« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

拍手コメントで、プチオンリーまだ受け付けてますとの情報をいただき、ダメ元で申し込んでみたら受け付けてもらえました!よかった…というか本当に申し訳ない。これからは、サイトにある要項はきちんと読まねば…と心に刻みました。

ところで、次号Cool-Bの詳細が出たんですけど、http://www.messe.gr.jp/boys/book/cool_b/cool_b_31.htm

イヴァンにモーニングキッスしてるジャンに萌えたりしたあと、ふと気になる記事が…。

Scoop2! 『偽りのアルカネット』 
キラル公式の携帯サイトである“CHiRAL MOBiLE”完全新作!
大正ロマンを題材にした昼ドラ系BLノベル。
突如上流階級の家に引き取られた主人公を軸に、愛憎ドラマが描かれます。

な…何コレ。キラルモバイルで携帯小説ってこと?
しかし大正ロマンって、おらVividColorかと思ったぞ!
もしかして新しいライターさんのお披露目かなあとちょっと思いました。

なんだか地味にドキドキする…。
しかしCool-Bいつもおいしいとこ持ってくなあー。もう絶対買わなきゃだわ。

拍手お返事。反転してます。

16日の方 ジュリオの全然腹芸のできてないところは、本当に犬みたいでいいですよね。ゲーム始まった瞬間から好意がにじんでましたからねー。二人でいるとキャッキャとカワイイのに現状がけっこうシビアなカップルというのは萌えますね…。ちょっと暗い部分を抱えたカップルといのは私のツボです。

アニメ化情報くださった方 ありがとうございます。まさか本当に咎狗がアニメ化するとは…。長生きはするもんですな。咎狗の情報にわくわくする日々が始まると思うと背筋がシャキンとする思いです。

23日の方 仕事は一段落ついていまはまったりです。クリアファイルは間に合いませんでしたがPVが無事観られてよかったです。4月からサイトにもアップされるとのことで皆さんの反応が楽しみです。

28日の方シナリオはやっぱりケイスケルートじゃないかなあと思います。一番ブレがないですから。あとは他の方々も顔出ししてくれれば…!

ラキドオンリーについての情報くださった方々
ありがとうございます!無事申し込みできました!当日は頑張って新刊出したいですね

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

迂闊

後藤羽矢子です。

ギャー!スパコミ、ラキドで申し込んだのにプチオンリーの申し込み締め切ってたー!
もう頭っからチケットが来るまで大丈夫と思い込んでました…。
確認しなかった私が悪い。
自分が悪いので、気持ちの持って行き場が…うぐぐぐぐ。

そんなわけでスパコミはプチオンリーに参加できないけどラキドという、恥ずかしい状態になりますです。
あ、それと私のジュリジャン本、とらのあなに入ってます。
サークル名義は「女の子パヤパヤ」です。
ていうか相変わらず恥ずかしいサークル名…。人が命名したものをそのまんまずっと使ってるのです。
この名前で活動始めたとき、アシスタント先の先生に、「なんでそんな名前にしたの…?」と具合を心配されるように聞かれたのが思い出深い…。

そんなわけでよろしければよろしくです。

拍手お返事は明日あたりに。

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

咎狗プロモ

後藤羽矢子です。

昨日は松本さんと一緒に東京国際アニメフェアに行ってきました。そして松本さんの記事の通り、私は帰宅後酔いつぶれて爆睡していました。

それはともかくPVですよ!
私たちはなんだかんだで計4回くらいループで観たのですが、松本さんが一回観るなり「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンドみたいやなあ」と言って、私はそのタイトルすら初耳だったので、混迷の度合いが深まりました。

絵に関しては及第点にはいってると思うけど、もう一味欲しいなあーというのが正直なところ。PVやOPや第一話というのは、広告部分として一番カッコつけないといけないところじゃないですか。本編が多少手抜きになっても、そこだけはテリや影やエフェクト多めにして気合いいれるじゃないですか。本編がこのレベルなら問題ないけど、PVとしてならちょっと足りないなあーと思いました。
まあこれは本当のパイロット版だと思うので、これだけで判断してしまうのも早計だと思いますけど。そして贅沢は言わないとか言ってたわりに、チェックが厳しい自分にちょっとイヤ感。

