_oekaki_2010_10_27_23_04

Cocolog_oekaki_2010_10_27_23_15

 こうですか。わかりません。

| | コメント (0)

Lamento 4周年

後藤羽矢子です。

今日はLamento発売4周年です。

あまりできることはありませんが、お祝いの気持ちだけでもささやかに…。

Cocolog_oekaki_2010_10_27_00_50

ついでに松本蜜柑です。

Cocolog_oekaki_2010_10_27_01_14

つーか4年て…時間経つのホントに早いですね。
拍手お返事は後日にー。

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

ジャン誕SS ルキーノ編感想

後藤羽矢子です。

今日あたりジュリオSS来るだろうかと…昼あたりからずっとそわそわと公式を行ったりきたりしていました。

でももう今日は来ないかな…。
しかしまずはルキーノ編感想。

ルキーノ編の更新が来たのがだいたい12時ちょいぐらいで、そのときちょうど松本さんがいたので急いでプリントアウトして、私はプリントしたものを松本さんはWebで同時にギン!となりながら読みました。

海軍もの!最初のフリゲート艦「エレクシオン」の名前が出たとき、ちょっとブッとなった。
エレクシオンはアテネにある神殿の名前だそうですが、私は「どうしてエレクチオンしないの~~ッ!」を連想してしまった。
エレクチオンに関してはこのサイトが詳しいです。

海軍の上官と下士官という関係でも、全然変わらないルキジャン…。ルキーノ相手のときにしか聞けないジャンさんの乙女節が冴え渡ってます。
自分みたいな冴えない男になんでこんな最高の男が…とかって自分を卑下するなんて、なんという乙女…。
女装とピスプレイの後にこんな切ない独白とかって反則すぎる。

エロ以外の部分でも、二人で煙草吸ったりお酒飲んだりするところが、妙に萌えました。
何だろう。快楽を刺激するような描写が多いからでしょうか。
天国からくすねてきたような煙草の描写は、嫌煙派の私でも、思わず吸いたくなるほど蠱惑的でした。

あと文章のリズムが妙~~に気持ちいいんですよね。
「そいつが、グレゴレッティ大尉の……この男の、彼の、ルキーノからの」
このしつこいほどの息づきのなかで、グラデーションのように、ルキーノへの距離が縮まっていくのが、わかります。
ゲームのテキストのときときは、また違った味わいで、やっぱりSSはいいなーと思います。

ところでルキーノさん!カーヴォロはカボチャじゃないッスよ!キャベツっスよ!

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

咎狗アニメ 第3話

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ第3話。いま松本さんがうちに来てるので、二人で夜中の茶の間、雁首をそろえて鑑賞。
人と観るとこういうのはグッと楽しいですね。一人じゃないって素晴らしい。

作画は急に俄然よくなりました。
一話で一番気合いがはいってたシキさんレベルが、ずっと続いてるカンジ。
とはいえこれも1話2話と比較しての話で、これのレベルが1話にきても底値を知らなければ、やっぱり文句を言ってたことでしょう。でもいい。

しかし、猛の作画もいいし、ビトロもいいし、リンもカワイイし、ケイスケなどはあの地獄作画のなかで比較的マシな立ち位置をキープしていたというのに、アキラだけがなんだか微妙…。
やっぱり美形を描こうと気負うと逆にひずむのでしょうか。というか私なんかいつもソレなんでなんかわかるというか…。

お話はケイスケがビトロ城でイグラの説明聞いたり、猛の負け犬の遠吠えを聞いたり。
ビトロ、髪の跳ねがエライことになってて笑った。
そしてビトロ城の悪趣味がパワーアップ。
飾ってある絵画とか二次裏実況で「アッー!」とか言われてんだろうな…と思いを馳せるようなホモ臭。
そして狗たん。なんか微妙に声がついてる…。前回もアキラをくんかくんかしてましたが、今回もビトロに首を絞められて呻いてました。なんか生々しい…。いったい声は誰がやってんでしょうか。
そして狗たんにキスをするビトロ…初めて出てきたあからさまなホモ描写…。
ていうか、ゲームでもキスしてましたっけ?なんか覚えてない…。ビトロは直接性的な行為はしないような気がしてたので、ちょっとびっくりしました。

猛はアキラの無力ぶりに唯一ツッコミをいれるキャラですが、壁を背にしたアキラ相手に、やたらオーバーアクションでねちねちと絡む猛と、それをぴくりとも動かず、じーっと見ているアキラの対比が面白かった…。

まあそんなわけで、1話2話と比べるとだいぶ楽しめました。
ゲーム本編もこのへんまでがややタルいので、この先はアニメも話が進んで見がいがあると思います。ふー。明けない夜はない。

拍手お返事。反転してます。

19日の方 すいません。うっかり前回の拍手お返事のときに見落としてしまいました。元ネタ東方ですか…?東方全然知らないので気づきませんでした。いろんなところをパロっているんですねー。

23日 2時の方 アニメ感想続けますー。幸い、少し面白くなってきたのであまりネガらずに済むかもしれません。よかったです!

| | コメント (0)

