« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

コミックB,sLOGエアレイド ネタバレ

後藤羽矢子です。

全然公式での告知がなかったので、本当に更新されるのか…と不安だったLamentoコミカライズ。来ました!来てよかったー!ページちょっと短いけど…。でもいい!コノエたんに会えるだけでも充分!

今回はバルコノ回でした…!
話はぶっちゃけ、ほとんど進展してないんですが、宿屋に戻ってきて、ぶっ倒れたコノエたんを全員が心配するハナシ。こういう状況ではバルドにアドバンテージつきますね。看病の手管も知ってるし、何より「何も考えずに寄りかかってもいいんだよ」オーラを出してるので安心できるんですよね。アサトはマジ心配してますが、その心配ぶりが、コノエが逆に心配になりそうなほど思いつめてるし、ライさんのツンデレぶりは、ある程度仲が進まないと伝わりにくいし。
そんなわけで、うなされてるコノエに濡れタオル乗せてあげたり、頭を撫でてあげたり大活躍。この撫でられて少しうっとりしているコノエがかわいすぎる…!

それにしてもバルド、コノエの耳の色を「空雛のスープみてえな色してる」と言ってましたが、空雛のスープってなんぞ!?

Cocolog_oekaki_2010_05_29_00_30

こんなの?
そして廊下に置き去りにされてたのは、ライのために作った冷たい果実のスープでしょうか。さりげなく花をあしらっているの心づかいが憎いです。

そんなこんなでバルド、ライ、アサト、三匹の心の闇を暗示させつつ続く。
そして恒例、読んだ直後の猛烈な飢餓感…。
次回はほのぼのエピソード来るといいなあ…。苦しんでいるコノエはエロカワイイけど、やっぱり笑ったり楽しそうにしているコノエが見たい。

早く暗冬でキャッキャしてるコノエとアサトが見たいなあ…。

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

攻略する順番

後藤羽矢子です。

明日はpropellerの新作、「エヴォリミット」の発売日。
代引きなのに現在サイフに2000円しかないので、朝になったらお金をおろしに行かなくてはなりません。

東出祐一郎さんのシナリオは、少年漫画的燃えと攻略キャラ以外の女性キャラ全員に満遍なくエロがあるサービス精神と、ほんの少しの腐萌えがあるところがポイントです。

もちろん私はエロゲをやるときは、脳を切り替えて全力で女子萌えに臨んでますが、やっぱりこういう要素がちょっとあると嬉しいですよね。
私としては、主人公とファントムキラーさんの因縁めいた関係と風魔環太郎くんとのキャッキャウフフ的友情に期待しています。

ところで攻略する順番ですが、私はエロゲBLゲともに本命から先に攻略する派です。でも本命キャラにルート制限がかかっていることもあるし、紅天のように本命を狙ってたつもりが別のルートにはいってしまうこともあるので、あんまり思うようにできませんが。
そして何よりも、本命のつもりでプレイしたのに、終わってみたら別のキャラが本命になってたりということが往々にしてあるのです。
だから順番はじつはあまり重要ではないかもです。

とはいえ、気力や体力が充実しているプレイ始めのときに好きキャラをやりたいと思うわけです。
しかし現在知人がラキドプレイ中なのですが、彼女は「オヤジ好きとして、若くてチャラそうな人には多分ハマらないだろうと予想を立てて、オードブル的扱いで」イヴァンを一番に攻略したそうです。あーこういう考え方もあるんだなーと目ウロコでした。

ちなみに私は美人好きなので、美人を一番に攻め落とします。ラキドはベルナルドを最初に落としましたが、私の中で彼はオヤジではなく美人カテゴリだったのです。まさかあそこまで内面オヤジキャラとは思わなかった…。というかラキドはキャラの「思っていたのと違う感」が一番高いです。ほとんどいい方に裏切られてるので問題はありませんが。

とりあえずエヴォリミットは、カズナさんを最初に攻略しようと思います。

Cocolog_oekaki_2010_05_28_00_27

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

いままでなんとなーく、BOYS倶楽部から配信してる、ラキドのミニドラマについては書いてませんでしたが、(最初のひとつ以外は一応全部聴いてる)今回はいろいろと可愛すぎたのでつい…。
ジャンさんの手作りエビフライとか、オヤジに弁当食われて絶望するジュリオとか「オヤジーそんな意地悪言ってねえで~」というイヴァンのセリフが妙にかわいいとかイロイロあるのですが、最初の恒例ウソ予告の「スペース極道球団」がツボにはいってしまって…。

