« いとうかなこスペシャルミニライブ | トップページ | 紅色天井艶妖綺譚 感想ネタバレ 今日丞ルート »

2008年9月 2日 (火)

Lamentoノベライズ二巻 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

「ラメントⅡ2つの月」読了ー。すごい細かいけど、ファンタジーならタイトルは「二つの月」か「ふたつの月」のほうがよかったかも。「2つ」ってすごい現代っぽいから…。
いやラメント本編でもバリバリ「2」使ってるけど…。

それはともかく、まさかの二巻で完結。一巻の解説で淵井さんが「これから後藤リウさんの描くラメントの物語になります」みたいなこと言ってたから、これからどんどんオリジナル要素が増えてくのかーとわくわくしてたんですが、やっぱりもっと当初はもっと続く予定だったんでしょうね。
そんなわけで一巻とはうって変わって、ゲームに忠実です。オリジナル要素もあることはありますが、一巻ほどじゃないです。そして当然なんですが、ベースはライルートです。
でもアサトの問題もバルドの問題もちゃんと取り上げて救済にもっていっているのはさすがです。エピソードの入れ方上手いなーと思います。
ただバルドの問題は、悪魔契約したところまでいっておらず、そのせいで、ヴェルグがラゼルと同じくらい空気化していました。これじゃ本当に気さくな兄ちゃんです。

そして、堂々とBL要素は出してません。発情期イベントはまるっとないし、賛牙と闘牙のペアを「つがい」と呼ばず「相棒」と呼んでいます。「つがい」という言葉自体は出てきますが、雄と雌のカップルを指す、本来の意味のままです。
「──相棒としては、ちょうどいい」という台詞には正直ちょっと「うっ」となりました。名台詞だったんで改変が悲しくて…。
とはいえ。これは完全にホモです。
ライさんに「お前は賛牙だ」と言われるたびに胸をチクチク痛めるコノエたん。
寝込んでる間にライさんに毛づくろいされたことを知り、顔が赤くなるコノエたん。
ライとアサト二匹同時に歌を送るも、アサトのほうにはやや効きが悪く、自分はライの賛牙なんだと実感するコノエたん。(アサト的にはちょっと切ない…)
さらにエッチはしないけど、エッチ前のやりとり「お前の歌でなければ駄目だ…」までしっかり健在で、これはもうどう言いつくろっても両想いです。エッチシーンはないのに、ニヤニヤして萌えまくりました。萌え=エッチではないと実感しました。

話じたいは一巻よりかなり凝縮されてますが、あまり駆け足感はなかったです。というか思ったんですが、Lamentoを知っている人には一巻のほうが面白かったと思うけど、Lamentoを知らない人が読んだら二巻のほうが面白く感じるんじゃないかなー。
まあ私は元を知らずにノベライズを読むことはないので、そういう人がいるのかはわかんないんですけど。
とにかく、鮮やかに着地を決めた体操の演技のような技巧を見れたし、萌えも十二分に味わえたので非常に満足です。
イラストのほうは、一巻ではどアップばかりでしたが、今回はすごくいいカンジでした。
ライさんがぷんぷん怒ってる絵とライさんとコノエが木の上で寄り添っている絵が特に好きです。あとこのグレスケ塗りはけっこう好みです。

そんなわけで読み終わってちょっともの寂しいです。でも10月にはビジュアルファンブックだし…本当は小説と同日発売だったけど、いっぺんに味わうより、ちびちびと楽しみは長く保たせたほうがいいかもしれません。バイキングよりフルコースです。
というか、ビジュアルファンブックがこれ以上延期しませんように!

|

« いとうかなこスペシャルミニライブ | トップページ | 紅色天井艶妖綺譚 感想ネタバレ 今日丞ルート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いとうかなこスペシャルミニライブ | トップページ | 紅色天井艶妖綺譚 感想ネタバレ 今日丞ルート »