ちょこっと紅天と時をかける執事@アルカネット

 松本蜜柑です。

 じつはかねてから後藤さんにおすすめされていた『紅色天井妖奇譚』をプレイしました。
 ゲーム本編だけだといろいろ物申したい部分は多々あるのですが、終わってみると面白かった…。そしてゲーム後に後藤さんに借りて読んだSS集がさらに面白かったです。でも面白いからこそアレな部分がはがゆい、そんな作品でした。
 そんなこんなで私がゲーム本編について、ここがちょっとツライ、あそこが足りない、てゆーかそこんとこももうちょっとどうにかー!…とかいう具合にもりもり後藤さんにこぼしていたら、後藤さんが「そういうのは全部FDのほうではずっと良くなってるから!」というので、感想を述べるのはFDまで全部プレイしてからにします。
 一番面白かったのは桜螺ルートでした。

 それで、紅天のことは後日として、今日はアルカネットボイスドラマカウントダウン第4回が来たー。
 待ってましたの栄さん&敬一郎さんコンビが来たよ!

 なにげに栄さんが敬一郎さんに対してひどい。これはカウントダウンだからもちろんギャグなんだけど、でもきっと普段から栄さんは敬一郎さんのことこんなふうにチクチクいじって楽しんでるんだろうな……ひどいよ栄さん栄さんひどいよ、もっとやれ!

 それにしても、栄さんの第一声で
 「敬一郎、君のところの執事には本当に驚かされるねえ、まさか未来に行くとは」
 でブフォっとなりました。
 どうやらこのカウントダウンは話が続いているらしい、とは前回でもうわかっていましたが、こんなにハッキリ言われると吹きます。もしかしたら最後の回で倉江が帰って来るんだろうな……。CD持って帰ってくるのかな……。

101022sitsuji01

 時をかける…

101022sitsuji02

 もうこのカウントダウンもCD化してほしいです。全力で買います。

 ジャン誕のルキーノ編とか、もうじき咎狗アニメとかもありますが、それらはまた次回もしくは後藤さんが。

 ところですごく遅くなってしまいました、拍手レスです(以下反転)
 
 9月30日22時のかた あ、あれっすごい遅いレスになってしまったすみません…! クールビーSS楽しみです、とのこと、いかがでしたか? 私は激しく萌えました…栄さん素敵ですよね! アルカネット本はお心に添えていたら嬉しいです!

 10月8日23時のかた 私ごときの栄さんに、ありがとうございます…! 栄さんは公式絵がもうほんとうに美人さんでうっとりします。

 10月12日sさん、わあアルカネット本お買い上げありがとうございます! アルカネット、本当に携帯なため周りにプレイした人が少ないのが私もギギギってなっています。友人にもPCゲーになったらやるよと言われてまたギギギギ…。なったらいいですね…! 同人誌はまた出したい気持ちはあるのですが、なにしろマイナーすぎるためどうなるかはわかりません。でもまだまだ絵とかは描きたいです。

 10月15日1時と10月16日16時のかた うわあ、インフォメ前によくアルカネット本通販開始に気づかれましたね…! 本当にありがたいことです。ありがとうございます。敬一郎さんの若いころのイケメンぶりは萌えますよね。おっさんの敬一郎さんもイケメンですが…!

 10月17日23時のかた 茶ナノたんのほわほわかわいさは永遠に不滅です! 私も狗アニメ、せめてナノたんがかわいければもういいや…の境地になっています。

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

B,sLOG12月号 ネタバレ

後藤羽矢子です。

スパークで出したジュリジャン本「XYZ」とらのあなに入りました。
よろしければよろしくです。

B,sLOGゲットー。
あんまり目新しい情報はなかったけど、けっこういい記事がありました。

ラキド記事、エロスチルはCool-Bのルキジャンミラープレイのものですが、エロ禁のB,sLOGでは体の部分にバーンと記事枠が乗せてあって、イケナイモノ感が漂っていました。
そして描きおろしのイラストは、badeggのGDジャンさんの半裸絵でしたが、鎖骨の部分にCR-5のタトゥーがないことを強調。
ラキドのスチルで時々タトゥーの抜けがあったりしたので、あえて矢印を添えて「これ描き忘れじゃないんですよ!」とアピールしたのでしょうか。

ということはGDジャンさんは、途中でCR-5を裏切るとかではなく、最初からGDにいる人…完全にパラレルストーリーということなのでしょうか。
なんか、ちょっとホッとしたというか、そのほうがいいよね…みたいな。
やっぱりジャンさんにはCR-5を裏切って欲しくないよ。

あと巻末に咎狗アニメ特集。
緑川さんと岡野さんのインタビューがあって、のっけから緑川さんが「絵が綺麗で動いていれば言うことないですよね!」とか言ってて「うう…」となる私。
このインタビューの段階で僕らは色がついたアニメーションを観ていませんが」とも言ってて、そうだろうな…と納得。

そして3話でちゃんとイグラのルール説明がされるそうです。よかった…とも思いましたが、イグラのルールってすっごく参加側の性善説に頼られたルールで、ズルしようと思えばし放題って言うか…このへんをまたアニメ観た人がツッコむのかと思うと胸が痛い…。

あと記事のなかにアニメの絵コンテ表紙が載せられていたのですが、第二話の表紙がアキラの乗ったバンを追いかけてくケイスケで、それが一番面白かった。そして絵もよかった。このテンションが本編にも反映されればな…と思いました。