ああいう荒くれた場で、ベルナルドが最弱すぎて萌える…!
ぐほぉぁっ!とか言いながら吹っ飛ばされてる図が目に浮かびます。
RPGでいうところのステータスの割り振りが、ベルナルドは魔力高めのパワー低めだからしょうがない…。一番ステータスが均等なルキーノがあの球団では一番使える人だったんだろうな、きっと…。ジュリオは力関係はすごいけど、ヒット打ったら三塁側に走っていきそうな危うさが…。

それにしてもジュリオがモノにした魔球はきっとすごいものなんだろう…。

あ、何気に左利きに描いてしまった…。

Cocolog_oekaki_2010_05_23_10_10

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

かわいいかわいいコノエたん

後藤羽矢子です。

Lamentoがアリスクロス参入にあたって、波多野さんがブログでコノエの絵を描いているのですが、それがあまりにかわいくてクラッとなった。

絵は思いっきり、ビジュアルファンブック(Green Noteのほう)のゆーぽんさんのイラストをお手本にしてるのですが、少し目線を変えてハッ!みたいな表情にしてるのが芸コマだし、何より、Green Noteを傍らにおいて、コノエを一生懸命描いている波多野さんの姿を想像するとキュンとなる…みたいな。

そしてGreen Noteを久々に読み返して「コノエかわいいーかわわいよー」と松本さんの側でしつこく喚いていました。本当にまったく、コノエはかわいすぎて困る。

来週にはエアレイド更新でコノエたんに会えるかと思うとドキドキする…。
集英社がやってるヴォミックみたいに、漫画にあわせて声をいれてくれるような企画とかやんないかなー。

Cocolog_oekaki_2010_05_22_10_37

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

B,sLOG 7月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

B,sLOGゲットー。乙女最強NO1のB,sLOGをわずかなBL情報求めて買う私。

キラル的には「偽りのアルカネット」の配信が6月7日に決定したこと。あとアリスクロスにLamentoが参入決定したことぐらいでしょうか。
アルカネットは実際のゲーム画面と新キャラのお披露目。携帯ゲーってやったことないんだけどこんなふうになってるのかー。新キャラは主人公のオヤジと義母と実母。母二人が無駄に若く可愛らしく、エロゲだったら絶対これ攻略キャラだよね?とカンチガイしそう…と思ったら二人ともすでに故人でした。あーびびった。
まあ私はauなんですけどね…。docomoの彼氏に無理やりキラモバにはいってもらって、やらせてもらうという計画はたてていますが、今後のことを考えるとかなり苦しい。
松本さんなんか、auから乗り換えることにしたらしいです。すごいぜ!

Lamentoのカードゲームは買うかどうか微妙なのですが、とりあえずドーンと折込ポスター仕様の広告、コノエがリークスの仮面持ってる全員集合絵がはいっていて、もう何回も見てる絵なのにやっぱりちょっと嬉しくなってしまう。
まあでもカードゲーム的にはすごくフィットしてると思います。

ラキド関連は、B,sLOGの予告にスクープなんて書いてあったので、ドキドキしたのですが、こちらも新キャラのお披露目のみでした。
ホーマーの同期の捜査員とギャングな人、捜査員といってもこのノーマンという人は悪エリートみたいです。スーツがまた由良テイスト100%のボディコンシャスなライン…。ギャングのスカイスルさんは巨漢で褐色で寡黙な人だそうで、ラキドにあまりいないタイプでちょっと楽しみ。

デイバンB級グルメツアーは、ホーマーさんがベジタリアン料理をふるまってくれます。
アボカドペーストのサンドイッチとか白いんげん豆のペーストとか普通においしそう。
これに対して、いちいちホーマーが「マヨネーズがはいってるが、本来はアボカドとレモンだけで作るのだ」とか「コンソメがはいってるが本来は野菜スープと塩だけの味つけだ」と注釈を垂れるのですが、それって、ジャンの口に合いやすくしてやってるってことなんでしょうか。
そして話を聞いてるとホーマーは、直球で融通のきかない正義の人ってカンジです。
別件逮捕や任意聴取を姑息な手段と言ってるし、自分の正義を頑なに信じて振り回すウザさはあるものの善人なんだろうなあという気はします。
ホーマー萌えるな!
そんな彼をバコバコに犯したジャンさんはいい仕事してる!

