« ラッキードッグ1 ベルナルドルート感想 | トップページ | ラッキードッグ1 ジュリオルート感想 »

2009年6月25日 (木)

ラッキードッグ1 イヴァンルート感想

後藤羽矢子です。

さっき更新したばかりですが、月末にはスパソニやスイプードラマCDなどもあって、また間が空きそうなのでいまのうちにドカッと更新します。

ベルナルドルートの次はイヴァン攻略。
正直発売前はスルー気味だったのですが、ベルナルドルートのときから、ジャンとベルナルドにからかわれたことにも気づかず「こいつらホモだーっ」と騒ぎたてたり、最大のピンチのときに颯爽と助けに来てくれたり、(ベルナルドは頭脳派なのでガチバトルには長けてない…こういうキャラの特性の描き分けがきっちりできてるところも好感度高いです)なんかこうキュンとなって次イヴァン行こうと決めた次第です。

イヴァンはジャンより年下。でも幹部としては先輩なんで、やたら先輩風吹かしたり恩着せがましかったりします。とにかくめっちゃジャンを敵視してるのですが、ジャンは物ともしていません。軽口の叩きあいなども、ベルナルドとはウィットに富んだやりとりをしていたのに対し、イヴァンとは「バーカバーカばーかばーか」とか「ボケ」「アホ」「カス」「死ね」などと直情的かつ知能指数低め。
しかしイヴァンと行動を共にしているうちに、彼がバカっぽいわりには非常に用心深く神経質であることがわかってきますホテルのルームサービスも毒が仕込まれるかもしれないから食べない。食事は外で買ったジャンクフードばっかり。自分を守ってくれるのは力(権力含む)と考えるイヴァンは、自分が認められること、高く評価されることに非常に飢えていて、自分が敵幹部に寝返らないかとスカウトされてることも自慢のタネにしてしまうほどです。あ、でもこれは彼がイタリア系で構成されているCR-5のなかで唯一のアメリカ人であることからの不遇への反発でもあるんですけど。

そんなイヴァンですが、じつは情にはかなり厚く、特に女子供には優しいです。シマでは「女コロガシしちゃってるイケてる俺」のセルフイメージに酔ったりしていますが、基本ひどいことはしません。それどころか女子供をひどい目に遭わせた人をぶっ殺しちゃったりします。
それが原因でややこしいことになり、ホテルで謹慎状態になるジャンとイヴァン。そこで売り言葉買い言葉でエッチになだれこんでしまう。この減らず口の叩きあいしながらヤるのが萌えた…。イヴァンルートだけデイバン編でのエロが3回あるんですが、(他のキャラは2回)だんだんとデレ度が高くなってくるのがよいです。特に3回めでは、ジャンがイヴァンの手を縛ってのしかかってきたので「リ、リバ…!?」とびびる。イヴァンも超びびりまくってて可愛かった。でもそんなことはなくジャンが上になってイヴァンを銜え込んだだけでした。でもこのちょっと年上っぽく余裕かましたジャンは色っぽくて大変萌えました。しかし、せっかくのスチルなのに左上にある日付表示が邪魔…。

そうなんです!このゲーム、キャラの顔が画面の左上にくる斜めアングルのスチルが多いんですが、そのたびに日付とラッキー度とオメルタの表示部分に顔が隠されてしまうんです。まあエクストラでスチルは見返せるといっても、やっぱりエロシーンなどは声とスチルとテキストが一体となった状態で見たいじゃないですか。
そのへんがちょっと残念でした。

それはともかく、人を信じることができないのに、いやできないからこそ「ダチ」を切望するイヴァン。「俺たち…ダチだよな?」をやたら確認するように呟くイヴァンに「いやそれあんた恋だから」とツッコむ私。結局作中でそれにツッコむ人は誰もいなかったので、通常EDの最後のスチルではブチューっと熱いキスをかわしておきながら最後までダチ関係だと言い張ってたイヴァンでした。
ところが、トゥルーEDで。
いきなり(反転)イヴァンがジジイになってていまわの際でした。ルートの途中で心電図が流れるシーンが伏線としてありましたが、どうもこのルートは老人イヴァンが死ぬ間際にみた走馬灯ということらしいです。エエエエー!

ジャンとはどうなったかというのは一切描かれていません。ただ「ベッドの上で死ねたヤツもドブの中でくたばったヤツもいた」(記憶のみなのでうろ覚え)と言ってたので皆さん彼岸に行ってしまったらしいです。ジャンはベッドの上で死ねたヤツでありますように…。もちろんイヴァンに看取られてな。そして彼にとっての「ダチ」というのは大事な人の総称であるということに最後の最後で気づかされました。

いや途中で気づけよ自分って話ですけど。

|

« ラッキードッグ1 ベルナルドルート感想 | トップページ | ラッキードッグ1 ジュリオルート感想 »

コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

今回ラッキードッグをプレイされたとのことで、感想とても楽しみにしてました。
ジュリオルートの記事も読ませていただきました。
ドン・ボンドーネの話し方は本当…噴きました(笑)
聞いてるのが我慢できない感じでしたよね。
最後のスチルもすごい可愛いし、ルートコンプの絵もジュリオのものが一番可愛いと思いました。

それはそうと日付が邪魔とのことなんですが、ゲーム内ではテキストボックスの右上にある「PANEL」というのをクリックすると日付が消えるようになってるみたいです。是非お試しくださいませ。

このゲーム、本当に萌えますね!
私もこのブランドというよりマフィアという設定とOPのカッコよさで買うことにしたんですけど買って正解でした。
ルキーノルートの感想も楽しみにしてます!
乱文ですがこの辺で失礼いたします。

投稿: ときお | 2009年6月25日 (木) 23時58分

イヴァンルート、ほろりと泣けるところが要所要所にありますね。

友達……。

イヴァンにとってのそれは、この上ない親愛の込められた言葉であったのでしょうね……。

投稿: 三河 郷 | 2009年6月26日 (金) 17時49分

ときお様>パネル情報ありがとうございました。
しかしちょっとマニュアル不親切ですねー。(ネットマニュアルも)私は最初オメルタの意味もわからなくて悩みました。でもラキドは買って正解物件でしたね。

三河 郷様>イヴァンは最後のジャンの「イヴァン…おいイヴァン」が泣けましたね!いつも悪態つき合ってるのであのジャンの優しい声音が染みましたねー。

投稿: 後藤羽矢子 | 2009年8月 7日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラッキードッグ1 ベルナルドルート感想 | トップページ | ラッキードッグ1 ジュリオルート感想 »