アニメといえぱ、私が先日の記事で「アニメに関してあんまりネガな感想しかない場合感想書かないかも…」と漏らしたところ、感想続けてくださいとのコメをいくつかいただいたのでアニメ感想は続けることにします。ファン同士いいところも悪いところも共有したいものです。

拍手お返事。反転してます。

9日 21時の方 原画が多いほうが統率がとれていない…って確かにそうですね。アニメ作りって本当に大変ですね…。今後はもう少しいい方向に向かうといいですねー。

16日 19時の方 アニメ感想続けることにしますね。できるだけ笑えるツッコミっぽくできるよう心を軽くして頑張りますー。

18日 1時の方 確かに言いたいことって多くの人と共有したいですよね。だからアニメ感想書きますね。次の予告も楽しみですねー。

22時の方 アニメのスタジオのことってあまりよく知らないんですが、ピクマジって「鋼鉄三国志」のとこらしいですね。それを観ていた松本さんは「鋼鉄のほうが笑えるぶんだけマシだった」と言ってましたw今後立て直しして欲しいですよね。あのキワキワ具合は現場を知らない人間にも緊迫感が伝わってきます。頑張って欲しいですよね。

20日の方 あー…すいません。やっぱりフレッシュなものにはテンションが高くて…咎狗に関しては心の殿堂入りなので冷めることはないです。冷めてたらあのアニメを最後まで観ようと思いませんデス…。

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

ジャン誕SS ベルナルド編感想

後藤羽矢子です。

そわそわとジャン誕SSの更新を待つ日々。
だいたい4日おきの目処がたってたので、今日も朝からまだかなまだかなと待っておりました。
そしてキタ!一気に2話!

大荒れが予想されるバースデーパーティを前にアンニュイなジャンさんが、各種映画の台本を見ながらエロ夢を見てしまうという筋立て。
前回のSSを読んだ時点で、どうもホモを隠しているというわけでなく完全ノーマルジャンさんルートっぽかったので、夢オチかなーと思っていたのですが、まさか、こう来るとは…。

本当に予想をいいほうに裏切るラキドSS…。

冒頭「山月策」と書いてあるけど「山月記」のパロなのか…?よく知らんけど。
怪しい古道具屋を営むベルナルドのところへお使いに来るジャンさん。
どうも店を訪ねるたびにベルにやられていて、ベルを見ただけで体の奥が得ずいてしまうほど慣らされてるらしいのですが、それを隠して平然と振舞おうとするジャンさんがカワイイ…。

そしてまたまんまとやられてしまうジャンさん…しかも媚薬まで使われて…。
しかしあの媚薬、熱痒くなるみたいだけど、そんなものを舐めてベルナルドは大丈夫なのか?大丈夫、問題ない、みたいでしたが。
そういえば恒例の小ネタはさみ、「ゆっくりしていってね」とベルナルドが言ったときはブッフォ───ッとなりました。絶対近々「大丈夫だ。問題ない」が来るに違いない…。そしてそのセリフは絶対ルキーノが言うべき。

それにしてもベルナルドはセリフまわしが秀逸だと本編から思っていましたが、今回はパラレルだけあって、いつにも増して持って回ったセリフがツボに入りまくりました。

「俺の逸物では勝てない越えられない壁なのか」とか「やはり舶来の薬は恐ろし。これは店では売れないな、放っておくと世の中が乱れる」とか!
この「恐ろし」がすごいキタ。完全にベルの声で脳内再生されます。

それにしてもジャンさんの「痒いんだよぅ」とかの語尾が小文字になるとこ最高にカワイイよね…。なんか甘ったれっぽくて。今回の喘ぎ、全体的に甘えたカンジで萌えすぎて具合が悪くなりそうでした。
そしてジャンさんの一人称がだんだんヘロヘロになっていくところも最高。
ジャンさんの一人称…というかラキドの文体って不思議な味わい。
あの妙に息継ぎの多いセンテンスとか。SSのときのみの味わい。

ハア…こんな愉快で萌えるものを惜しげもなくサービスしてもらっていいんだろうか…。
本当にありがたいことです。

そして次は誰がなんのネタでくるのでしょうか。
通常のパターンならルキーノですね。
ネタはやっぱりコテコテの西部劇でしょうか。カリブの帆船ものもアリっぽいけど。というかジュリオは何がくるんだ…!それを思うと動悸がする…!

