« B,sLOG6月号 ネタバレ | トップページ | カラオケ »

2009年4月24日 (金)

うちにも村正体験版がやってきた!

 松本蜜柑です。

 のっけから情けない報告ですが、予定していたLamento全員女体化本はスパコミに間に合いません
 幸いというか、5/17の大阪のシティをとっているので、そちら合わせになります。ちょっと今いろいろ私事でたてこんでいるのでそれも確実とは言えませんが、鋭意がんばりたい所存です。
 どうしようもなく色物としかいいようのない本ですから、こんなのほとんどの方にとってはどうでもいい話かと思いますが、ごく一部の熱いニョタ好きの皆様には、お待たせすることになりまことにあいすみません。

 そんで、鋭意がんばりたい所存とか言った尻からアレですけれども、私もやっとアマゾンから届いた『村正(仮)』体験版をプレイしました!
 だってもう新刊は無理だもん。村正体験版を我慢したってどうせ新刊無理だもん。すごい待ってた奈良原さんの新作だもん。ここ最近のニトロで一番待ってるゲームだもん。だもんだもんだもん。

 もうなんですか、すっごいアレです。アレってなんだという。すっごいアレなんですよ。

 すっごいニトロ臭いヤツキターーーー! みたいな。

 一言で言うと、そんなカンジでした。

 ネタバレを極力しない方向でもうちょっと詳しく言うならば、ちょっと組み立てはデモンベイン系みたいなというか、デモベが魔法+ロボットアニメなら、村正は剣客(?)+ロボットアニメです。
 そしてデモベがテレビ向けアニメならば、村正はR指定のOVAです。もしくは昨今なら深夜アニメならこういうのもアリかしら、エルフェンリートなんか平気で地上波だもんね……みたいな。

 体験版時点ではまだちょっとしか出ていませんが、『刃鳴散らす』でいうと一番人気の女子キャラだった戒厳たん的な、ニトロお得意の激強美少女キャラもメインキャラとしているっぽいし、たぶんこの人主人公だよね的男キャラも美形です。とりあえず腐女子エロゲーマーであるなら、この人にビっと来るものを感じたらやってみたらいいんじゃないかなと思います。
 全体的に『刃鳴散らす』より華があると思いました。シャレじゃないです。

 でももう体験版の時点ですでに血なまぐささは『刃鳴散らす』の比じゃなくて、ニトロのサイトの『刃鳴散らす』の奈良原さんの雑記内にあった時代物のSS、あれくらいの無情さと無常さと血なまぐささ、あれに近いものがありました。気になる方はちょっと読みに行ってみてくださ…………と書こうとして、今『刃鳴散らす』のページを確認しに行ったんですけども、なぜか雑記そのものが読めなくなっていました。メニューには残っているのになんでだ。

 ただ、その血なまぐささは、同時に華にもなっているというか、耽美臭も高めているんじゃないかなと思います。まあそう言いきれないところもなくもなくもなくもなくも……いや、そのあたりは本編をやってみないとわからないことですよね…。

 とのもかくも、もう本当になんというかニトロやってくれたな、というカンジです。
 もちろんもっとやれ的な意味で

 咎狗の耳は『村正(仮)』を応援しています

|

« B,sLOG6月号 ネタバレ | トップページ | カラオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B,sLOG6月号 ネタバレ | トップページ | カラオケ »