それはともかく、次の案内人はマンマ・テレサだそうです。この連載はどこまで行くのだろうか…。しかしマンマ相手だとジャンが頭あがらなくてしおらしそうで、そういうのを見るのもまた楽しいかもしれません。

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

ドキッ☆男だらけのベルサイユのばら

後藤羽矢子です。

今日は声オタのアシさんが、面白いCDを持ってきてくれました。

ベルサイユのばらのドラマCDです。
あの池田理代子の名作少女漫画です。

何が面白いかというと、キャスト全員男なのです。
このメンズオンリーシリーズは他にも「赤毛のアン」とか「ロミオとジュリエット」など出てるのですが、
決してギャグでやっているわけではなく、話の作りも声優さんの演技もまったくもって真剣なのです。ちゃんと池田理代子先生も監修しているそうです。

で、このベルばらですが、主人公のオスカルは森川智之さん。まあオスカルは元々男装の麗人なので、声が多少男っぽくても無問題。
そしてマリーアントワネットがジャンの中の人で、フェルゼンがベルナルドの中の人なのです。ええええーーーっ!
あのチンピラフルな声で、皇女さま…。とかなりびびったのですが、聴くと普段から想像もつかないほどキーの高い声で、まあ男にしか聴こえないといえば聴こえないのですが、それでも声優さんの声幅の広さにすごい!!と感嘆。
それにアサトの中の人が演じるポリニャック伯夫人や、普通に男声のロザリーに囲まれていては、かなり可憐な部類の声だと思います。
ベルナルドの中の人は、まったくいつもどおりでした。

しかしフェルゼンとアントワネットさまのラブシーン(あんまりないけど)などは、ベルナルドとジャンの高度すぎるイメージプレイのようにも聴こえます。お姫様プレイ…。

さらにオスカルに恋慕するロザリー…二人の百合百合しい関係を男同士が演じる、この性倒錯…。「いじらしいほど私に想いを寄せていてくれたが、女の身ではどうしてやることもできない」というオスカルに、混迷の度合いが深まる私。もう百合なんだかホモなんだか…。

このように声優さんの演技は凄かったり面白かったりと楽しめたのですが、ストーリーはすごいダイジェストっぷりでアントワネットのDQN行動ばかりが浮き彫りになる仕様…。
さらに時間が一分一秒でも惜しいのか、フェルゼンが国に帰ることになって「また会おう」と言った10秒後に4年ぶりの再会──みたいなシーンが続いて、そのたびに腹筋が痛くなりました。しかし下手にストーリー全体を追うより、キャラとキャラとのエピソードだけを抽出、みたいな構成はいいと思いました。

フェルゼン×アントワネットの道ならぬ恋、オスカル→フェルゼンの片思い、ロザリー→オスカル、アンドレ→オスカル、みんな辛い恋ばかりだね…みたいなカンジでシメ。

そしておハイソムードから一転、キャストコメントでは、打ち上げの飲み会のようなフランク感に満ちていました。
そんなわけで、面白いシロモノではありました。
このシリーズは声優さんの凄さを再確認できるという意味でもスバラシイです。

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

なんかGIFTからラキドのぬいぐるみ出るらしいですね。あのシリーズはどうもUFOキャッチャークオリティで、いまひとつ食指が動かないんだよなー…と思いつつ公式に行って画像を見たら…ゲッ!やばっ!カワイイ!なんだろう…カラーリングの派手さがぬいぐるみという媒体にマッチしてるのでしょうか。とにかくカワイイ。全員カワイイけど…特にジュリオが……。

まあそんなわけで購入決定。ちょろすぎる自分…。

ところで、最近また何度めかジュリオルートをやってるのですが、何度やってもGDの小ボス、マックスの野郎の演技の下手さにイラつく……。
GDの雑魚連中は軒並み下手なんですが、やっぱりマックスが一番ヒドイ。
あんまりムカつくので、逆に脳に染み込んでしまい、最近は何かあったときに「うぎゃああああ(棒読み)」とマックスの物真似がマイブームになる始末。
けっこうクセになるので是非一度お試しください。

