« 私の目にはこう見えた | トップページ | 仮面 »

2008年6月 5日 (木)

咎狗TBネタバレ感想(ユキヒト)

 松本蜜柑です。

 TB発売から一週間たったので、本日から「続きを読む」に折り畳まずネタバレいたします。未プレイの方でネタバレがきらいなかたはご注意ください。

 昨夜絵だけアップして力つきて眠ってしまったユキヒトルート感想です。

 ものすごく端的に言って、足りなすぎるルートです。終わったときにはしばらくポカーンとしました。

 え、うそ、こんだけですか? なんかいっぱいとばしてませんか?

 ……PC版のシキルートなどもたいがいぶっとび感ありすぎで呆然としましたが、最終的には自分の中で、あれはあれであえて説明しない美学なんだというふうに落ち着いたのでよしとして、このユッキールートはそれとも違う。とにかく物理的にテキスト量が足りていません。
 最小限のテキストでキャラの説明と話のあらすじ的な流れとピンポイントな会話だけが説明されている、シナリオというよりまだプロット段階に近いと思いました。
 これがプロットなら、すごく面白そうだし萌えるのです。だからめっちゃ惜しい。完成品を読みたくて悶えます。

 私はユキヒトルートが初クリアだったので、終ってポカーンとしたあと、もしかしてエロシーン抜いたら他のルートもこんなに短くて足りない駆け足クオリティになっているのだろうかとびびりました。
 でもそれは違っていて、やってみるとむしろ他のルートはPC版よりいろいろ行きとどいていて親切になっています。それはすごくよかったしホっとしたのですが、だからよけいにユキヒトのルートの駆け足プロットっぷりが浮き彫りになってうら寂しい。

 ほかのシナリオはPC版のテキストを叩き台にして完成度を上げてきているのに対して、このユキヒトルートは今回まったく新規の追加要素なせいもあるとは思います。
 もしかしたらユキヒトルートはほんのオマケルートですよくらいの気持ちなのかもしれません。
 でもやっぱり他のキャラと同じようにルート分岐して同じようにエンディングがあるのだから、他のキャラと同等のテンションがないと、えーなんでじゃーなんでこんだけなんじゃーてなっちゃいますよね。ていうかなった。

 それでもやっぱり淵井さんのキャラはそれでも萌える。ほんのちょっと、はしばしにうかがえる関係性とかでもうシリアス的にもほのぼの的にも萌えるのです。
 せっかく萌えるのに、もうちょっと完成度さえ高ければ。もうちょっといろいろ描きこみしてくれれば。
 じれじれします。

 しかしこのあまりの足りなさのせいで、ユッキールートは超ツッコミ待ちルートになっていて、もうそれはそれでおもろいからいいか……あとアキラたんが他のどのルートよりもおともだちイッパイできて歳相応に幸せそうだし……みたいな気持ちにもなっているのです。

 ユッキーのあの不穏な絵とか荒れた部屋とかがただのズボラみたいなオチになっていることや、しれっとベッドにまくらがふたつあるとか、私も後藤さんのユキヒトルート感想と同じようにツッコミいれてました。
 おもしろすぎる。

 あとトウヤがおもしろすぎる。
 ちょ、さっきアキラをハメといて次の瞬間(くらいの体感速度)ユッキーに叱られたからとか言い訳しつつ助けに来んのかよ!
 ちょ、さっきここは俺にまかせて以下略な最強死亡フラグ立てといて次の瞬間(くらいの体感速度)にひょっこり復活すんのかよ!
 おもしろすぎる。

 ていうかアキラ救出のときまで、私はユキヒトのほうがリーダーでトウヤが副官だと勝手に勘違いしてました。リーダーのくせに尻に敷かれすぎだろう。あまりにもナチュラルに尻に敷き敷かれあっていて、たぶんふたりとも意識もしていないようなイメージです。
 アキラをハメるときの、ほんとはこんなことしたくないんだよなー感丸出しっぷりもかわいかったし、いいやつだ。
 でもどうやってあの死亡フラグをかいくぐってトシマから生還したのかは、ぜひじっくり聞いてみたいです。ケイスケがひとりで危険地帯をかいくぐってトシマまで来られたことよりさらに不思議ですが、そういえばケイスケのそのへんはTBでたしかちょっと言い訳が増やされていましたよね。でもなんかあんまり言い訳になってなかった

 リンルートでのペスカコシカ過去エピソードとかこのユッキーのチームとかで、ひたすらギスギス生き辛そうなずず暗い咎狗ワールドの中でもそれなりに若者たちは群れて友情とか育んでいたんだなーと、なにかしみじみしました。

 ところで、ちょっとENEDは管理が杜撰にもほどがあると思います。出てきたENEDチルドレン全員に問題発生してるじゃねえか!(ナノ:脱走 アキラ:ナルニコルだと後で発覚 ケイスケ:ライン摂取でニコルの亜種発覚 ユキヒト:記憶消去もれ)
 この国はやっぱ、ダメだ。

 そんなカンジで、ユキヒトルートは、完成度などはとてもほめられないけれども個人的には新しい萌えとかいろいろあったので、決してキライではないです。
 だからこそ残念だし惜しいと思ってしまう、そんなルートでした。

 なんだか後藤さんの感想もいれて5日付けの記事がこれで3つになってしまった…更新しすぎですね。

|

« 私の目にはこう見えた | トップページ | 仮面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の目にはこう見えた | トップページ | 仮面 »