« 紅色天井艶妖綺譚 感想ネタバレ | トップページ | Lamentoノベライズ二巻 感想ネタバレ »

2008年8月31日 (日)

いとうかなこスペシャルミニライブ

後藤羽矢子です。

パセラに行って、招待券ゲットして、行ってきました。いとうかなこスペシャルミニライブ。
前日に松本さんと、打ち合わせ。開演前にメシしようやということで少し早めに待ち合わせ時間を設定。万が一、どちらかが携帯を忘れたりしたときのために待ち合わせ場所細かく決めました。
……それなのに、私はスコーンと約束時間を一時間間違えてしまったのです。
松本さんが銀座に着くころ、私はまだ小田原にいました。「ごめん一人ランチしてて!」とメールを送り、私は急いで新幹線に乗りました。まあ新幹線の中で慌ててもしょうがないので、車内では早売りのLamento小説を読んでました。ちなみに(ネタバレのため反転→)小説は二巻で完結でした。そしてライルート。そして一巻とはうって変わってホモの香りがたちこめていました

それにしても携帯がなかったら、私は松本さんを一時間不安にしたまま待たせることになってしまっていた…。よかった。携帯のある時代で。まあ松本さんにしてみれば待つことに変わりはないので、あまり救いにはなってませんが…本当にごめんなさい。

で、合流して銀座パセラリゾーツBENOAへ。
ライブは11時と2時の二回に分けて行われたので、そのせいか、ざっと見100人くらい?
会場も結婚式の二次会とかパーティに使われるような場所なので広さとしてはちょうどいいカンジでした。
ドリンクチケットと引き換えに「追憶の風オリジナルカクテル」なるものが飲めるのですが、ミントにグレープフルーツを混ぜたような味で、正直ちょっとマズかったです。
開演前にジオライドのお偉いさんが出てきて、今後のかな太郎のイベントスケジュールなどをいろいろ言ってました。帝京大学の薬学部の学園祭に出演するというとこだけ、何故かお客さんが激しく反応。学園祭にでるってやっぱりステータスなのだろうか。

その後、かな太郎が出てきて「ここにいる皆さんはー、カラオケで追憶の風歌ってくれたんですよねー?歌えましたかー?」と聞くと、「へへ…」「ふふふ」みたいな照れ笑いのような苦笑いのような笑いが充満。
「そうですよねー。歌詞でなかったですよね。私も正直言って最初歌えませんでした」と言ってて笑いました。
で、「追憶の風」と「STILL」のオルタナ語Verを歌ってくれました。
ミニライブというだけあって、歌はこの二曲だけだったのですが、その後、ペアチェキタイムに突入。つまりかな太郎とツーショットの写真をポラで撮ってもらうという素敵企画です。
これはわりと急に決まったことらしく、当然私たちも初耳です。
慌てて、こそこそ化粧直しする私と松本さん…。「こんなのわかってたら、もっと身奇麗にしてきたのにー!」と言う松本さん。

そして私の番に…正直すごいテンパってたので、ポラ撮ったあと「いつも応援してます」と「がんばってください」と言おうとして「いつも頑張ってください」と言ってしまった…。日本語になってない!二人ともポラ撮ったけど、一応会の締めまでいようと、だるーっと他の人のポラを撮る様子を眺めてました。あとのほうの人ほど、エンジンが温まってきたのか、ポーズも忍者のポーズとか変ポーズをリクエストして面白かったです。

しかし間近で見たかな太郎は、本当に細くて背が高くてスタイルがよかったな…。
できあがったポラ写真見たら、自分と顔の大きさが違いすぎて絶望しました。
テンションあがりっぱなしのライブも楽しいけど、こういう密着型のまったりライブもいいもんだと思いました。

|

« 紅色天井艶妖綺譚 感想ネタバレ | トップページ | Lamentoノベライズ二巻 感想ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅色天井艶妖綺譚 感想ネタバレ | トップページ | Lamentoノベライズ二巻 感想ネタバレ »