ところで、デュラララにジュリオの中の人が出るそうですよ!と放映が始まる前に声オタアシさんが教えてくれたのですが、最近テレビの本放送を全然追えない私はスルー。その後DVDを購入。観たら年若いチンピラの役。1話でバイクに思いっきり顔を轢かれてたので絶対死んだと思ってたら、6話でまるで無傷で再登場してたのでブフォッてなりました。
いや、まあそれだけのことなんですが。
デュラララは私は普通に新羅×セルティに萌え、あとあのオタク男女を含む4人グループにすごくキュンとなりました。こういうグループでワイワイやってるのにすごく弱い…。

それと拍手コメントで、りせいの湯とほんのうの湯を混ぜて紫色にして使ってるとのご報告が。私も今度試してみます。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

ニュータイプ買った

後藤羽矢子です。

ニュータイプ購入ー。10年ぶりくらいに買ったよ…。

咎狗記事は4ページ。見開きでドーンと、アキラ、リン、ケイスケ、源泉のショット。
アキラはタグを口に咥えて、胸元をやたら大きく開けてセクシーアピール。このアキラが今までのなかで一番たたなメソッドではあると思います。ちょっと線細いけど…。
というか私はいろいろ考えてしまった。たたなさんの絵だってガチムチじゃ全然ないのに、このアニメ絵は何がどう違って、こんな華奢に見えるんだろうかと。別に絵のメソッドとしてはそれほど大きな違いがあるわけじゃないのに。本当に不思議です。

このページでは、カンタンなキャラ紹介と、ストーリー説明。
次のページでは、シキさんが1ページ独占してます。さすがシキさんだ…。
シキさんは日本刀を手に不敵に見返り美人な絵でした。
そして次のページでは、紺野監督と淵井さんのインタビュー。
アニメ化の経緯は、監督がビジュアルファンブックの表紙絵に惹かれて手にとったのが始まりとか。そして咎狗をアニメ化したいというのも監督の提案だったというのに、ちょっと驚きました。すごい。そしてスタッフは咎狗ファンが集まってるとのことで、頼もしい気持ちになりました。監督は個人的にシキの二の腕萌えだそうです。

そんなわけで、アニメへの期待度がグッとあがった私です。放送日とかの情報は全然ありませんでしたが、ツイッタ情報では10月との噂が…わかりませんけど。
とにかく楽しみ楽しみです。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

いろいろ

後藤羽矢子です。

咎狗アニメ公式、更新されましたねー。そしてキャラデザの人は最初に松本さんが思ったとおり、ダンス イン ザヴァンパイアバンドの紺野直幸氏でした。Wikiによると石ノ森章太郎作品を多く手がけるか…へえーというかさっそくWikiの作品履歴のところに咎狗が書き加えられていたのにワラタ。

絵に関してはもうだいぶ見慣れたので、あとはもうダサくさえなければいいやのココロモチです。

あと、リブレのほうで謎な企画が…。Sprayとキラルのコラボムックって…。Sprayの絵師さんがキラルのキャラ描いたり、キラルの絵師さんがSprayのキャラ描いたりするのでしょうか。なんか面白いかも。このBLゲー氷河期を二大巨頭が手を組んで盛り上げていくのもアリだと思います。

そしてキラルのメルマガによれば、10日発売のニュータイプに咎狗アニメ情報ありとのこと。あー…これからわずかな情報を得るため、BL誌のほかにアニメ誌もチェックしなきゃいけないのかー。まあそのチビチビ感も楽しいんですけどね!

拍手お返事。反転してます。

3日の方 ジュリオは隠す気あんまりなさそうですが、ゲーム開始時から一貫して同じ態度なので意外とバレないかもですね。ドラマCDではルキーノが微妙に気づいてたっぽいですが。こういうバレエピなども今後の展開でやってくれたら嬉しいですよね。

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

りせいの湯

後藤羽矢子です。

松本さんが昨日の記事に書きましたが、私たちはキラルラボに行ってきました。

マネキンの哲雄とアキラにうひゃひゃと笑い、「Yo!AKIRA」の絵コンテに笑い、(あれ誰が描いたんだろう…外郎さん?)品物は少なかったですが、なかなか楽しめました。
私は入浴剤のほかに、なかまTシャツも買いました。まこTも欲しかったのですが、私が欲しいと思ったオレンジ色、サイズがSしか残ってなかったので断念…。Sは見ただけでパツパツになるのがわかったので…。
買い物を終えるとジョイが名刺をくれて、ちょっと話して握手などしてもらって帰宅。

