« 着々と | トップページ | 反則技 »

2008年12月17日 (水)

カウントダウン…に……

 松本蜜柑です。

 ゼンヤ、三田ときたから次はてっちゃんだな!
 と当然のように待ち構えていた私の腹筋が崩壊しそうになった今日のカウントダウン。
 翁長邦仁さん&姫谷のおっさまコンビだったのは「おっフェイントでそーきたか!と納得するとして、問題は……なにこのえもいわれぬ……何?!

 内容的には、ヨウジゼンヤ三田と同じ構成で、そのボイスの人の出ている一シーンの掛け合いにところどころテンプレ説明文をはさむという、ただそれだけの普通のものです。 まったくギャグとかでもなく、いたってマジメにカウントダウンしてくれているのです。

 なのに、そのテンプレ説明文をおっさまたちが読み上げるだけで笑えるのはなんでだ……。
 もう、冒頭で邦仁さんが「日常に紛れ込む非日常 誰も気付かない ただ自分だけが────」とか読み上げた瞬間に吹きました。
 出オチか!

 そんな調子でかわりばんこに邦仁さんと姫谷がテンプレ説明文を読み上げていくたびに、いちいち笑えてしょうがないです。ふたりともこう聴くとかなりおっさま通り越しておじいちゃん声なので、もうなんかガンコじいさんとマイルドじいさんのふたりが茶を飲みながらsweet poolの話をしているかのようです。

 姫谷の穏やかなじいさま声で「恋ではなく 愛ではなく もっとずっと深く重い───」もすごい破壊力だし、また最後の邦仁さんの一変して明るい口調でワクテカ感をこめた「ボーイズラブゲームsweet pool、発売まであと2日!」もえもいわれぬ味わいが。ボーイズラブとか言うなああ!

 あまりにも癒されたので、すごい極まったシュラバ中なのに更新しに這い出て来てしまいました……。
 今日一日は原稿の合間に何度も聴きに行くと思います。たぶんヨウジよりもゼンヤよりも三田よりも、繰り返し聴いてしまうと思います。

 シュラバ中のすさんだ心に癒しをくれるこんなキラルが私は好きだ。

081217bardo

 でも画像はバルド。おっさんつながりで。

|

« 着々と | トップページ | 反則技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着々と | トップページ | 反則技 »