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

咎狗アニメ 第2話

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ第2話観終わりました。
OPに若干のつけたしが…EDが毎回変わるとは聞いていましたが、OPもこのまま少しづつ変化というか完成に近づいていくのでしょうか。

絵のほうも見慣れたのかなんなのか、1話よりややマシに感じました。

廃喫茶店にはいって、濡れたブルゾンをソファーに放って自分は床にしゃがみこむアキラたん…何故…ソファーに座ればいいのに…。
ケイスケと合流してリン登場。リンの動きはなかなかいいカンジですが、ちょっと顔がキモい…。

リンの薦めでビトロ城に行って、話聞いて、結局参加しないケイスケ…。
このへん観てて「うぐ~~」となったのですが、やっぱり作画より何より一番よくないの脚本だと思います。
確かに原作通りです。原作通りなんですけど、そこはもう少しタイトにすべきだし、ここでイグラの説明とかいれるべきじゃないですかー。
私はここで絶望先生の「原作通りだから!」のネタを思い出しました。
とにかく、これゲーム知らなかったら、めっちゃくちゃタルいと思う。

主人公であるアキラのひととなりが全然わかんないし、アキラとケイスケの関係性もわかんないし、イグラのルールもわかんないし、何もかもわかんない!
説明って確かに無粋だけど、説明しなきゃなんないことってあると思います。

ブラッシュアップどころか、原作のあまりよろしくない部分を拡大しちゃってるカンジ。

唯一面白かったのが予告のアキラとケイスケの自虐ネタでした。

1話はわりと心を無にして観れたんですが、2話は言いたいことが噴出してしまいました。
でも最後まで観ます。
そしてあまりにネガな感想しかない場合、この先は感想書かないかもしれないです。

本当にこのタルさで1クールでまとまるのだろうか…。

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

スパーク御礼とハロウィンナノたん

 松本蜜柑です。

 遅くなりましたが私からもスパークに来てくださった方に御礼を申し上げます。

 じつは私のアルカネット本は、交換しないといけないような乱丁でこそないものの、自分にとってはそれに匹敵するほどのヘタを打っております。
 それはコミスタの出力設定をミスして本当はトーン処理したところがぜんぶグレスケになっているというものなんですが、つまりこう、トーンのつぶつぶがなくなってすべてのっぺりした塗りみたいな画面になっているという状態に。ただでさえヘタレな絵がのっぺりしたグレスケ処理でますます際立ってしまって、もう……。
 今までにもこういうミスはひとつの本で1~2ページくらいやっちゃったことはあったのですが、さすがに一冊まるごとというのは今回初めてで、しばらくどよんど状態でした。救いは後藤さんのページだけは完成原稿を貼りこんでいるので無事だったということです。
 そんなわけで、ガックリなのですが、でもそれでも出せてよかったと思います。
 マイナーなジャンルの常で、ほんの少数だけれどもすごい熱い人々が買って行ってくださったように思います。

 アルカネット本は書店委託もしております。とらのあなアニメイト(リヴィスタ)メッセサンオーリブレットでたぶんそろそろWEB通販も始まっているところもあるかと思います。
 当然アルカネットのカテゴリーなどはなく、その他とかになっていますので、サークル名「蜜柑堂」などで検索してみてください。

 ところでアルカネットのボイスドラマですが、後藤さんも同じようなことを書いてますが、私も先行配信のものは買いません。あれは料金から判断するに、どう考えてもやっぱりCDは買わない携帯ユーザー仕様ですよね。
 CDはもちろんは鼻息荒くガチ買い予定です。

 そのCDのカウントダウンボイスも、今日ついさっき3回目が来てたましたが、悠斗ちんのボケボケぶりがますます冴え渡っててかわいいなあ!
 あと2回目の倉江の執事っぷりがもう、「高鳥家の執事たるもの、これくらいできなくてどうします?」とか言いそう………倉執事! 倉執事か!
 あっ私今すごくうまいこと言いましたね!(どや顔で)

 そんなわけで、今日はほかにラキドのジャン誕の続きとかも来ていろいろ来すぎてドキドキ息切れ状態です。
 関東では深夜に咎狗アニメが来るのもまたいろんな意味で鼓動が早くなる…!

 とかそういう話題とはなんの関係もなくナノたんのハロウィン絵をらくがき↓
 ふだん年中行事にはほとんど乗りそびれるのでちょっと早いけどもう今ハロウィンです。

 かぼちゃのランタンとかぼちゃぱんつをごっちゃにしているナノたん。

101015nano

 ナノたんといえば、茶屋町さんの『CHAYAMATCHI CHiRAL WORKS』の中の淵井さんの書き下ろし文章のナノたん絵がかわいくて萌え死にました。ってずっと感想書きそびれてた!
 茶ナノたんだけど本編後だし黒く染める前なのかなあ、まだアキラたんもちょっとぎこちないくてかわいいなあ。
 久々にかわいこぶるナノたんを見られてもう本当に萌え死んだ。

 拍手レスは次回に!

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

アルカネットボイスドラマ配信

後藤羽矢子です。

今日からキラモバで偽りのアルカネットのボイスドラマが配信されました。

これは11月に発売されるドラマCDを細切れにして再構成したものらしいです。
とりあえず発売より先に聴けるという利点はありますが、全話ダウンロードしたら、CDを買うのと同じくらいの値段になります。
ちょっと高くね?と松本さんと言い合ったのですが、松本さん曰く「最近は音楽も全部携帯で済ますって人も多いから、純粋にそういう人に向けての商売なんやろなあ」とのこと。

で、私たちはやっぱり普通にCDで欲しいので、さすがに同じものに倍のお金を払うのはキツイ。
それでもやっぱり聴いてみたいので「ぜ、全部は落とさないんだからねっ!」とツンデレのココロモチで、1話と2話をダウンロード。

しかし…1話短っ!!!
敬と悠斗がガヤガヤしてる浅草で少し会話しただけで終わりじゃん!
2話はそれより少しは長かったけど、あんまり話は進んでいません。
まあ悠斗が可愛かったからいいけど…というか悠斗ボケキャラというかツッコミ待ちキャラになってるな…。

聴いたあと私は松本さんに「携帯だけで済ます層がいるとしても、こんな細切れをブツブツ聴かされるのイヤじゃないのかな」と言うと
「たぶんだけどDVDも4話いれて倍のお値段より2本で安くしたほうが買うほうも手をだしやすいんじゃないかな」といちいち的確な答えをれます。

納得はしましたが、やっぱりあとはCD待ちにします。エッチシーンとかすごくすごく気になるけど、落としたら負けだと思ってる!

