« ベル誕 | トップページ | 精飲 »

2010年6月16日 (水)

ベル誕SS

後藤羽矢子です。

もう絶対来ない、いくらなんでも来るはずがないと思っていたベル誕SS。
だから全く公式はノーチェックで、後からサイトめぐりで来てると知りました。情弱です。

慌てて公式行って、読んで、あまりの面白さに呆然とする私…。

なんか…すごい…そして一周年SSと合わせて、最近ベルナルド株が急上昇です。

のっけからエロオヤジ全開にしといて、読み進めるにつれていいとこガンガン見せてます。
ところでそのエロ状態のときですが、5回読み返してもいまだハッキリとわかんないんですが、ベルナルドは自分のはずしたゴムをジャンのケツにもう一回突っ込んだってことでいいのでしょうか。違うかな。…わからない。誰か教えてください。

それにしても、仕事で使う部屋で密会して、使用済みコンドームをバレないように持って帰るって、なんとも後ろめたくて生々しくてエロい。

打って変わってラストの、二人で飛行機乗るときのはしゃぎぶりが、ヴェルヌを愛読していた少年みたいな、科学と未来に希望を抱いてるキラキラ感があって、すごくジーンとなりました…。

しかしベルジャン部分以外もいろいろ読みどころの多い話でした。
イヴァンとロザーリア、あれフラグ立ってるよね。
ジャンに「イヴァン、おめーどうすんだよう」と聞かれて、自分はヤクザでお嬢はカタギはどうもならないという意味のことを言ったとき、あーもうお嬢に惚れてるわ、これ。と思いました。好きじゃなかったら、そんなんじゃないって言いますよね。立場が違うからどうにもならない、というのは自分の気持ちをそう言うことで納得というかごまかしてるってことだし。

まあイヴァンがそう言ったってロザーリアは納得しないだろうし、彼女の火の玉のようなアプローチがこの先展開するのだろう…。
普通、こういうのはかなりの地雷だから、公式で描かれることはないと思うけど…けっこう今までも規格外のことをやってのけてるてんねんだから、まったくありえないわけではないかもしれない…。私は読んでみたいけど。

それとロイドが地味に暗躍している…。
そして、B,sLOGのB級グルメツアーで言われてた金持ち情報が何気に伏線になっている…。次のB級グルメはマンマテレサなので、そこで一周年SSの伏線を拾ってくるかもしれません。本当にネタの仕込みが広範囲すぎます!

ところでベルナルドの部下がジョバンニって名前で、「書類は今晩中に用意します」って言わせてたのは、デスノの「ジョバンニが一晩でやってくれました」ネタ?

他にもベルナルドの護衛をするジュリオのかっこよさに眩暈がしたりとかイロイロあるのですが、そのへんはまた後日。

とにかくてんねん様のサービスぶりには、土下座する勢いで感謝です。

|

« ベル誕 | トップページ | 精飲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベル誕 | トップページ | 精飲 »