とりあえず私の記憶のみで、ザザーッと画面の流れを追って見ます。思い出したままに書くので順番とかはかなりいいかげんになると思います。

真っ白な画面に「例え、それが血の運命でも──」というコピー。
どんより灰色なトシマ背景に「20××年──旧祖」の文字。
カリキュラマシーンの曲に合わせて、アキラ、シキ、リン、ケイスケ、ビトロ、源泉などがばばばっとカットイン。
アキラが雑魚相手にバトル。けっこう回り込んだり動いてる。
ラインの瓶が割れて、苦しむ名もない男のアップ。
リンのバトル。くるくる動いてすごくカワイイ。松本さんも言ってましたが、このアニメ絵にリンが一番マッチしてる…。
赤い夕日をバックにシキさんがパンアップ。
妙にうるつやリップのナノたんの目が紫色に変わる。
全裸のアキラが、うつろな目をして血の海的ななかに沈んでいく。ちゃんと乳首もあります。
アキラのナイフを両側からふたつの手がそっと撫でていく。
源泉がアキラの頭をポンと叩く。
上半身裸(乳首アリ)のケイスケの背後から黒ケイスケが抱きついて、血の海に引きずり込む。
狗たんの頭を撫でる手からパンして椅子に腰掛けているビトロへ。
高笑いするグンジのアップ。
廃工場みたいなところで、誰かと対峙しているキリヲ。足のアップからリンたんぽい?しか何故。そしてミツコさんを振り上げるキリヲ。
雨のなかで何かを叫んでいる源泉。
苦悶の表情を浮かべる猛。その視線の先に黒ケイスケ。
風が強く吹いてるっぽい瓦礫の山の前で日本刀を抜くシキさん。
対峙するのはアキラ、叫びをあげながらシキさんに向かう。ぶつかり合う刃と互いの顔が迫る。
壁に血をこすりつけるアキラ(たぶん)の手。
咎狗の血のタイトル。
弱って寝転んでるっぽいアキラに、「必ずお前とここを出る」と鳥海さんの声が重なる(唯一の音声)
アキラの喉仏が大きく上下。
「だから…死ぬわけにはいかない」
アキラの目のアップ、けっこう睫毛生えてる。

だいたいこんなカンジでした。途中かなりウロくなってますが…。この合間合間に「RAIN」だの「DUEL」だのの赤い文字がカットインしてます。

まあまだ放映は全然先だと思うので。これから情報をねぶねぶ追っていくのが楽しみです。合言葉は「黒歴史になってもいい。ならなければ大成功。神は期待するな」です。神を降臨させる手立ては予算以外ないのです。

なんかけっこうムチャクチャ言ってますが楽しみなのは本当です!DVDも買うよ!

そして久しぶりにアキラたん描いてみました。

Akira100328_4

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

咎狗の血プロモーションムービー見てきた

 松本蜜柑です。

 東京国際アニメフェア行ってきました!
 とりあえず、絵がなんだかかなり「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」でした。もしかしたら作画監督とか会社がいっしょなのかなーと思って、なにかそういう情報がないかしらとブースを見回したのですが、まだチラシもないようでしたのでよくわかりません。
 アニメをよく見るわりには製作会社とかスタッフにまったく詳しくない私の言うことなので、違っているかもしれません。違っていたらごめんなさい。

 それにしても、キャラ全員、血色のよさそうなふっくらほっぺうるつや瞳ぷるぷるリップで、なんか健康的な咎狗でしたよ!

 この絵に一番合っていたのはリンたんです。リンたんの小気味いいアクションと小悪魔スマイルが、私的にはプロモムービーの中で一番かわいくて光っている!と思いました。

 ナノたんとおいちゃんがなんだか若返っていて、アルビトロが妙に美しく、そしてシキさんがかわいこちゃんでした。
 ケイスケは、ケイスケは、えーと、普通

 個人的に嬉しかったのが、狗たんの衣装がPCゲームと同じっぽいことです。腹が見えなかったのでピアスとばってん傷があるかどうかはわかりませんが、あったらいいなあ。TBの狗たんだとインモラル感が少なすぎてちょっとつまらないです。

 だいたいそんなカンジ。狗アニメ日和。

 私は部分的にしか憶えていないので、あとは後藤さんがもうちょっと詳しい感想を書くと思いますが、彼女はアニメフェアの後飲んだくれてしまったので今頃つぶれていると思います。

| | コメント (0)

咎狗アニメとちょっとアニメPhantom

 松本蜜柑です。

 咎狗アニメ化来ましたね。
 明日の東京国際アニメフェアに後藤さんとふたりで咎狗PVを見に行ってきます。

 ものすごい失礼なことを言うと、アニメが神作品になるとはあまり思っていないのですが、というかあまり期待しすぎないようにしようと自制しているのですが、それでもまた新しい咎狗を見られると思うと嬉しいなー。
 でも期待しないでおこうと思っても、こないだのPhantomの出来がよかったので、やっぱり期待してしまいますね。

 そういえばアニメPhantomは、思い切ったことに最後が新しいバッドエンドで、見たときには思わず後転する勢いで倒れました。
 ゲームと違ってアニメはワンルートなのに、バッドエンドとは、すげー!
 そして玲二の最後まで約束守れない男っぷりもすげー!

