« ジャン誕SS ベルナルド編感想 | トップページ | ちょこっと紅天と時をかける執事@アルカネット »

2010年10月21日 (木)

B,sLOG12月号 ネタバレ

後藤羽矢子です。

スパークで出したジュリジャン本「XYZ」とらのあなに入りました。
よろしければよろしくです。

B,sLOGゲットー。
あんまり目新しい情報はなかったけど、けっこういい記事がありました。

ラキド記事、エロスチルはCool-Bのルキジャンミラープレイのものですが、エロ禁のB,sLOGでは体の部分にバーンと記事枠が乗せてあって、イケナイモノ感が漂っていました。
そして描きおろしのイラストは、badeggのGDジャンさんの半裸絵でしたが、鎖骨の部分にCR-5のタトゥーがないことを強調。
ラキドのスチルで時々タトゥーの抜けがあったりしたので、あえて矢印を添えて「これ描き忘れじゃないんですよ!」とアピールしたのでしょうか。

ということはGDジャンさんは、途中でCR-5を裏切るとかではなく、最初からGDにいる人…完全にパラレルストーリーということなのでしょうか。
なんか、ちょっとホッとしたというか、そのほうがいいよね…みたいな。
やっぱりジャンさんにはCR-5を裏切って欲しくないよ。

あと巻末に咎狗アニメ特集。
緑川さんと岡野さんのインタビューがあって、のっけから緑川さんが「絵が綺麗で動いていれば言うことないですよね!」とか言ってて「うう…」となる私。
このインタビューの段階で僕らは色がついたアニメーションを観ていませんが」とも言ってて、そうだろうな…と納得。

そして3話でちゃんとイグラのルール説明がされるそうです。よかった…とも思いましたが、イグラのルールってすっごく参加側の性善説に頼られたルールで、ズルしようと思えばし放題って言うか…このへんをまたアニメ観た人がツッコむのかと思うと胸が痛い…。

あと記事のなかにアニメの絵コンテ表紙が載せられていたのですが、第二話の表紙がアキラの乗ったバンを追いかけてくケイスケで、それが一番面白かった。そして絵もよかった。このテンションが本編にも反映されればな…と思いました。

アニメといえぱ、私が先日の記事で「アニメに関してあんまりネガな感想しかない場合感想書かないかも…」と漏らしたところ、感想続けてくださいとのコメをいくつかいただいたのでアニメ感想は続けることにします。ファン同士いいところも悪いところも共有したいものです。

拍手お返事。反転してます。

9日 21時の方 原画が多いほうが統率がとれていない…って確かにそうですね。アニメ作りって本当に大変ですね…。今後はもう少しいい方向に向かうといいですねー。

16日 19時の方 アニメ感想続けることにしますね。できるだけ笑えるツッコミっぽくできるよう心を軽くして頑張りますー。

18日 1時の方 確かに言いたいことって多くの人と共有したいですよね。だからアニメ感想書きますね。次の予告も楽しみですねー。

22時の方 アニメのスタジオのことってあまりよく知らないんですが、ピクマジって「鋼鉄三国志」のとこらしいですね。それを観ていた松本さんは「鋼鉄のほうが笑えるぶんだけマシだった」と言ってましたw今後立て直しして欲しいですよね。あのキワキワ具合は現場を知らない人間にも緊迫感が伝わってきます。頑張って欲しいですよね。

20日の方 あー…すいません。やっぱりフレッシュなものにはテンションが高くて…咎狗に関しては心の殿堂入りなので冷めることはないです。冷めてたらあのアニメを最後まで観ようと思いませんデス…。

|

« ジャン誕SS ベルナルド編感想 | トップページ | ちょこっと紅天と時をかける執事@アルカネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャン誕SS ベルナルド編感想 | トップページ | ちょこっと紅天と時をかける執事@アルカネット »