« 乙女の心 | トップページ | ラッキードッグ1 anniversary赤白本 感想ネタバレ »

2010年7月10日 (土)

ラッキードッグ1 anniversary ドラマCD感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ラッキードッグ1 anniversaryセット到着。

さっそく舐りつくしたのですが…ヤバイ、萌えすぎて頭がモーローとする…。とりあえず一回の記事で書ききれないことはひしひしわかったので、今回はドラマCD編。

久しぶりに連日更新するかなー。

とりあえず以下おりたたみー。

今までは2人1組だったドラマCDが今回は短いとはいえ4人全員。

次から次へとくる萌えの波状攻撃に心が処理しきれません。

プロローグで、ジャンが皆さんに「世界があと一時間で終わったらどう過ごす?」という話題を振って、そのお題をそれぞれが消化していく筋立て。しかしキャラが変わったところで、全員がジャンさんとらぶChuChuして過ごしたいのはわかりきってること。しかし同じ流れであろうとそれぞれの個性と中の人の演じ分けで、違う味わいになってて、なおかつすごい美味しいものになっていました。

ルキーノ…満を持してガーター取り出して…。わざわざオーダーメイドってこだわってるなあ…。それにしてもガーターを着ない代わりにお互い口でしたって、意外とストイックですね。シックスナインなんてデフォルトかと思ってた。

それにしても今回一本ごとの時間が短いせいか全員早い…。ルキーノまでもが早くて、私が「はええな…」と心で呟いた瞬間、ジャンも「なんでそんな早いんだよ…」ってツッこんでたのでブッとなった。なんでも風呂場で扱いて高めていたとのこと。「早いほうがお前を痛めずに済むだろ」って、それ紅天の今日丞の「乾いてると君が辛いだろうから」と同じレベルの俺理論やぞ…。

しかしジャンさんの「中に出して」には、頭が白くなるほどの破壊力があった…。
余韻もままならないうちにルキーノが「次はどんなのがいい?ブレザーとポリスはやったしなあー」と爆弾発言。ブレザーはルキーノ誕生日SSで見たけどポリスもやってたんかい!当然男ものの警官の服じゃねーよなあ…。婦警だよなあ…。

ルキーノさんパネエっス!

イヴァンとジャンはできててもできてなくても、カワイイなあー…。ジャンのふてぶてしい態度もステキ。それにしてもプリンスエドワード島に行きたいって乙女なイヴァン…。「あの村って実際にはないんだよなー」とか言ってたけどそれデイバンもじゃん…。

そしてイヴァンをからかって墓穴を掘って襲われるジャンさん、いつもそうなるのに、からかうのやめられないんだね。
しかし、イヴァン、またノー前戯なうえにちょっと入れて暴発って、どんどんひどくなってるぞ!ジャンさんもそういうところを許しつつも「今度はもっともたせろよ」とかちゃんと要望を言ってるところがイイですね。そしてジャンさんは自分たちがジジイになることを何も恐れてないところが素晴らしい!イヴァンとジャン、ジジイになっても、たぶんずっとダチでいられるからだろうな…。清清しくて気持ちいい関係だなーと思います。

ジュリオは…パジャマ着るのに手間取ってボタン留めてもらうって…三歳児ですか!「こういう服慣れてなくって…」と言ってたけど、じゃあ今までジュリオ寝るとき何着てたんだろう…裸?そしてジュリオがTシャツ着てたのはボタンを留める必要がないからなんだなあ…と再認識。
なんとなく予想してたけどもジャンさんが死ぬことを想像して、えぐえぐ泣き出すジュリオ…。可愛すぎて変な脳汁が出てきた…。「すびばせん…ジャンさん…」とかもうダメ…!カワイイからジャンさんが欲情しても当然だよね。しかしこんなラブなシーンにも「すごく…大きいです…」とヤマジュンネタを容赦なく盛り込んでくるし…。
もうどっからツッこんでいいかわからないよ!
しかしジュリオのをおしゃぶりしながら「頭撫でて」っておねだりするジャンさんとか頭眩んでツッこむ気持ちも吹き飛びます。
ジュリオのを一発口で抜いてからハメるジャンさん「すぐ出すなよ?一発抜いたんだから」って…ホントにみんな早漏なんだから…。
その後ジャンさんの出した精液をうっとり舐めるジュリオに「エロい顔しやがって…」と言うジャンさん…。私もジュリオのエロい顔見たいよ!
それにしてもジャンさん、ジュリオにてらいもなく甘い言葉を囁いて…ジュリオのことをなにかと王子様に例えてるけど、ジャンさんのほうがよっぽど王子だよ。糖度高くて糖尿病になりそうです。

そしてトリのベルナルド。タイトルの「Wet and Dry」って言うところで、まずブッてさせられました。
ベルジャンは会話がウィットに富んでていいなあー。胡蝶の夢の話持ってくるなんて、いろんな本を読んでるんだろうなー。
メニューで隠してキスをしたり、手をさすったり、いちいちいやらしいベルナルド。
そしてタイトルの「Wet and Dry」って何かと思ったら、ヌレヌレのチンコ&ドライオーガズムのことかよ!でもこのドライでイッてるジャンさんの可愛いこと…。イキながら「怖い」って呟いててジャンが可愛すぎて生きるのが辛い…と思ったらベルナルドまでもが「ジャンが素敵すぎて生きるのが辛い」とか言ってブッフォ───っ!ってなった。
なんでいいシーンにいちいちネタ仕込んでくるのー!笑ってまうやろ!

ネタといえば最後のトラックでイヴァンがジュリオに向かって「童貞のくせにバカにしやがってよぉぉぉぉぉ!」って叫んでて、
エデンの檻ネタキタ──────!!!!
しかもその後も「何がオチだよ!」とセリフが続いててさらに爆笑!
エデンの檻については、「エデンの檻 クンニ」で画像検索すると元ネタ画像が山のように出てきます。

そんなわけで最後に腹が痛くなるほど笑いました。
萌えと笑いがすさまじい勢いで行き来するこのCD、まったく素晴らしいです。

ただいつもはヘッドホンなしで聞きますが、今回ボイス部分がかなり小さい箇所(おもにエロシーン)であったのでヘッドホンしたほうがいいかもです。私もヘッドホンしてもう一回聴き直します。

明日は赤白本について。こっちもすごかったなあ…。

|

« 乙女の心 | トップページ | ラッキードッグ1 anniversary赤白本 感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乙女の心 | トップページ | ラッキードッグ1 anniversary赤白本 感想ネタバレ »