 でもあれはあれでアリな気もします。

 咎狗も、あれくらい思い切ったことをして欲しいような、して欲しくないような、…………どっちなんだか自分でもよくわかりません。
 とにかく正座して待とうと思います。

100327nano

 全然おめでとうございますという雰囲気じゃないナノたん。

| | コメント (2)

2010年3月22日 (月)

解禁

後藤羽矢子です。

本日16時から咎狗アニメサイトオープン。
それと同時にあちこちでぶわーっと情報が解禁されました。
ツイッターでも、でじたろうさんが言ってるし。

ここでキラルパーティの様子とともにチラッとPV画像も出てますね。
んーあんまり、たたなさんぽくないなー。でも作画自体は上質なのでいいか。

とりあえず私たちは土曜か日曜の東京国際アニメフェスタに行きます。
また咎狗の情報で一喜一憂する日々が始まる…。

拍手コメントでのアニメ情報、ありがとうございましたー!

| | コメント (0)

アニメ化?

後藤羽矢子です。

ただいまネットを席捲中の咎狗アニメ化情報。(私はツイッタで知った…)
拍手コメントで情報もいただきました。
たぶん明日のキラルパーティで正式なお披露目があるのでしょう。
私たちは落選したし、いま仕事が激烈過酷なので、落選してよかったネ!などと自分に言い聞かせて、やっと気分が落ち着いてきたというのに、またうぐぐぐぐぐ…なココロになっています。

あーしかし私たちはここで何回もアホのように、どんな黒歴史になってもいいからアニメ化して欲しいとさえずってましたが、いざなるとなると、どう対処していいかわからない気持ち…。
出来についてはあまり贅沢はいいません。カオスヘッドレベルでなければ…。いや、カオヘは作画以外はけっこうよかったですが。でもやっぱり作画は大事ですよね…。ファントムぐらいなら超グッジョブ!できればOPはGRINDにして欲しい。でもたぶん絶対それ用の新しい楽曲持ってくるだろうなー。でもワタナベさんかかな太郎だったらヨシ。キラル的に縁もゆかりもない人だったらちょっとエー。
DVDのジャケはたたなさんの描きおろしだったらいいな…とか贅沢言わないとか言ってるのに夢が広がりすぎてます。

とりあえずクールダウンのために更新にきました。
早く正式発表がこないかなー!ハアハアハアハア…。

| | コメント (3)

2010年3月21日 (日)

B,sLOG 5月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

B,sLOGゲットー。
8周年だそうで、表紙が折り込みになってたり、サイン色紙プレゼントがあったりと企画がありました。
サイン色紙はオニツカさんはスイプーのメインキャラをやや俯瞰ぎみに描いた力作。後方にちいさーくいる上屋がいい味。絵が小さくて表情がよく見えませんが蓉司のほんのり笑顔がカワイイ。
茶屋町さんはアキラコノエのツーショット。絵のステキさもさることながらサインがオシャレ。サイン会のときに大変そうだ…。
外郎さんはコノエのピン。ちょっと大人っぽいやわらか笑顔。
ゆーぽんさんは、淫靡アキラととらのあなアキラの二態。ゆーぽんさんのとらアキラは初めて見る気がする。りりしいアキラはいいな、やっぱり。

由良さんはbadeggモードの黒ジャンさんがウインクしてるとこ。ダーティカワイイ。

こういうののプレゼントで当たったためしがないので、ここの絵をガン見で我慢します…。

記事のほうは、キラル三昧は今月で最終回だそうです。残念…。最後のイラストはゆーぽんさんのスイプー絵。睦と蓉司と上屋…ってすごい取り合わせだな。アイスとシュークリームの星の上にいる睦と蓉司、煎餅の流星に乗ってる上屋。Sweet Timeってタイトルがついてるけど、そのシュークリーム、本当にスイートなんだろうか。お姉ちゃんお手製のハバネロ入りクリームじゃないだろうかと不安がよぎる。

そしてキラル絵師お三方のミニなインタビュー。
描いたイラストのなかで気に入ってたものとか、イロイロ。ゆーぽんさんは「上屋主人公で蓉司と哲雄をくっつけるシミュレーションゲームはまだかしら?」とか言ってておかしかった。そのゲーム私も欲しいです!