しかし内容は短いですが、演出は面白かった。やや大仰なナレーションとか感傷的なBGMとか敢えて昼メロ的演出をしてるカンジで。
このナレーション部分はたぶん配信のみの演出だと思うので、それが聴けただけでもよかったです。

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

ジャン誕SS 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

スパーク楽しかった…。
うちのスペースにお立ち寄りくださった皆様、どうもありがとうございました。
差し入れもありがとうございました。いま食べてます。もぐもぐ。
今回一人売り子で、初めてのことだったので、スペースを空けるということが怖くてできずにトイレを無闇にガマンしていたりとちょっと危機的状況もあったのですが、松本さんの友人が松本さんのスペースを見てくれる→松本さんがうちのスペースを見てくれる→という連携で何とかトイレにも買い物にも行くことができました。フー。

そしてジャンさんの誕生日なわけで…公式にSSキター!!
しかも連載!ヒャッホー!

一行目でいきなり
「……諸君。どうやらこの中にホモがいるらしい」
ってきてブッフォアってなりました。
CR-5ホモ巣窟疑惑を何者かに広められて、みんなでどーすんかーと意見交換するお話。
去年のジャンさんの縁談ぶっ壊し事件が発端になっているらしく、つまりその続き…ってことですよね。あのときはジャンさんが誰かとデキてることは匂わせていたものの、誰ということは結局明かされないまま終わったのでした。
てことは今回もそうなのかなーと思ったのですが、スタッフブログを見たら「そして、そして、待望の幹部とのHシーンも・・・?!」と書いてあり、一気に鼻息が荒くなりました。

だ、誰と…!と思ったのですが、それはやっぱりアレでしょうか。ここまでがいわば共通ルートでここからそれぞれの幹部の話に分岐していくのでしょうか。アニバーサリーCDのように。
それはもちろん全然アリです!というかそれ以外ないよね…。

しかしそれを含んで読み返すと、全員のしらばっくれぶりに笑いがこみ上げる…。まあジュリオは相変わらず腹芸できてないけど。ジュリオがやたら萎れてるのは、ルートにはいらなくてもジャンに片想いしてるからかなあ。
萎れたジュリオの靴をテーブルの下で蹴ってウインクしてあげるジャンさん、秘め事っぽくて萌えるー…!
それと、「あんときてきとーに一人ふたり選んどくべきだったかな…」と言うジャンさんに速攻で反論するベルナルドとかおもろー。内心すごく慌ててたんだろうなあと思うと。
あとやたら女に不自由してないアピールするイヴァンとか。
そういう意味ではルキーノが一番ポーカーフェイスできてるかなー。

それにしても。
他の幹部ってわりと気づいてるよね?

ジュリオルートではルキーノが気づいてるし、イヴァンルートではジュリオが気づいてるし、イヴァンは…鈍いから気づかないだろう…。
それを踏まえて読むと、またさらに味わいが…。スルメのようです。

そんなわけで次回が楽しみです。あーワクテカ。

そしてジャンさん103歳の誕生日おめでとう!

| | コメント (0)

2010年10月 9日 (土)

スパーク インフォメーション

後藤羽矢子です。

明日はスパークですね。
前日なので最終的なインフォメーションをまとめてします。

ラキドスペース Y24b いぬみみ

新刊 ジュリオ×ジャンのエロ本「XYZ
偽りのアルカネット本「アルカネット讀本

既刊は私のジュリジャン本「食前酒 食後酒
松本さんのベルジャン本「ほんとうにだめなひと
ただ松本さんの本はいま6冊しかないそうです。

松本さんはトリコスペース に-40a 蜜柑堂 にいます。

こちらには、トリコ本の既刊とよつばと本の既刊、あとアルカネット本が置いてあります。
お互いのスペースに一人しかいない状態なので、もしかしたら買い物などで少し留守にする時があるかもしれません。
私も夏にキラルもラキドも回れなかったのでちょっとガルガルしてるんです…。
はあ…楽しみです。

そんなわけでよろしければよろしくです。 

| | コメント (0)

咎狗アニメ第一回

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ一話め、リアルタイムで視聴いたしました。
おおまかな感想はほぼ松本さんと一緒です。

ここの過去記事で何回か「たとえ黒歴史になってもいいからアニメ化して欲しい」と書いてきました。しかし「黒歴史」の部分まで叶ってしまうとは思いませんでした。
私たちははなから、あんまりクオリティの高いものにはなんないだろうなーとやや達観しており、「カオスヘッドよりマシならいいや」ぐらいに思ってたのですが、まさかカオヘよりアレとは…。

