« ラッキードッグ1 イヴァンルート感想 | トップページ | NITRO SUPER SONIC 10th Anniversary 行ってきた »

2009年6月25日 (木)

ラッキードッグ1 ジュリオルート感想

後藤羽矢子です。

本日三回めの更新。何をやってるんだ私は。

ところでラッキードッグって至るところに小ネタが散りばめられてますね。

性欲をもてあます、とか。
きみはほんとうにばかだな、とか。
さすがメルセデスだ!なんともないぜ、とか。
サンキュー神様、いいってことよー、とか。

たぶんまだまだあると思う。

まあそれはともかくとして、現時点で最萌えなのがジュリオルートです。
ジュリオも発売前はかなり興味薄かったんですが、彼にこんなに萌えるとは思わなかった…。私としてはかなり予想外の多いゲームです。

ジュリオも年下、容姿端麗で金持ちのボン、身体能力はすさまじく、けれど殺人大好きっ子で死体フェチ。単独ではクールだけどジャンに対してはおどおど系。ジャンへの呼びかけが6割の確率で「ジャン、さん…」になってしまいます。
そしてジュリオの祖父は、CR-5の役員であるお偉いさん、ドン・ボンドーネなのですが、こいつが何かというとしゃしゃり出てきてジュリオを支配しようとするのです。
で、こいつの喋りがなんというか、妙に巻き舌というかエセ外人風というか「いいくぁ~、ジュリゥオ~ぅわたしにさかるぁうことはゆるすぁ~ん」みたいな…。
私はこいつが喋るたびに笑ってしまって…こいつのボイスだけオフにできないかと思ってしまいました。

ジュリオはジジイの前だと死んだ魚の目になって服従以外できなくなってしまいます。そんなジュリオが人並みの明るさを取り戻せるのはジャンといるときだけ。ホテルの部屋でルームサービスでケーキやアイス食いまくったりして子供ように戯れる二人、
しかしあるとき、ジャン抜きで殺しをしたジュリオは暴走して現場に駆けつけたジャンを思い余ってレイプ。あ、ジュリオも攻めなんだ…と思いました。もしかして受けかもなとぼんやり思ってたんですが。死体ごろごろの現場でナイフをジャンの首に突きつけつつ「ごめんなさいごめんなさい」と言いつつ血まみれレイプ…。
…病みすぎてるとかえって萌える…。
あとあんまりルート別にどうこう言うのもどうかと思うのですが、このルートのジャンがいまのところ一番好きです。前半おかん、後半姫で。すいません王道好きで。

イロイロあって2回めの和姦では、溶けたアイスのついたジャンの指をジュリオが舐めるところから火がつくのですが、そのとき私は「これは溶けたアイスをチンコにつけてジュリオに舐めさせるんだな!」とピンときたのですが、はずれました。ジュリオならきっとうっとりと舐めてくれると思うんだけどなー。しかしこのエッチはよかったです。他のキャラはジャンを含めてみなそれなりに色事を経験している者たちですが、ジュリオは童貞だったんです。初めてのSEX(実際の初体験はレイプでしたが)初めての自分を受け入れてもらえる行為に涙を流すジュリオ…可愛すぎる…。

その後のジジイからの呪縛を断ち切るシーンは、お約束とわかっててもグッときます。このジュリオは本当にカッコイイ。拉致られてボコられるジャンのところに駆けつけるジュリオにジャンは「ジュリオが…来てくれた…!」とモノローグるのですが、これが台詞としてはありきたりなんだけど新鮮だった。他のルートのジャンはこういう物言いしないよなーと思って。色んな意味で素というか剥き身なカンジのジャンが萌える。

そんでイロイロあって最後のスチル。二人が教会で向かい合っているのですが、ジュリオがジャンより頭ひとつ分高くてブウッてなった。ジュリオ、そんな背が高かったのか…。なんとなくジャンと同じくらいの背丈かと思ってたよ…。しかしこのスチルのジュリオがまたかわいい。

そんなわけで駆け足でラッキードッグの感想を書き散らしました。
残るはルキーノルートです。他ルートではかなり空気な人なんで、どんな隠された人間性が伺えるのか楽しみです。フルコンプしたらまた総合的な感想書くかもです。

はー…さすがに一日3連続更新は疲れた…。

|

« ラッキードッグ1 イヴァンルート感想 | トップページ | NITRO SUPER SONIC 10th Anniversary 行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラッキードッグ1 イヴァンルート感想 | トップページ | NITRO SUPER SONIC 10th Anniversary 行ってきた »