ラキド関係はゲームに関しての情報は一切ナシ。
アニメイトから出るグッズの紹介とデイバンB級グルメツアーのみ。
グルメツアーは今回ロザーリアお嬢様で、卵料理三昧。badegg繋がりかしら…。ポーチドエッグのトーストがうまそうだったので今度作ろう。
そしてお嬢様が、その屋台がイヴァンとの思い出の店とか言うんです。自分が学校が嫌になったときに連れてってくれたとか…。イヴァン優しい…。それに対して「…あいつはバカのくせにマメだな」とか返すジャン。でもこの「…」のタメになんか思うところありそげ。

そんなカンジでロザーリアとキャッキャしてると、「ロリコンたいほします!」とか言ってロイドとジョシュアが割り込んできました。
って…この二人が看守を辞めて、現在はホーマーの下で捜査官やってるって、サマチャンのルキーノ編聴いてなきゃわかんねーじゃねーか!もー、本当にすべての展開追ってる前提で話進めてんだから…まあこの話はたぶんbadeggに出てくるかと思われますが。

そんなわけで次回はこの二人だそうです。楽しみ。

紅天FDは発売が延びてしまって残念ですが、ディレクターの御雄さんのインタビューによると、小山さんとの合言葉は「本編よりさらに恋愛シーンを頑張ろう」とのこと。おおー。
今回ちらっと藍丸が嘉祥にご奉仕してるスチルが載ってて(B,sLOGなんでトリミングしまくってますが)期待が高まります。涙目の藍丸エロい。

そんなカンジです。あと乙女ゲー方面では、最近「スカーレッドライダーゼクス」に心揺れ動いてます。「うたのプリンスさまっ」と発売日が近いですが、どっちをやろうか迷ってます。
私の初乙女ゲーはどっちになるか。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

またキラルラボやるのかー。ゴールデンウィーク合わせで。
楽しみだし、行きたいけど場所も同じマルイワンかー…。
正直前回より混雑対策改善されてないとキビシイ…。
人は同じ苦労は二度できないという…また2時間半も並びたくないのでございます。

そんなわけで今度は前回より広いスペースか、店員さんをもう少しまったりマルイモードではなく、せめてコミケぐらいのキビキビさで応対してくれるよう願います。

ところで今年はキラル5周年なわけで、記念に新作は出るよね絶対に!とまあ年が明ける前から松本さんと言い合っていたわけなんですが。
先月25日の5周年記念スタッフ雑記コメントを見ていて、松本さんがすごいことに気づく。
キラルくんが「今日から来年の2月25日まで5周年イヤー」って言ってるけど、それって2011年の2月25日までが5周年ってことで、つまり新作は年明けになるってことなんじゃねーの?と。
うわああー!確かにそうだー!
でなければ、こんな持って回った言い回ししないよねー!

今年中に新作でなくても、来年の2月までに出れば5周年には間に合ったーみたいな。
あ、もちろん、これは私たちの勝手な推測ですので、この記事で絶望したりネガったりなどはされませんよう。だったら書くなよってカンジなんですが、まあほら心構えっていうか…。とにかく新作が来るならたぶん次は長編だと思いますんで、出るならいつまでだって待ちますんでの覚悟で!あ、別に長編でなくてもいいけど。私たちは咎狗くらいのボリュームが一番やりやすくて楽しいと思ってます。長編は、フッとタイミングを逃すと積みゲ化する恐れが高いのです。
なににせよ。新作が「出る」という情報だけでも早く来ないかなーと思うこのごろです。

ところで拍手コメントで、私のジュリジャン本の委託はいつごろですか?とご質問いただきました。えーやっと先日申し込みしたので(遅い!!!!)一週間以内には委託が始まるのでは…と。開始したら正式にアナウンスしますんで…のろくてすいません…。

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

サイドカー

後藤羽矢子です。

ホワイトデーSSの余韻をまだ引きずってる私。
カクテルのマンハッタンのみてーと思って、手持ちのカクテルの本などを見ていたら、サイドカーっていうカクテルがあって、これはジュリジャンのカクテルだ!と勝手に決めつける。
ブランデーとホワイトキュラソーとレモンジュース…今度作ってみよう。

それにしても、由良SPのジュリオSSのサイドカーで敵からの逃避行も萌えましたが、ふだんのデートでもサイドカー使ってると知って、キュンとなる。

そんなわけでちょっと描いてみました。

Guligian1003152_2

最初はちゃんと色塗ろうと思ったけど、バイク弄ってるうちに気力が尽きました…。

鉄分とか苦手だわー自然物も苦手だけど…。

| | コメント (1)

2010年3月15日 (月)

ラッキードッグ ホワイトデーSS

後藤羽矢子です。

昨日はホワイトデー。イベントSS更新がマメなてんねんとはいえ、ホワイトデーはアメリカにはない行事だし、果たしてあるか…と思っていたら来ました!さすが!

さすがにホワイトデー、というイベントではなく、たんに3月14日に起こった出来事、なんですが、それが全員で素っ裸でサウナって…どんなサービス。

イヴァン、ベルに駄眼鏡とかルキーノにコッパゲとか超言いたい放題…。それをさらっと流してる二人は大人だと思います。イヴァンが同じこと言われたら脊髄反射するだろうし、ジュリオはポーカーフェイスでやり返すだろうし(対イヴァンのみ)。

そして誰ともくっついてないニュートラルルートSSのパターンで、幹部とジャンのやりとり…というかジャンが無意識に幹部を誘惑するシチュエーションに突入。

しかしこういう時、ベルナルドは得してますね。一番昔なじみでしょっちゅうふざけてイチャついてるから。ここでも二人裸で、ジャンがベルの右腕にくっついて、ベルがジャンの濡れた髪をいじるってすごい萌えシチュ。でも交わす会話は幹部のハゲの心配…。
ジャンが「ルキーノもけっこうヤバくね?」と言ったときはブゥゥッてなったー。ベルナルドよりルキーノのほうが毛が後退してるってけっこうみんな思っていると思います。
とりあえずジュリオは大丈夫そうということでよかった…。

しかしジャンさん脇毛剃ってるんですね…。ヨーロピアンが男女ともに毛の処理をしないというのは、うぐいすみつるさんの海外エッセイで読んだことがありましたが、アメリカンが男も脇毛剃るのは知らなかったよ!暑いとシャツが一発でおシャカになるというのは、汗で濡れた脇毛がシャツに汗染みを作ってしまうということなんでしょうか。
エ…エッロ~……。

ルキーノにはルキーノにで、目の前でチェリーの茎結んだり、舌見せたりで、どんな小悪魔…。
しかしやっぱりジャンさん基本子供口なんだなー。缶詰めのチェリーをカクテルと別に欲しがったりとか可愛すぎるじゃないの…。

そしてまた交わす会話がフェラの話題とか男くさいのがいいです。この全然照れがないのがいいなー。「俺がこんなこと(チェリーの茎結び)できてもまったく意味ないねっていう」ってジャンさん言ってますが、じつは超意味あるっていう…。でも一番ジャンさんにフェラしてもらってるのがイヴァン…。あ、でもジュリオも「いつも俺がしてもらって…」とか言ってたからシーンがないだけで他の人たちもしてもらってるかも。

イヴァンはとは同年代の男友達ってカンジで可愛いなあー。
「お前のメルセデスで帰る」とか「わかったよ何時にでる?」とかそういう普通のところがすごく萌えた。そしてイヴァン、地味に努力家だよね。筋トレしたり。健気だー…。そしてちゃんと頼めば、多少の無理も聞いてくれるところもいいなー。あんな自分が腱鞘炎になるまでカード手書きにするとか…。頼られるってことがすごく嬉しいんだろうなと思う。一番年下で普段弄られっぱなしだからねー。そういうとこもいじらしくて好きだ。

そしてジュリオ…。
あいかわらず思いつめてる…。
っていうかジャンさんの体内毒の匂いまで嗅ぎ分けるってどんな嗅覚。

そして思ったけど対ジュリオのジャンさんは、ちょっとだけジュリオに対して緊張してるなーと思う。幹部みんなといるときは、無邪気に犬の頭を撫でるように可愛がってるけど二人きりになると、少しだけ。

ルートにはいる前の、ジュリオとの距離がちょっとつかみかねてるのを引きずってる風だし、そしてジュリオの気持ちがやっばりジャンにも伝わってるんだと思う。まあジュリオ隠してるようであんまり気持ち隠してないし。
ジャンが「ジュリオ、俺が駄々こねたらそのまんま寝かせそうだしなー」と言うのが二人の関係性もろ表してるなー。未熟な、子供の恋ってカンジ。最近のジュリオSSでやっと成熟してきたけど。

ジュリオがバイオリン弾きながら「頭のおかしい俺の気持ちが、ジャンさんに通じることが絶対になくても」と想うところが切ない…。ジュリオ、自分が歪んでることに気づいてるんだなあ…。ジャンさんとくっついて、その歪みが正せたかというと、ちょっとジャンさんまで歪んじゃったりもしてるけど、それでもお互いを支えながらフラフラとあるべきところへ戻ろうとしてる。見ててハラハラするけど可愛いなあ…本当に。

そんなわけで堪能しました。
てんねん様ありがとうございました。
あまりのサービスぶりに心が贅沢になりそうで怖い…!