とにかく作画のアレさやOPの未完成ぶりなどは、MBS組のネットの反応などですでに知っていたので、覚悟をして観ていました。

冒頭ナノたんが高みから飛び降りるあたりはわりといいカンジで「あ、思ったよりひどくないかも」と思いましたが、それも一瞬でした。
松本さんも書いていたように、作画の気合いにはあからさまに優先順位があって、すべての気合いはシキさんに注ぎ込まれており(それでやっと目を背けずに観られるレベル)次にナノたんとアキラのどアップあたり。
で、アキラが刑事に尋問を受けるとこやエマの使いの男二人にトシマに連行されるあたりはたぶん一番どうでもいいところで作画も地を這っていました。
まきぞえを食ってアキラたんの顔もここらへんが一番ひどいです。

でも刑事が倒れたアキラたんを蹴っているところなどは、カクカクと小刻みな動きが「えいっ☆えいっ☆」みたいなカンジで可愛く見えなくもない…かもです。(←よかったさがし)

まあ人手も時間も足りなかったんだろうなーと思いつつEDロールを見て愕然。
原画すごいいっぱいいるんですけど…。この人数で何故アレ…。

絵以外でも、作品全体に漂うややダサスメルとか、圧倒的に世界観やアキラのひととなりの説明が足りないところとか、ツッコミどころは山ほどあるんですが、とりあえず最後までつきあう所存です。毒を食らわば皿まで…って毒かよ!

| | コメント (0)

咎狗の血アニメ初回みた!

 松本蜜柑です。

 咎狗アニメたった今観ました。
 そして頭の中をまとめもせんとこれを更新しています。

 えーと、とりあえず、アニメの出来としては、すいません、ほとんど褒められないです。

 すごい時間が足りなかったみたいな感がひしひしと感じられます。ていうか本当に足りなかったんだろうな……。
 漫画描いてても、ものすごい時間が足りないとき、めんどうな背景とかモブとか線描いてトーン貼っただけになって、演出もなんかマルチョンで描いてたネームにひと手間加えられなくて残念なかんじになりますが、もうなんかまさにそんな雰囲気でした。

 それでも、ここだけは!このキャラの見せ場だけは!みたいな大ゴマだけは気合を入れたりするものですが、それもまさにそんなカンジで、シキさんの登場はちょっと吹きました。
 通りのむこうのほうから現れて近づいてくる影、ざわめくザコたち……、まではすごい残念クオリティなのに、シキさんの顔が出てザコたちをバッサバッサ斬りつけるとこだけはなんか美しいよ! かっこいいよシキさん! でもその後またすぐ残念な絵になる。この落差が見ていてつらいです。

 私はわりとアニメは毎期いっぱい観るほうなんですが、もちろん一話だけ確認してイマイチなものはその後観ません。私が咎狗ファンじゃなかったら、これは次もう観ないかもしれません。

 でもファンだから観ます。
 できれば次からはもうちょっと時間をかけたものが観たいなあ。べつにOVAレベルのものを期待しているんじゃないけど、ニトロ系のアニメがこのところブラスレイターファントムと良作続きだったので、やっぱり咎狗がこうじゃつらいなあ。

 あ、でもナノたんはちょっとかわいかったな!
 あとアキラたんのアクションシーンは、演出とかカメラワークとか全体にショボいですが、戦い方はわりといいかんじでアキラたんが強そうです。

 だいたいそんなかんじ… 狗アニメ日和…

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

襲い受けの美しき和装年増…

 松本蜜柑です。

 もうあと数時間で咎狗アニメ(と思ったら明日だった…)なんですがその前にダッシュでクルビ11月号のアルカネットのことで更新をー!、と思ったらもう後藤さんがしてた罠。一昨日から怒涛の更新になっています。
 なんか私たちはここ数日後藤さんのラキド本のシュラバで一緒にいたので、だいたい感想が二人の間で煮詰められてシンクロしちゃってるんですけど、考えてみたら耳はわりといつも同じ内容のことをちょっと違う言い回しでグルグル言い合っているだけなので、もういいか!

 そんなわけで激待望のクルビ11月号のアルカネット栄受SSですが、本当に、なんの逃げもなく、どうとでもとれるようなぼかし表現でもなく、超絶あたりまえみたいにハッキリキッパリ敬×栄濡れ場ありです。
 ここまでキッパリしたのが来るとは感動です。
 育った敬はりりしい青年になっているし、栄さんは和服美人です。

 そして、後藤さんも書いていますが、本編と受け攻め逆転していてもなんの違和感もありません。むしろ自然なかんじがしました。
 本編時の敬はぶっちゃけ山出しの小僧で、経験値ゼロの子供であり、父親ほども歳の離れた性的に奔放な男相手に攻められる器ではないというか、そうなるとすればそれは栄さんのほうに相当な余裕があってリードされるような状況しかありえませんが、本編のその時には栄さんにまったく精神的余裕がなかった……。
 でもあの最初の栄×敬も、あれはあれで私はすごく好きなのです。
 いつもどこか余裕ぶって韜晦している都会的で洗練された身分の高い男が、身も世もなく、年端のいかない少年、しかも唯一の親友と唯一の愛した女の間にできた子供に許しを乞いながらすがりつくとか、すごく萌えるじゃないですか。

 それでですね、その本編中の最初のときがそんな具合でですね、すぐ別れ別れになって、たぶん二人は再会するまでは一度も交わっていないはずなんですよ。sweet poolほどタイトなスケジュールではないものの、少なくともふたりの最初の一夜から別れまではそんな機会はたぶんなかったはずです。

 え、じゃあ、再会して最初の一回目は、どういうことになったの?

