« GENOウィルス | トップページ | 隙間 »

2009年5月22日 (金)

ボイストレーラーとかB,sLOGとか

後藤羽矢子です。

sweet poolドラマCDのボイストレーラーきましたね。

睦のを聴いたときに咎狗のドラマCDと同じ作り(本編をなぞりつつ、キャラのモノローグなどをはさみこんで心情をピックアップ)なのかなと思い、まあそれも好きだけど新しい物語を知るワクワク感はないよなとか思ってたのですが、善弥のを聴いて俄然テンションがあがりました。
これはある意味善弥ルートはいってるよね!
もちろん哲蓉が本命ではあるんですが、私はプレイし終わり、時間が経つにつれ善弥ルートが欲しいなと思うようになりました。松本さんにしつこく「あー善弥ルート欲しかった」と漏らしたり、もういっそのこと自分で捏造善弥ルートSSを書こうかと思ったりしてました。

善弥のキャラにすごいいっぱいドラマの素材を仕込まれているのに、それが使われてないのがもったいないと思うし、何より善弥の痛みや苦しみを蓉司が最後までほとんど知ることがなかったのが可哀想で。
睦はいいんです。本編のなかで、ちゃんと友情としての帰結がついてるから。睦の気持ちを蓉司がわかってくれたから。
でも善弥は蓉司にとって、災難を振りまくキチガイでしかなく、一応本編でちょっとは「彼も被害者なんだ」的なことは思うけど、善弥を理解しているとは到底言いがたい。まあ、シキアキみたいに互いに全然理解しあえてないまま寄り添っていく関係もあるし、必ずしも理解が必要ってわけじゃないんですけど、それにしても本編では善弥が何か言うたびに
何を言っているのかまるで理解できない──」みたいなテキストがはいるのが悲しい。
とにかく、善弥が何か言えば蓉司は「ハァ!?」となるし、蓉司が何か言っても善弥は聞いちゃいねーしで、だからボイストレーラーで二人がまともな会話してるだけでおおーーー!となったのです。なんてハードルが低い…。

そんなドラマCD、もともと楽しみでしたが、さらに楽しみになりました。

ところでB,sLOGですが。
キラル三昧、イラストがリレー形式だということを今回初めて知る。今回は山田外郎さんのイラストで、ボコり合ってぼろぼろになってるシキアキ。アキラの顔が鼻血は出てるは青タンはできてるわで容赦ないです。シキさんも鼻血は出してるものの、顔にそれほどダメージはなくさすがってカンジ。男同士がガチンコファイトやったらこれぐらいなるよねー。萌えました。アキラたんは痛めつけられると輝くよね…。来月はどなたにバトンが渡されるのでしょうか。楽しみです。
そして読者のキラルイラスト。キラル賞を獲るとレアアイテムプレゼントとあって、いったい何なんだろうと思ってたら、今月は淵井さんとオニツカさんのサイン入りスイプーオフィワでした。おい!欲しいじゃねえかよ!!
まあブツは毎月違うらしいんですけど。次はビジュアルファンブックプレゼントらしいです。やっぱりサイン入りなんでしょうか。マジで私もイラスト送ろうかな…いやでもそれで没になったらあまりにも恥ずかしすぎる…。そういえば私、いい大人だったのに忍たま乱太郎のイラスト紹介にイラスト送って放映されたことがあるぜ!
まあそんなことはどうだっていいんですが。
ビジュアルファンブックには、描きおろしイラストが10種類あるとのことで、そっちもすごく楽しみです。スパソニもあるし、楽しい6月になりそうです。

|

« GENOウィルス | トップページ | 隙間 »

コメント

後藤さんの善弥SS、今から期待してもいいですか!?悲壮な過去を抱えている善弥の精神面とか、母親健在の頃とかのお話が知りたいな、とずっと思っていたのです。本編で哲雄にナイフを振り翳す彼は、とても痛々しく見えてしまったり。何らかの形で救済されたらな、と悶々していました。自身の抱える闇が深く、それを制御していく為に、エキセントリックな態度をとるのかな、と個人的にそう思っていたりします…。誰かを傷つける場面もある善弥ですが、その分、自身が傷つくことも多いような、そんな気がいたします…。

投稿: 井伊これきよ | 2009年5月23日 (土) 20時17分

善弥のドラマCDを聴いて、描かれていないおこぼれ部分があったらそこを拾ってSSとか書きたいですねー。やっぱり私は公式至上主義なんで、公式に書かれたことからはずれたことは書けませんでしゅ。スイプーは本当に二次がキビシーです。

投稿: 後藤羽矢子 | 2009年5月28日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GENOウィルス | トップページ | 隙間 »