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

ホワイトデー壁紙

後藤羽矢子です。

バレンタイン壁紙で受の方々がチョコ作ってるなら、ホワイトデーは攻の方々がお返しをするんだろうなというのは、誰しも予想できることでしたが、受に対し攻は人数が多いので、どんな絵になるんだろう…と思っていたのですが、予想以上に素敵イラストで萌えた!

シキさんが靴の裏で主張しているように三倍返しがコンセプトのこのイラスト。

ライさん─鶏三羽!しかもちゃんと血抜きしてある。さすが気配りライさん。キランと放った光から「俺の贈り物が一番イケてる」と内心で思っていそうです。

アサト─お花三本、冥戯の花畑のヤバい花ではなさそうです。ちょっと表情幼くて可愛い!

バルド─クィムに蜂蜜かけてさりげなく性的アピール。というか顎ヒゲが何気にないんですが、剃ったんでしょうか。

とりあえずLamento組はまともなお返し。

シキさん─ ピアス三個…どこに装着すんだ。乳首と亀頭?

ケイスケ─ソリド三個、ちゃんとリボンかけてる。ケイスケはモバイル壁紙のチュッパチャプス2本も可愛かったなあ…。

リン─血塗れのタグ…しかもこれは五倍返しになってるよ。これをもらったときのアキラの困惑の表情が目に浮かぶ。

源泉─ブツはわからないけど一番まともそう。手堅くクッキーかなあ。

グエン─これ指輪かなんかじゃないかなー。あんなこげこげクッキーに…。でも嬉しかったんだろうな…。

猛─同じく嬉しかったんだろうなあ。由香里ちゃんのくれたチョコはたぶんまともな物だっろうと推測。

ナノ─木の皮三枚……。でもたぶんアキラは一口ぐらいはかじってあげるんじゃないかな…。

狗組は、まともなのと行き過ぎなのが渾然となってカオス。

哲雄─また懲りずにパンを…!またやんわり断られるぞ!ラーメン三杯にしとけ!

善弥─シソ三枚!しかもクリスからまきあげたヤツかよ!ところで善弥は姫谷と蓉司、どっちにあげるのでしょうか。

睦─オメガミートバーガー三個!っていうか蓉司に食わせたいのかお前が食いたいのかどっちなんだ!あ、でもプレゼントってのは深層心理的に自分が欲しいものをあげたくなるそうですよ。

スイプー組は完全にネタ寄りになってる…!

そんなわけで楽しい壁紙、さっそくデスクトップに設定しました。
そしたら睦がこんなことになってしまった…。

Makoto100314

なんか提供の字で目が隠れるアニメのキャプを思いだす…。

| | コメント (0)

アメコミ版沙耶の唄

後藤羽矢子です。

昨年6月のスパソニでイメージイラストが発表され、会場を阿鼻叫喚にした、アメコミ版「沙耶の唄」が何気にニトダイで売られていたので速攻購入。ってもう半月以上前の話なんですが。

漫画は24ページ。これで600円はちょっと高いような気もしますが、全ページ厚塗りテイストのフルカラーだし同人誌だと思えばそんなに高くないかも。

主人公は当然アメリカ人になっており、名前はジョシュ。ゲームでは医大生でしたが、こちらでは大人の医師。
もちろん私は英語は全くできないので、ところどころを翻訳サイトで翻訳してぼんやり意味をつかむぐらいの読み方しかできません。
それでもなんとなく話がわかるんだから、漫画ってすばらしい。

お話はジョシュの勤務する病院から始まります。
担当している患者は脳の手術をしたっぽいのですが、病室の隅でびびりまくってて「彼女がまた来る…いつもなんだ。俺はもう眠れない…」とか言ってるんです。そしてジョシュに「信じてくれ!俺は狂ってない」とか言ってるんですが、当然手術の後遺症でおかしくなってるんだなくらいにしか思われません。(たぶん)
そんでどういう主旨のパーティなのかわかりませんが、パーティが開かれて、ジュシュは恋人(たぶん)のキャリーに結婚指輪をプレゼントします。
でもふられたっぽい。