しかし今日、ラボに波多野さんが来たとの情報が…ぐわああああああ!!
まあじつはツイッタで波多野さんをフォローしてるので知ってたといえば知ってたのですが、しかし神奈川のはずれでは、そこからダッシュで行っても間に合わなかったでしょう…。会えた人羨ましい…。

それはそうとして、私も「りせいの湯」を入れてみました。

Riseinoyu

普通……。
青い入浴剤はあまり珍しくないので「ほんのうの湯」のようなインパクトはないですね。
というか、松本さんは一人暮らしですが、私は家族と暮らしてるので、あの真っ赤な入浴剤を使えるか心配です。真っ赤にならないようにすこーしだけ入れればいいのかもしれませんが、そしたら入浴剤としての効能があるのかわかんないし…。

でも香りはすごくいいです。あとボトルの絵もかわいい!みんなフルーツ牛乳飲んでる!
そんなわけで、これからひとっ風呂浴びてきます。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

ほんのうの湯

 松本蜜柑です。

 私はすごいお久しぶりです。
 今日は後藤さんと二人でキラルラボに行ってきました。まだ並んでいたらどうしようと思いつつ開店してちょっとたったころに着いたのですが、後半戦だし商品がだいぶ売り切れているしで、店内に入りきるくらいのお客の入りでした。
 列がないのでゆっくり吟味しつつも、私は当初の予定通り入浴剤を購入。ジョイに握手もしてもらいました。

 そしてこれがぼんのう…じゃなくてほんのうの湯です↓

100505honnou

 びびるほど赤い。洗面器ですくっても赤い。一気に浴室が不穏なムードになります。
 私は鼻の粘膜が弱いので、顔を洗っているときにせんめんきに鼻血がたれてしまうことがままあるのですが、そんな色です。つまりまさに血の色なわけです。すげー。

 今日はさすがに両方は試していませんが、りせいの湯のほうは粉の色が超ド青かったので、きっとびびるほどの青い湯に違いないです。たぶんナチュラルでさわやかな青ではなさそうな予感がします。

 しかし私はこのほんのうの湯をいれてから、携帯で画像を撮ろうとしたところでキラルラボの帰り道に携帯をなくしてしまっていたことに気づいたので、じつはこの画像をとるまでに派出所に行ったり隣の駅の警察署に行ったりというクエストをこなしており、今はかなりへとへとなのです。
 へとへとで警察署から帰宅して、こんな不穏な血の色の湯に浸かることになるとは、似合いすぎてちょっとイヤだ……。

 そんなわけで、ほんとうはもっといろいろ更新したいこともあったのですが、今日はこのへんで。

| | コメント (2)

2010年5月 4日 (火)

sweet pool コミカライズ第3話 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

BE-BOYGOLDゲットー。スイプーコミカライズ第3話ー。
のっけから自由なる民の方々が会合を開いていて、いかに哲雄と蓉司をセックスさせるかということを大真面目に話し合ってて、ちょっとブブッてなった。

ゲーム本編では、表面上の活躍は上屋だけしかしてるように見えなかったので、こうやって大勢の男たちが「恋の黄金律作戦」みたいなことやってると、おかしみもひとしお…。

それが功を奏して、じりじりと距離が縮んでいく哲雄と蓉司…。しかしぎこちない…。ただ、このぎこちなさがゲーム本編では、哲雄に対する恐怖系ベクトルだったのに対し、こっちはちょっぴり甘酸っぱい。蓉司顔赤らめてるし。

そして哲雄の匂いに発情を促されて、化学室でオナニーぶっこく蓉司。自分で乳首を弄ったりしてかなり上級者オナニーです。
そこにはいってくる哲雄。上屋の暗躍や、無表情の裏の哲雄の心情を想像するとニヤニヤしてしまうシーンですが、哲雄のほうも、なんかリアクションしなきゃと考えて考えて出たセリフが「溜まってんの?」だと思うとカワイイなあーもうーと思わざるを得ません。

とにかく序盤から少しだけ糖度をあげてるコミカライズですが、反面グロい部分はいっそうグロさを強調しています。
善弥が姫谷に強要する目玉舐めシーンとか、ぐにぐに部分多目になって、舐めるのツラそう…なカンジだし、哲雄のなかの「オス」に反応して、トイレでオナニーしたあと、勢い余って産んじゃった印肉は、グロさ倍増の描写です。
しかもその後、それを見つけた善弥はそれをぐしゃっと握りつぶしてるし…ヒー!
ところでゲーム本編でのこのシーン、善弥が印肉を摘み上げて口元まで持っていくところで、私はかなりびびりました。
ほら、よく動物とか出産後胎盤食べたりして体力回復させるというじゃないですか。そういうノリでこの印肉って栄養のあるものなのかしら…と思ってしまったのです。
だから善弥がそれを食べようとするのかと思って「やめろ!便所の床に落ちてるものは食うなー!」と心の中で叫びました。
しかしそれはフリだけだったので、フーと胸を撫で下ろした次第です。

コミカライズというのは、そのときのプレイした心情もまざまざ蘇ってきて、二度美味しいですね。
次回レイプくるかなーわくわく。

そして明日はキラルラボです!商品かなり売り切れてるっぽいけど、マネキンとか拝んできたいと思います。

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

スパコミ御礼とか妄想とか

後藤羽矢子です。

昨日はスパコミでした。
超絶大慌てで作ったコピー本は、禁則処理し忘れてるわ、裁断が微妙にズレてるわでもう、すごい後悔のシロモノでした…。こんな本なのに買ってくださった方々は神です…。本当にありがとうございました…。

今後の活動に関しては、オンリー、プチオンリー待ちということで。私のホームグラウンドは男性向け(というか最近はそれすら怪しい)、松本さんも現在別ジャンルなので。

ところでスパコミの会場に、リアルジュリオというべき髪型のスレンダーな方がいて「素敵……」とガン見しない程度にチラチラ見したりしていました。
しかし考えればベルナルドもルキーノも女子がやろうと思えばカンタンに再現できるヘアスタイルだなー。ジャンとイヴァンはちょっと厳しいけど。
シティはコスプレはできないけど、ヘアスタイル再現はもっと見たいなーと思う私でした。

そしてまた話は変わりますが、松本さんとはいつもスカイプ電話やチャットでアホなほどだらだら萌え語りなどをしていますが、昨日はスペース内で私は突然「ジュリオとジャンの仲が他の幹部にバレて心配される話がみたい」などと言い出す。
なにもこんなところでしなくても…こんなところだからこそと言うべきか。(リークス風)

ジュリオとジャンってなんか危なっかしいじゃないですか。二人で手を繋いで迷い道に入ってしまいそうな。そんな二人をベルナルドあたりが心配して、どうしたらいいもんか…と悩んだり心配したら萌えるなーと思ったのです。
そしたら松本さんが、「でもそういうノリになるのってジュリジャンだけだよね。他の幹部だったら、醜聞になるから表にバレないようにとは言われるだろうけど、つきあうことに関して反対はされないよね」と言うのです。
確かに……。みんな大人ですから。

あ、でもルキジャンで、つきあってるのをゴシップ誌にすっぱ抜かれそうになるのも萌えるな。
イヴァジャンで、ロザーリアだけが知ってしまってショック受けるみたいな話も萌えるな!
そういう意味ではベルジャンが一番障害ないかも…。まあいつでもダーリンハニーだから…。

そんなわけでスペース内でそんな話をしていた私たちでした。
5日はキラルラボに行くけど、でしゅんが次々と完売情報をツイートしてくる…。
大丈夫かな…。私たちが行くまで商品残ってるかな…。

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

超ぎりぎりインフォメーション

後藤羽矢子です。

明日というかもう今日なんですが、スパコミは松本さんと合同、ラキドで参加しております。
スペースは せ-25b いぬみみです。

本は新刊は私の小説コピー本と、2月の由良オンリーのときに出した、私のジュリジャン本と松本さんのベルジャン本、あとLamento本もちょっとだけ持っていきます。

小説コピー本は、書き始めたのが昨日の夕方からというギリギリ感溢れるもので、小説用のひながたの扱いを全忘れして松本さんにやってもらったり(ごめんなさい!)面付けを一回間違えてやり直したり、裁断ミスしたり、もうぐたぐだですが、内容は三分の二はエロのジュリジャン小説です。とにかく頑張ったので、よろしければよろしくです。

そしてとりあえずキラルラボはツイッタのでしゅん情報によれば、レジがパワーアップしたということなので、5日あたりに行きたいと思います。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »