« ノベライズ | トップページ | もうすぐ »

2009年2月28日 (土)

紅天ドラマCD感想

後藤羽矢子です。

いろんなモノと闘っているうちに、また日が過ぎてしまいました。
3月はもう少しマメに更新したいものです。

仕事中にやっっっと紅天のドラマCD3枚を消化しました。
何回も言ってますが、私はドラマCDがちょっとだけ苦手で(最近はやっとそうでもなくなったけど)聴くのに気力がいるのに加え、また紅天のドラマCDが強烈に濃くて一枚聴いたあとにインターバルが必要だったのです。

ところで。
紅天のレビューでは、なんとなく弧白ルートと雷王ルートの感想を書きそびれてしまったのですが、なんというかタイミングというか、機を逃したというか。こういうのって別に季節や旬が関係しているわけでないので、いつ書いたっていいんですが、あんまり間を空けると今更感が漂うのも確かで、このパターンで松本さんがいろんなゲームのレビューを書きそびれている…。そういうわけで別にこの二人のルートがよくなかったというわけではないです。
むしろ紅天に関しては、捨てキャラがいなくて、どれも平均点高めで僅差というカンジです。シナリオは桜螺が好きで、関係性は雷王が好き。外見は今日丞が好きで(受けっぽい美形好き)エロは弧白が好きです。

それでドラマCDなんですけど。
普通商売的には、1キャラ1CDが妥当だと思うのですが、これは2キャラ1CDというお得なもの。攻略キャラ全員フォローしているうえ、そのうちの一枚は、ゲーム本編では攻略キャラでなかった嘉祥さん(一条和矢声のしぶめ美形オッサン)とのエロがあります。嘉祥さんは今度出るファンディスクで正式に攻略キャラ入りします。
しかもこの嘉祥編、ドラマCDなのに分岐がある!
嘉祥さんにエロ取引を持ちかけられて、怒った藍丸が炎の術を使うところで分岐。
嘉祥さん単独で炎をかわして嘉祥さん一人で藍丸を犯すルートと、嘉祥の従属の襲(かさね)が割ってはいって、3Pに突入するルート。3Pといっても襲さんはフェラチオ係ですが。

エロは濃く、というかほとんどエロのためのCDなのでトラックの大半が喘ぎで構成されており、しかも何をどうしてるかは聴き手の想像にまかせるなどという生ぬるいことはせず、藍丸は「おい!褌に触るな。脱げるだろうが」とか「ちょっ…なに玉なんて揉んでやがる!」とか言って、ああ、褌脱がされてるのねとか玉をもまれているのねとイメージがすんなり浮かぶよう配慮してくれてます。
攻めは攻めで「君の襞のひとすじまでもが蠢いて指に絡みついてくる…」などと微に入り細を穿つ超絶実況。私はそのたびに心の中で「ひぎぃぃぃぃぃぃぃ」と叫んでいました。(アシさんがいたのでリアルで叫べなかった)また挿入したらしたで、いかに藍丸のなかが悦いかをとうとうと説明してくれる攻めの皆さん。ドラマCDにはだいぶ慣れたと思っていたのに久しぶりにいたたまれなさを味わえました。

しかし藍丸の喘ぎは上手くて大変よいです。元々気風のいい江戸っ子なので、やられてるときもべらんめえ口調なのがいいです。
「俺の腹んなかで果てやがれ!」とか威勢のいい言葉を、アヘったテンションで言うのが私のなかで新ジャンル開拓ってカンジでした。

そんなわけで、聴き終わるとぐったりしてしまう紅天CDですが、萌えでエロで大変よかったです。甲乙は本当につけがたいんですが、どれが絶対ひとつを選べと言われたら弧白編かなあ…。あの幼子をあやすような弧白の口調が萌える。幼子をあやすように意地悪しているのがいい。あと現代なのもちょっとよかった。あと弧白が完全に青姦要員として定着していたのも面白かった。スイーツが充実している現代は藍丸にとっていい時代だろうなあ。それでも和菓子好きっぽいけど。

心にゆとりがあったらSS集の感想も書きたいです。遅いけど。

拍手お返事。反転してます。

20日23時39分の方 Lamentoのノベライズ嬉しいですよねー。値段とか不安要素はいろいろあるんですけどやっぱりライ視点は楽しみですね。あの娼館でライさんが何を考えていたのかと思うとわくわくしますねー!