 当然気になりますよね。
 腐女子たるもの、最初の一回が気にならないわけないですよね。敬と栄さんは両面やっているので、そういう意味では「はじめて」が2回あるのですよ。
 おとく!
 なんておとくな!

 後藤さん同様、私も基本的にリバ志向はそれほど強くはないのですが、これは萌えざるを得ない……。

 と言っておいてアレですが、今回のSSはその再会後の最初の一回ではなく、すでにある程度こなれた二人でした。
 でもすごい襲い受な栄さんと、もう子供じゃなくなった敬が、なんかいろいろ世間的しがらみの中で寄り添っているのがすごく萌えました。
 あとちょっと下世話な萌えでもあるんですけど、敬一郎さんが息子と親友の関係に困っているらしいのが萌えます。自分の親友と息子がデキちゃって、しかもあきらかに息子のほうが入れあげているのを見る父親の心境とはいかばかりか……そのうえ自分が親友に昔した仕打ちを考えると引き離すこともしにくい……とか敬一郎さんのことを想像するとすごい楽しいな!

 今後再会後すぐの栄さんと敬を見る機会があるのかどうかわかりませんが、あったらいいなあ。

 そこは同人なので、自分で妄想したり描いたりするのも楽しそうですね。

 SSについていた襲い受け栄さんの和服が素敵だったのでちょっとらくがき↓

101007sakae

 キラルモバイルの描きおろし待ち受けにも和服の栄さんがありますよね。栄さんはスーツも似合うけど和服のほうが萌えます。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

Cool-B11月号 栄SS 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

本日二回目の更新。入稿ハイで無駄にエネルギッシュな私。

今月のCool-Bは表紙は咎狗アニメだし、ラキドはエロスチルがきたり、いろいろ美味しかったんですが、今月はアルカネットの栄さん受けSSに尽きました…。

実をいえば私も主人公総受け派でリバはちょっと苦手だったりするのですが、何事にも例外というものがあります。
栄さん受けに至っては萌えた。そういうことなんです。

というかリバって攻めが受けにまわるとキャラにブレが出たりするのが苦手な一因で、俺の下であがけのように受けだろうが攻めだろうがまったくキャラがブレなかったら全然大丈夫です。
そういう意味で栄さんは、最初っから受度高いというか、地の文で「貞操観念が低い」などと書かれてしまうような男でも女でもなんでもオッケーみたいな股間ゆるキャラで、そんな栄さんが受けになるのはある意味自然です。

というか本当に敬が攻めキャラだから…。
もしかしたら、ルート内での濡れ場、あれも朝チュンで肝心なところを全然描写してませんが、栄さんの年上プライベートレッスン系導き受けだったのかなあと思ってしまいました。
それはそれで萌える。
でも最初の一回はやっぱり敬受けがいいけど。

SSのお話はというと、日本に戻って小さな家を買って一人暮らししている栄さんのところに敬が入り浸っている小話。
5年経ってすっかり大人になってしまった敬。自分のもとから逃げた栄さんを捕まえるために狡猾さも身につけて変わってしまった敬を少し残念に思いつつ、そのことに悦びも感じる栄さん。

作中、何回か「面白い」という形容がでてくるんですが、栄さんに入れ込む敬に困っている敬一郎さんを面白がるのは当然として、栄さんの言葉に喜ぶ敬や栄さんを抱きながらすがりつく敬の必死さを面白がるのはいかにも栄さんだなと思いました。
それは栄さん本来の享楽的な性質もあるだろうけど、少し精神的に距離というかゆとりを置こうとする大人のズルさでもあるなと思いました。

でもそんな栄さんのズルさも敬の真摯さに引きずられてしまうんですが。

エロのほうは、本当に逃げも隠れもしない栄受けでした。
自らを指でほぐして敬の上になって挿入ですよ。
いやー色っぽかった…。和服エロ。

そんなわけで今回は松本さんと栄さんについて延々と喚き続けてました。
思えば、私の「美人攻め萌え」と「百合ップル萌え」と松本さんの「おじさん萌え」「父性萌え」のすべてが奇跡的に融合しているキャラ栄さん。萌えないわけがありません。

そんなわけで、もうしばらくアルカネット祭は続きます。

あ、そういえばアルカネットボイスドラマのサイトでカウントダウンボイス始まったんですけど、敬の声がチンピラっ気の抜けたジャンさんでした。
でもさっき栄ルート読み直してたらもうその声で脳内再生されるようになりました。

あ、それとCool-Bの付録のDVDにアルカネットのPVがはいってますが、公式で観られるのと違いボイスがはいっているバージョンです。
気になる方は是非観てください。と、せっせと布教。

| | コメント (0)