そのことを告げると母親は「まだいい子はいるわよ」みたいに慰める。(たぶん)
そして両親と一緒の車で帰途につく途中、派手な事故に。
松本さんは「この事故の絵が一番怖いわ!」と言っていました。私もそう思います。

そしてジョシュは手術をして一命をとりとめる。ゲームだとここでもうゲチョゲチョモツワールドになっているのですが、ここではだんだんと少しづつ侵食されるように、世界が変わっていきます。友人の顔が化け物に見えたり、元カノの目から変なものが這い出てくるのが見えたり。そうこうしているうちにジョシュはサヤと出会います。

表紙だと青いワンピースでしたが、本編ではちゃんと白いワンピです。よかった。やっぱり沙耶は白ワンピでないと。
ゲームの沙耶に比べるとだいぶ育ってますが、それでも向こうの感覚的には、華奢であどけない少女なんだろうなあ…。
そしてどんどんひどくなる幻覚に疲れ果てて自殺をしようとするジョシュの前に再び現れるサヤ。「もう会えないかと思ってた」とサヤにすがるジョシュ。そしてエッチになだれこむ。

しかし最後のページでどーんと本当の姿のサヤとジョシュが絡んでる図が!
その姿はゲームだとブヨブヨしたモツモツしいカンジですが(はっきりと見せてはいませんが)ここだとちょっと虫っぽいイメージ。というか全体的に幻覚の不快感ベクトルが、モツっぽさより虫っぽさに傾いてる。向こうの感覚だとそうなのかなあ。でも実を言うと私もモツにはそれほど不快感は感じてない。というか、あれは本当の意味で見るものを不快にさせようとしてないから…。そういう意味で、ゲームの幻覚世界より、アメコミの幻覚世界のほうが嫌かなあ…と思った。

とにかく話は始まったばかりですので、なんとも言えませんが、とりあえず最後まで読むつもりです。

とか、つらつら書いてたらホワイトデー更新が来てる!
それについてはまた明日!

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

いまごろビーボーイゴールド4月号『sweet pool』コミカライズ感想

 松本蜜柑です。

 久しぶりなのでいろいろ話題が溜まりすぎています。由良オンリー御礼とかスイプーコミカライズとか沙耶アメコミとか。

 とりあえず、ものすごく遅くなりましたが由良オンリーで「いぬみみ」に来てくださった方々、どうもありがとうございました。ラキドではサーチの登録もしていないので、誰も来てくれなかったらどうしようと思っていましたが、サイト見ていますとお声をかけてくださるかたもいらっしゃって嬉しかったです。買い物もできたしいいイベントでした。
 後藤さんが書いてくれていますが、ラキド新刊の書店委託はそろそろ各書店ではじまっているところもありますので、よろしかったらどうぞです。

 そしてえーと車折まゆさんのsweet poolのコミカライズ、ビーボーイゴールド4月号でようやく2話めが来た!

 しばらく載っていなかったのですっかり油断していて、今月は乗っているときいて発売日の夜にあわててアマゾンでポチる始末です。今月からは毎月載るといいなあ。

 お話はあまり進んでいなくて、ぶっちゃけエロいシーンが一切ありません…。しいて不満をいえばまあそこなんですが(そこなのかよ)、今回の見所は、早々に顔出しした姉さんとようくんのかわいらしい姉弟じゃれじゃれシーンと、あと絵です。絵全体です。

 じつは私は1話を見た記憶があまりに遠すぎてすぐには気づかなかったのですが、後藤さんが「これずいぶん絵のタッチが変わってない?」と言い出して、それでやっと気づきました。
 今回はやたら絵がかわいいなーと思っていたけど、本当に絵がかなり変わっていたのです。線のタッチがまずだいぶ違う。そしてキャラの等身なども違う。

 線については、後藤さんといろいろあーだこーだ話した結果、前回は主線をデジタルで入れていたのが、今回はアナログに戻したのではないかという結論になりました。本当にそうなのかどうかはわからないんですけど。
 なんにせよ今回のタッチのほうがいいかんじで、私は好きです。自分が今デジタルペン入れなのに、こういうことを思ってしまうのはちょっと自分がつらいのですが、やっぱり漫画の線はこういうアナログっぽいちょっと言い方は悪いけどガサついたような線のほうがいいなあ。
 でもこのへんのことは個人の好みの問題なので、デジタルのシュピーンとキレイな線のほうが好き派もいるかと思います。

 等身や顔も、前回のほうがより原作に近い、面長で顔が小さいガイジンバランスでしたが、今回はそれがやや投身低め(といってももともとの絵柄がすでに等身高い絵柄なので本当に若干ですが)になっていて、顔も前ほど面長じゃなくなっています。これも私はこっちのほうが好きです。やっぱりこれも個人の好みの問題ではあると思いますけれども。

 そんなカンジで、話はあまり進んでいないぶん、絵が見所な今回のスイプーコミカライズでした。

 まあそれはそれとして、はやくようくんがてっちゃんにれーぷされますように!!!!!