21日10時の方 たしかにコノエのチンコデカいですね…。私も描いてるときから思ってました…。でも攻めのチンコは受けよりもデカくなくてはいけないというBLの約束により、ライとアサトとバルドのチンコはたぶんコノエよりもデカいはずです…。

|

« ノベライズ | トップページ | もうすぐ »

コメント

紅天、濃すぎですよね。
ゲーム本編でも狐白との裏通りでの最中は藍丸の内心のセリフまでも声つきでドキドキしました。
ファンディスクも楽しみですね。
SS集の感想、楽しみに待ってます。

投稿: りりこ | 2009年3月 1日 (日) 00時33分

紅天ドラマCDの感想記事、読みました!
で、ですよね!い、いたたまれなくなりますよね、アレ。女性向けゲームのドラマCDで、ここまでエロに特化してるの、初めてでした…。中の人の演技がどれも神レベルです。狐さん、もうそろそろ屋内で抱いてくれても…と思っていた私は、まだまだです(笑)今日丞…ちょっと不憫だと思いましたが、それを忘れさせてくれる程のSっぷりです…発展性という意味では、嘉祥編と同じくらいありそうです。ええと、あと50年くらいで終わる関係…だから、藍丸も一紋の皆も淡白なんでしょうか。温度差のあるカップルだなぁと思うのですが…。あと、嘉祥編、お菓子で釣る嘉祥と釣られる藍丸…ええええーっ!となったのは私だけでしょうか(汗)知らない人についてっちゃいけません!とはよく聞きますが、知ってる人でも、危ない人にはついてっちゃ駄目ですよね!?ね!?

投稿: 井伊これきよ | 2009年3月 1日 (日) 00時34分

紅天のドラマCD感想、物凄く同感で読みながら何度も「うんうん!」と力強く頷いてしまいました‥‥居た堪れない感じしましたよね、やっぱり(笑)  私も聞きながら「ひぎいぃ!!」ってなってました、恥ずかし過ぎてww
そんなにイチイチ事細かに説明しないでぇー!!(爆)

曖昧にボカして状況を聞く人の想像に任せる感じの、キラルとは全く違う趣向ですよね。

投稿: ヨク | 2009年3月 1日 (日) 03時09分

 はじめまして、いつも、楽しく拝読させていただいております。 紅天の濃厚な攻めの皆様のセリフに、赤面したり、微笑んだり、とにかく、ラブシーンが、熱い、激しい。 でも、嘉祥編のルート分岐は、CDでは、珍しいですね。

投稿: エン | 2009年3月 1日 (日) 15時01分

紅天、凄いですよね。何が凄いって、もう、あの、濡れ場が。
弧白は…やっぱり基本、獣なのでしょうか。だから青○を…ぎゃぼん。
あれって、何も知らない通行人が、最中を見てしまったら、どうなるのでしょう。
見たほうが悪いことになるのでしょうか?(笑)
嘉祥編のルート分岐、びっくりでした~。カットされた部分があると聞き、三枚同時購入特典のCDに収録されたノーカット版を聞いたのですが…ど、どの辺りがカット部分なのでしょう…細かくて分からなかったです…もう一度、ちゃんと聞いてみようと思います。あああ、でも、あれをリピートするには、かなり気力と体力が(以下略)

投稿: ディスカバリー | 2009年3月 1日 (日) 17時00分

>りりこさん
紅天の藍丸の喘ぎはいいですよねー。声質はちょっと違うけど関俊彦さんを思い出す声だなーと思います。男らしい喘ぎはいいです。SS集の感想より先に改めて弧白&雷王ルートの感想書くかもです。

>井伊これきよ さん
弧白さんは、公式特典のSS集で、300年後の再会のあとホテルの部屋で藍丸とやってます。唯一の屋内エッチです。弧白は現代編が萌えるんで、これからも現代編やって欲しいなーと思います。

>ヨクさん
エッチの演出のしかたは本当にキラルとは対極ですね。どっちも好きですけど。しかしあの紅天の怒涛のサービスぶりはちょっとだけキラルに見習ってほしいとも思ったり。

>エンさん
本当に紅天はエロが濃いですねー。ああいう生々しい台詞は現代ものでやったら、ちょっとブッてなりそうですが、時代物だとしっくり来ますね。私も顔がニヤけたりひきつったりと忙しかったです。

>ディスカバリーさん
確かにリピートするのに気力と体力がいりますねー。私もこの記事を書くためにもう一度聴きなおしてかなり消耗しました…。恐ろしいCDです…。

投稿: 後藤羽矢子 | 2009年3月 4日 (水) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノベライズ | トップページ | もうすぐ »