C C W感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

いよいよ咎狗アニメですね。

私はTBS組なので明日ですが、昨晩は狗アニメを観る夢を観てしまいました。どんだけ…。
なんかシキさんの髪がすごい増量されてて「シキさんの髪がうざいなー」と観ながらぶつぶつ言っている夢でした。

とにかく明日あたりは狗アニメ祭になりそうなんで、今日のうちにまとめて更新。

遅くなりましたがCHAYAMACHI CHIRAL WORKS買いました。

表紙でまず萌えてねぶねぶと眺め尽くし、一枚一枚舐めるように見ていったので、観終わるのにえらい時間がかかりました…。
とはいえイラストじたいはほぼ見たことあるものだったのですが、大きい絵ってやっぱりいいですね。
そして描きおろしのイラスト&淵井さんのポエムはやばかった…。
咎狗コミカライズにはカップリング要素がないので、全員のED後カプ絵というのに、まずすごい貴重なものを見たような気分になり、またそれの一枚一枚が萌え爆弾連続ってカンジで…。

シキさんはどのEDともとれるようなぼかし方がいいですね。アキラが白いシャツ着てるからED3のようでもあるし、ED1の廃人なりかけをどうにもできず見つめるだけの状態みたいにもとれるし。
それにしても他のカップルがみんな会話劇なのに、シキさんだけアキラの一方通行なのが切ない。
シキさんは自分の前を行く者しか見えてないんだよなあ。
ナノの血を取り込んだシキさんは自分が頂点になったことを理解できたから、やっと後ろを振り返ってアキラを見つめることができるようになったけど、そうじゃないシキさんはアキラのことを振り返りもせずにゆっくり壊れていって…やるせない。

ナノ絵については松本さんに託します。

Lamento関係はフラウドの描きおろしがきて、やっと悪魔完成。できれば冊子の表紙で見たかったけど。冊子の表紙だったらフラウドの絵にはどんな特殊紙があてがわれたいたのか気になる。

あとほとんど見ることのできなかった。特典絵が収録されてたのは嬉しい。
すごく小さいけど、それはコミックスを買って特典もらった方々への配慮でしょう。
個人的に一番気に入ったのがLamentoのみなさんがかまくらで鍋を囲んでいる絵です。
雪まみれのライさんが素敵だし、鍋で煮えてる謎の生物がカワイイから…。
あとカキ氷食って舌をペロッて出してるアキラがカワイイ。
普段アンニュイな表情ばっかりなんでこういうあどけない表情見ると萌える。

それとコンビニLamentoの夏バージョンの絵が見開きで収録されてましたが、アキラの前に立っている空き缶タワーに「Kスケがつくった缶TOWER」って注釈が書き加えられていて笑いました。
「やっぱりー!」って松本さんと言い合いました。
ケイスケのせいなのにアキラがコノエに怒られてカワイソウ!しかしアキラも何も言い訳せずに缶をコノエに渡していてカワイイ。
あとでケイスケはアキラに平謝りして、アキラは「別に…」と軽く流すんだろうなあ。

なんかカワイイばっかりで頭悪い感想ですが、素敵でため息が出るような絵のほうが多数です。素晴らしいお仕事…。
今月はキュン!もあるし、茶屋町さんの絵がたくさん見られて嬉しい月です。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

入稿しました

後藤羽矢子です。

茶屋町さんの画集やCool-Bも出たのに更新できずにいてすいません。
同人原稿をすごい勢いでやってました。

そして無事入稿できました。
これでスパークはジュリジャンの新刊アリです。
ジュリオがジャンさんに耳元で隠語を囁かれてビクビクッてなる漫画です。

松本さんにバリボリ手伝ってもらったのでなんとかできたカンジです。

ちょいサンプル↓

Xyz14

去年のスパークで修正が足りないと言い渡されて、女3人でチンコを塗り塗りしてた記憶もまだ生々しいので、今回はきっちり修正しなきゃと思ってガッチリしたのですが、入稿したあと、このサンプル作るのにデータ見返してたら、一箇所まるっと修正し忘れてる箇所があった───ッ!!
急いで印刷所に電話してみたのですが、もう印刷しちゃってるとのこと。
またスパークにて会場修正決定……。
また同じ過ちをくり返す私…「君は馬鹿じゃないのか!」(@栄さん)って松本さんに言われてしまう…。
でもまあ一箇所だけなのでチャチャッと修正しますよ!

そんなわけで当日は直筆修正入りジュリジャン本「XYZ」をよろしくお願いいたします。

拍手お返事。反転してます。

9月8日の方 わわ…そうでした。あごひげナルドの絵気づきませんでした…。注意力散漫ですねー。ありがとうございました。でもベルナルドはやっぱりいまの受けうけしいほうがいいですよね!

29日の方 松本さんも書いていた通り、私たち二人ともまんまと栄受けに萌えてしまったので、もし次に本を出すことがあれば栄受け本になってしまいそうです。すいません!でもちゃんとアナウンスはしますんで!

30日 0時の方 SRXまだ全クリしてないので、カフェは行きませんでしたー。メニューはチェックしましたけど…ちんすこう&マンゴージュースってなんか卑猥ですね。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »