« ラッキードッグ祭り その2 | トップページ | ラッキードッグ祭り その3 »

2009年7月 7日 (火)

ジュリオかわいすぎるだろう…

 松本蜜柑です。

 最近いろいろBLゲーをやっている後藤さんがそのたびおすすめして来るので、そのうちマスカレードだって紅天だってやろうとは思いつつも、どれも自分的義務ゲー積みゲーが多すぎてなかなか手を出せなかったというのに、なぜかふとラッキードッグに手を出してしまった今日このごろです。
 今回は後藤さんの熱意がハンパない雰囲気だったのと、わりと短いらしいことと(短かめのが好き)、シュラバの合間のもう原稿かきたくないでござる!!という心の弱り目に付け込まれました。

 どーしてくれるんですか、ジュリオがかわいすぎて生きるのがつらい

 まだ完クリではないですが、あとちょっととりこぼしたイベントがあるくらいでほぼ全員おおまかにはクリアしました。

 おおお、おもしろいなー!

 絵はぶっちゃけちょっとイベント絵も背景絵も、枚数がかなり少なめですが、由良さんの絵はなにげにゲーム雑誌をパラパラめくっていても自然にパっと目にとまるような押し出しの強さとけれんみとサービス精神がすごくあって、枚数少なくても要所をおさえてくれているので、あまり気になりません。イベント絵のほうは。
 ただ背景はもうちょっとあったほうがよかった。同じ背景を何回も別の場所のはずの場面で使いまわすのは、無理のない場面ならいいと思うのですが、トイレのはずなのに絵は倉庫、とか、雑貨屋のはずなのに絵は酒場、とかはさすがにちょっと脳内でツッコミ入れてしまって、せっかく話に没頭したいのに我に返ってしまいます。

 話は本当におもしろかった。
 もし自分的にそれほどすごい萌えキャラがいなかったとしても、話が面白いので楽しめただろうな思います。
 私はぎゅっとつまった短編が好きなので、このコンパクトな長さなのも好みでした。

 (ここから微妙なネタばれ感想?)
 ところで、私はまったく作品の前知識なく、絵だけは雑誌などで見ている程度で、後藤さんの感想なども読まずにプレイしたので、最初は主人公が受けなのか攻めなのかすらわかっていませんでした
 しゃべくりだすとどえらいチンピラ声。でも声だけでは受とも攻とも固定しがたい……。
 ちょっとプレイはじめると、ムショの中であの人とかこの人とかとさっそくエロいことしちゃってますが、そのときは主人公攻。
 でもお相手キャラのメンツを見たら明らかにこの人は攻だろうと思う人もいる(ルキーノとか)

 ……なので、もしかしたらリバか、お相手しだいで受け攻め相性が変化するタイプかなと思いました。
 そうだとすると年長2人が攻で年少2人が受か?! いやそれともメガネとキタロウが受で赤毛とヤンキーが攻か…?!(←最初名前を覚えていなかったので脳内でこう呼んでいた)
 とかなんとか、いろいろいらんことを、でも腐女子的には超大事なことを、あーだこーだ考えつつやっていたのですが、…………

 あ、なんかちょっと時間がなくなってきたので以下次号にします。

 そして時間がないのにこんなのをらくがいてしまいました。

090707lucky

 言うな。わかっています。悲しいほど似なていって言うな。

|

« ラッキードッグ祭り その2 | トップページ | ラッキードッグ祭り その3 »

コメント

松本さんがもし紅天をプレイしたら、嘉祥さまか、雷王にはまるのでは…と勝手に脳内妄想……です。

ニトロファンとしましては、先割れボイスのあのキャラも捨て置けない……かも?

松本さんの、セルフツッコミが大好きです!

投稿: mikawa | 2009年7月 8日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラッキードッグ祭り その2 | トップページ | ラッキードッグ祭り その3 »