« B,sLOG 10月号ネタバレ | トップページ | BE×BOY GOLD 10月号読んだ! »

2009年8月28日 (金)

ラッキードッグドラマCDSUMMER CHANCE 感想ネタバレ

後藤羽矢です。

ラッキードッグのドラマCD聴きました。

萌えすぎて頭がバカになるかと思いました。

そんなわけで感想書きます。一応発売直後なので折りたたみー。

最初のトラックはジュリオ編。
ボスになったジャンが、会合のために長期列車に乗ってシカゴへ。デイバンからシカゴまで36時間って昔は移動に時間かかったんだなあ。緊張で珍しくナーバスになってるジャンをあれこれ気遣うジュリオ。ジュリオの声って本当になんてカワイイんでしょうか。ゲーム本編でもジャンに対する花のような乙女のような口調から一転、他の人間相手のドスの効いた喋りへの豹変ぶりに何度もツボを突かれたもんです。
ジュリオの声が、一瞬女性かと思うほどの可憐さに対し、ジャンの声の受とは思えないほどのガサツぶりがいい。
ジャンが緊張から乗り物酔いして、吐きそうになってるとき。普通BLの受だったら「う…く、は…っ」ぐらいに抑えておくのが普通だと思うんですが、ジャンは平気で「おえっ、おぅえっ」とか言っちゃってます。その飾らなさがステキ…。でもジャンはそのガサツななかに垣間見える可愛さがいいんです。ジュリオにマッサージしてもらって勃起しちゃって、そのままエッチになだれこむんですが、そのときのジャンの年上ぶるところがあーたまんねー。「ジュリオ、だぁめ」って言うとことか「お前も勃ってんじゃーん♪」とか「なに?」って言うところの語尾の優しさが…。

しかしジュリオ、ゴムのつけ方も知らないなんて、本当にうぶですね。それをつけてあげるジャン萌える。そしてあいかわらず挿入時の水音と、ピストンしてるときの餅つきのようなSEが激しすぎ。ゲームではコンフィグでSEの音量をかなり絞った私ですが、CDではそういうこともできず、寝台がギッシギッシ言うSEとジャンとジュリオ両方の激しい喘ぎと、餅つき音とのんきに列車がガタンゴトン言う音が渾然となって最高に逃げ場のない状態でした。

ところでこの話のオチはじつは特等者の乗客全員ジュリオの部下でしたーというものだったのですが、私はここで「はじめてのおつかい」を思い出しました。
ちょっと話が逸れるのですが、私は数年前、はじめてのおつかいの撮影を目撃したことがあります。
一人暮らししてたとき、洗濯物取り込もうとベランダに出たら、眼下の道にチェックの割烹着を着た若奥さん風の人が立ってたのですが、その人が一目でわかるほどメチャメチャ怪しいオーラを放っており、「な、何…?」と思って、じっとその人をベランダから見ていたら、しばらくして幼児とその後をぞろぞろついていく、更にアヤシイ男たちが現れて、そこではじめてのおつかいだーとわかったのです。
ジャンも列車に乗るときに乗客にちょっとアヤシイ気配を感じていて、あーやっぱりわかるよね、そういうのってと無意味なシンパシーをジャンに感じる私。

ジャンに計画がバレてガクブルしてるジュリオが一転、部下に凄みをきかせてるところが最高。ジュリオの演技はいくら聴いてても飽きないです。

ルキーノ編は、ギャンブルではずしまくって落ち込むジャンをルキーノが慰めるハナシなのですが、ここでも「あー聞こえんなー」とか小ネタがはいってて楽しい。あー…でもこのネタがすぐにわかる人はたぶん年寄りです。
対ルキーノのジャンは、ちょっと心揺れ動く乙女モードなのですが、モノローグまでちょっぴり乙女風味。このタダノさんの演じ分けが素晴らしい。ルキーノにいきなり挿入されそうになって「無理だってやだって、怖い」と言うところは、もうムッハー!となるほど萌え滾りました。この台詞が一番萌えた…。そのあと忘我の境地でルキーノの名前を呼ぶとことか、余韻でトロトロになってる吐息がエロ過ぎる。

私はブックレットを見ずにまずCDを聴いたので、その後、ホーマーとジョシュアとロイドが出てきたのに本気でびっくりした。
ホーマーが偉そうに解説するのを聴きつつ「お前、ジャンにやられてヒーヒー言ってたくせによ…」とか思う私。しかしこれはマジで続編フラグかなーと思いました。ロイドのイケてるスーツ姿をスチルで見たいものです。
そしてブックレットにエロ絵が一枚づつ描きおろされてるのを見て、またムハーとなりました。

そんなわけで、すさまじく堪能しました。ドラマCD苦手病もだいぶ克服できたカンジです。なんかおまけトラックも含めて全編萌え過ぎて、要点を絞って語りにくくて、かえって感想書きにくかったー。
次のイヴァンとベルナルドのCDも楽しみー楽しみー。

|

« B,sLOG 10月号ネタバレ | トップページ | BE×BOY GOLD 10月号読んだ! »

コメント

私もラキドのドラマCD、聴きました! タダノさんの演じ分けは本当に素晴らしいです。

乗客全員がボンドーネ家のSP、特等列車貸切……やることなすことスケールがでかいです……さすがセレブ。

ルキーノ編終盤、好き好き攻撃を仕掛けるルキーノに萌えました。

ルキーノの愛し方ってオープンですね。情熱的。そんなルキーノとジャンの血液型は、実は同じなのですね。

ブックレットに各キャラの血液型と年齢が!

ルキーノとジャンは2歳差だったのですよね…。時々、二人はもっと離れているように感じてしまいます。

ルキーノの威厳っぷりは凄いです。

投稿: yun | 2009年8月29日 (土) 11時01分

ラッキードッグ1のドラマCD、大変萌えましたね!

あのジュリオが、「……ファック……」とか不穏なことを呟いていましたね…!

狂犬ジュリオに、地の底から響くような声で、「……くそったれめ……」とか言われたら、恐ろしくて、部屋に戻ってもゆっくりできなさそうです……。

ところで、「きょうのおつかい」ですか!確かにああいうのって、周りから見るとモロバレなのですよね。

私は前にロイヤルファミリーの護衛さん達を見たことがあります。

祭を見に来たセレブ御一家を護るため、SP全員がスーツの上に法被着てました(汗)

私もジャンと後藤さんに、シンパシーを感じてしまいそうです(笑)

投稿: sayama | 2009年8月31日 (月) 19時42分

>yunさん
タダノさん上手いですよねー。BLCDにはよく出てる人だと教えてもらったのですが、私はラキドが初めてだったので新鮮でした。
ルキーノはもう少し年上でもいいなと思いましたが、年が近いのに雰囲気に年齢差があるというのもまた萌えですよね。哲蓉みたいで。

>sayamaさん
ジュリオのドスの効いた声怖いですよねー。お坊ちゃんだからあんまり汚い言葉使わないからよけいギャップで怖いですね。

ロイヤルファミリーの護衛ですか!
すごい物々しいのでしょうね。ロイヤルファミリーの方々はそういう人たちの存在を重苦しく感じることなく空気のように軽やかにしてらっしゃるのでしょうね。そういうのもなんかジュリオっぽいですね。

投稿: 後藤羽矢子 | 2009年10月29日 (木) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B,sLOG 10月号ネタバレ | トップページ | BE×BOY GOLD 10月号読んだ! »