« 君の中のパラディアーム 感想ネタバレ | トップページ | Cool-B 11月号ネタバレ »

2009年10月 3日 (土)

君の中のパラディアーム 感想ネタバレ その2

後藤羽矢子です。

君の中のパラディアームまだスチル2枚取れてないけど、一応ほぼクリアできたと思う。

で、前の記事ではけっこう辛めのレビューしてしまいましたが、通してやったら、けっこう面白かったです。
そんなわけでフォローのために連続更新。

以下おりたたみー。

とりあえずワタシ的に一番面白かったのは、ベルノワールルートでした。
というかゼフィールルートがアレ過ぎた…。

というか、終わってみてやっと気がついたのですが、これバカゲーですよね?
滅びゆく世界を舞台にした禁忌の恋の物語──と思ってやるとかなりアレですが、世界を巻き込む壮大な弟ハアハアストーリーと思えばけっこう楽しめます。
全編に漂うアンチクライマックスぶり──ブランセルがエールを逃がすために自らの命を犠牲にした次の瞬間に生き返って「また私を残業三昧にさせるおつもりですか」とか言っちゃうマヌケテイストもギャグなんだと思えば腑に落ちます。

そしてこのゲームのもうひとつの大きな特徴は、主人公のエールがゲーム開始時点ですでに男に調教されまくった体であるということです。ワタシが今までプレイしたBLゲーでは主人公はみんな処女だったので、ちょっとびっくりしました。
そしてベルノワールとのエッチではすごいビッチぶりを発揮してて、萌えた。
また中の人の喘ぎが上手くて…中の人は源氏名変えてますが、トキノの中の人です。

そしてシナリオ的には本命であろうヴァンベールルートでは、両想いになっても調教の記憶が嫌悪の引き金になってエールはエッチを拒み続けてたのですが、しばらく時間も経ってヴァンがしつこく求めてくるので、まあそろそろいっかみたいなカンジで始めます。(これもまた「エピソードのない」状態だなーと思う…。普通こういうときはエッチを許そうと思うきっかけになるエピとかをはさんだりするものだけど…まあリアリティにはあふれてるけど…)

でもヴァンのほうは童貞なので、いきなり挿入しようとしたりして思わずボソッと「ヘタクソ」と呟いてしまうエール…。しかしめげないヴァンは「どうしたらいいのか手順を言ってくれ!」と熱く迫る。しかたなく「乳首を吸って」だの「片方を指で弄って」だの指示を出すエール…な、なんか今までのBLゲーで見たことのないノリで新鮮だった。

そして快楽で淫乱モードにスイッチがはいってしまうと「まだ、らめぇ…?もっとエッチな言葉言わなきゃエールのこと弄ってくれないの?」などとみさくら語になってしまうエール。
男の「らめぇ」初めて聞いたよ。いいもんだね…。
そのあとハッとなって「僕こと淫乱だって思ったでしょ!」と自己嫌悪に陥るエールに、俺の恥ずかしい姿も見せる!とばかりに目の前でオナニーを始めるヴァン…。見てる私はブフォァッてなってるのに、雰囲気は大真面目でよけいおかしい。

とにかく、なんか、全体的にノリがおかしいゲームです。
EXTRAにはいってる用語集もなんか変だし、この変さを面白がれるムキにはオススメです。

|

« 君の中のパラディアーム 感想ネタバレ | トップページ | Cool-B 11月号ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君の中のパラディアーム 感想ネタバレ | トップページ | Cool-B 11月号ネタバレ »