« 淫夢 | トップページ | 童貞 »

2010年1月24日 (日)

攻気質

後藤羽矢子です。

受のフェラが大好物の私にとって、ジャンさんのフェラ好きという資質は大変好ましいものです。
フェラ好きですよね?
冬チャンでジュリオが「いつも俺がしてもらってるばかりで…」とか言ってたし、由良SPでもジュリオのをちょっと強引めにしゃぶってたし、イヴァンのを風呂でしゃぶってるときに「口の中で玉ころがして欲しくねえ?」とジャンが言ってイヴァンが「いやいい…」と辞退したのにちょっと残念そうにしてたし

でもジャンさんのフェラは受のご奉仕というより、相手を翻弄させようとする攻の精神ですよね。
私はどちらかというと総受派で、基本攻めでリバありの俺の下であがけですら、壱哉さまが受のときのほうが好きだったぐらいで…。でもそれは私のビッチ受好きの属性のせいかもしれません。攻のときはただの鬼畜攻の壱哉さまが受になるとすごいビッチになるところが萌えたのです。「お前のコレを俺のここに挿れて楽しむんだよ」と緑川声で言い放つ壱哉さまは最高に素敵だったわ…。

まあとにかく。
攻の心を持つ男が受になるとビッチになる法則。
ジャンさんは受の皮をかぶった攻です。
でもそんな攻気質の男がメチャクチャに陵辱されるというのも大変萌えるのでじつはあの刑務所の輪姦BADはけっこう好きだった…。ベルナルドBADの輪姦は悲惨すぎて萌えられなかったですが…。

そんなジャンさんを唯一完全な受にできるのはルキーノだけだなーと思いました。ベルナルドもやや精神的にジャンに攻められてるし。
badeggの黒ジャンはきっとそんな攻気質が解放されたものになるんだろうな…。
楽しみです。

あ、ところでベルナルドBADの輪姦ですが、あれはベルナルドが死なずにジャンと並べられてやられてたら最高だったという話で松本さんと盛り上がりました。そして松本さんはルキーノルートでルキーノの眼前でジャンがバクシーにやられてたらよかったと言い出し、ヤツは自分の眼前レイプ好きを暴露し始めました。それに関しては後日彼女自身が語ってくれると思います。
私もルキーノルートのあれは、最後までやられちゃったらちょっとシャレにならないので、裸に剥かれて挿入寸前くらいまではやっちゃってもいいのにと思いマシた。でもバクシーは前戯なんてするような人じゃなさそうだからキビシイかなー。

思うままに書き連ねてたらすごいまとまりのない記事になってしまいました。そしてまとめず終わります。

ちょっと前に描いてあったお座りジュリオ。

Gulio091230_2

|

« 淫夢 | トップページ | 童貞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淫夢 | トップページ | 童貞 »