 あと、『沙耶の唄』アメコミ………の話は、スイプー感想がけっこう長くなってしまったのでまた今度…。

 拍手おへんじもまた次回に。すみません。

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

また落ちた…

後藤羽矢子です。

キラルパーティ…落ちました…。
がっくり…。

まあこれに受かったら、私は今年中の運をすべて使い果たしてしまうだろうと思うので、運が温存できたと思うことにします。
そして、抽選式じゃなく、普通のチケ取りで、鯖に繋がらなくてあわあわしてるうちに完売──というよりまだ多少悔しくない気がするので、もういいやーという気分です。
受かった方は楽しんできてください。

でもまたキラルナイトやって欲しい…。キラルさんお願いします。

ところで拍手で、ラキド本の書店委託についてご質問いただいたのですが、松本さんは「とらのあな」「メッセサンオー」「リブレット」「アニメイト」で、私は「とらのあな」でのみ委託予定です。私はまだこれから申し込むのですが(遅い!)松本さんの本はとらとメッセですでに入荷していますので、よろしければよろしくです。

拍手お返事。反転してます。

3日 23時の方 まめやは朝早くやってるのもポイント高いですよねー。本当にいい本屋です。全然変わってないので、是非行ってみてください。

5日の方 2次も落ちちゃいました…。ご質問に関しては記事に記載しましたー。

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

よしなしごと

後藤羽矢子です。

今日、堂高しげるの「同人はっけん伝」という漫画を読んでいました。
腐女子の球を授かった五人の腐女子が(八人揃う前に終了してしまった…)同人で天下をとろうとする話。

何気に読んでたら、メインキャラの一人が5台のパソコンを一斉に立ち上げ、
Lamentoを5台同時にプレイしていた…。
あまりの不意打ちにコーヒー噴きそうになりました。

ちなみに作者の方は一貫してこんな漫画ばっかり描いてるのですが、腐女子ネタブレインは奥さんだそうです。
て、ことは奥さんが「BLゲーだったらLamentoかな☆」みたいな入れ知恵をしたのでしょうか。いいチョイスだと思います。
そしてモニター上に描かれたライさんが無駄にかっこよかったのが印象的でした。

Lamentoといえば2巻も発売して当然購入済みですが、アニメイトで特典ペーパーもらうぞーと意気込んでたのですが、うっかりまめや店頭で早売りを見かけてしまい、表紙のライさんに釘付けになってそのまま購入してしまいました。
そのまめやには、おばあちゃんが作ったポップが置いてあり、八百屋の野菜の値札のように赤いマジックででかでか「ラメント」と書かれていて、その味わい深さにこみあげる笑みを抑えるのに苦労しました…。

小田原じゃ他の追随を許さないほどの漫画の品揃えですが、店の雰囲気が駄菓子屋のようで大好きな本屋です。
小田原に立ち寄ることがあればぜひまめやにも行ってみてください。

| | コメント (2)

2010年3月 1日 (月)

由良オンリー御礼

後藤羽矢子です。

昨日は由良オンリーでした。

天気はあいにく朝から雨で、気温も低かったのですが、イベントはとても楽しかったです。
しかし、その日は東京マラソンがある日で、道路の横断ができずに迂回路を行かなくてはいけなかったのです。しかし、ところどころにダンジョンの中に立っている道具屋のごとくスタッフが立って道案内をしてくれたのでスムーズに行けました。

しかしその道中にコンビニがなかったので、うっかり松本さんはお昼を買いそびれました。(私はすでにおにぎりを買っていた)東京というと、もう数メートルおきにコンビニ!というイメージなので、まさか無いとは思わなかった。
空腹を訴える松本さんにお菓子をあげて飢えをしのがせました。

そんなことはどうだっていいんですが、買い物はイロイロ新規開拓できてよかったです。ラキドに限ってはリバもけっこうイケる!ということを発見しました。
そして当スペースにお越しくださった方々に深くお礼申し上げます。
いろいろ至らない本ですが、ちょっとでも楽しんでいただければ幸いです。
描いてるときは本当に楽しかったので、私は満足です。

これからまだ読んでいない本をねぶねぶと読みますです。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »