« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

純情ロマンチカを観た

後藤羽矢子です。

昨日は久しぶりのチャットで楽しかったです。
萌えやら妄想やらツッコミやらがカオスに語られてあっという間に4時間経ってました。
かなり久しぶりのチャットでしたが、やっぱりやると楽しいな~~と思います。
以前はチャットというと体調や気構えがかなり必要で、終わると緊張の糸が切れてヘロヘロってカンジだったのですが、今回はあまり疲れなかった。チャット慣れしてきたんでしょうか。そんなわけでまた何か無理やり機会作ってやりたいなと思います。

ついさっき、咎狗のCMのために純情ロマンチカを観ていました。
観るのは初めてなのですが、原作本の一巻は読んでいて、ドラマCDも2枚ほど聴いていますので基本的なストーリーは把握しています。
ちなみに、原作本とドラマCDは、声オタのアシさんが持ち込んできたものです。この人は「自分は声優好きであって腐女子じゃない」と言っているのですが、持っているBLドラマCDの数が尋常でなく、またドラマCDの内容把握のために、原作を読んだりもしていて、心はともかく行動は腐女子そのものだと思います。

それはともかくCMは、当たり前ですけどOPムービーをつぎはぎした無難なものでした。
ただ、いろんなスチルをかなり駆け足でパパパパパッと流していくなか、源泉がアキラたんにすり寄って潤いを補給するスチルと、リンとアキラが抱き合っているスチルだけがちょっと長めに見せていました。オヤジに抱きつかれて美少年で口直し…みたいに見えます。

ロマンチカは初見が最終回だったわけですが、面白かったです。
というか……萌えた。設定はベタだけど主人公の美咲くんの男の子っぽいとことかカワイイし。ところで美咲のお兄さんの声がきーやんだったのですが、穏やかで優しい眼鏡お兄さんというキャラを演じているきーやんの声は非常に新鮮でした。
私が今までに聴きこんでいるきーやんといえば、グンジと、刃鳴散らすの糸目、あやかしびとの顔にイレズミいれたパツキン、Bullet Butlersの口の悪い魔銃、と見事なまでにチンピラぞろいです。非チンピラのきーやんの声はちょっと中原茂に似てるなと思いマシた。

あと作画のほうも、特に動きまくってるというワケじゃないですが、金がかかってるっぽい雰囲気がしました。なんか丁寧というか。実際スタッフロールみたら原画の人数がかなり多かったです。松本さんにそのことを言うと「そーなのよー。作画崩壊とかなくて安定してる」とのこと。さすが毎週観てる松本さん。

そんなわけでCM目当てで観たけど、楽しめました。なんか一応二期決定してるっぽいので二期はちゃんと毎週観ようかなあと思います。

拍手お返事。反転してます。

いっちーさん。おおお、あのチャットだと発言できませんか。落ちる人も多かったし、あのチャットちょっと問題あるかもですねー。他にいいチャットがあったら次回はなんとかしますね。そのときはどうぞよろしくです。

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

チャットお知らせ

後藤羽矢子です。

本日23時より久しぶりのチャットを開催しますです。

金曜日のちょっと遅めの時刻の開始で、来てくださる方がいるかどうか不安です…。

一応今回はTB発売記念的なアレなのでTBの話題が中心になると思いますが、もちろんPC咎狗でもLamentoでも何でもアリです。
あとTBは全年齢ではありますが、耳的にはエロ話もたぶん躊躇なくしてしまうと思うので18歳未満の方はご遠慮ください。そして男子禁制で、咎狗もLamentoも大好きな方に限らせていただきます。毎度うるさくてすいませんです。

そんなわけでのへーっと萌えバナシとかできればいいなと思います。

終了しました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

明日はチャット&オイリーさん萌え

 松本蜜柑です。

 TBシキルート感想とか書こうとしたっきり原稿のシュラバに突入して落ちっぱなしになってしまいました。
 描いていた原稿は、なぜか今さらハマって出したくなった逆転裁判の糸鋸×御剣本で、6/29のシティは逆転裁判でとっていますので、興味のあるかたはどうぞです。スペースはト-15b「蜜柑堂」です。
 ラメント本は『いつでもとうさん』と『お父さんもご一緒に!』だけ置きます。それ以外のラメント既刊も欲しいというかたには個別対応可ですので、ここの拍手か蜜柑堂トップにあるメルフォからご希望の本のタイトルをお知らせください。ただし後藤さんの本は手元に預かっていないので、蜜柑堂のものだけになります。すみませんです。

 ところで、『純情ロマンチカ』の枠で咎狗TBのCMが入るときいて、ときめきながら待っていたのですが、よく見たら私の見ている局(東京MX)はスルーされていました。絶望した。
 後藤さんはテレビ神奈川なので、後藤さんにみせてもらいます…。

 『純情ロマンチカ』には、ヴェルグのオイリーはなさん(花田光さん)がメインで出ているので、じつは私は毎週せっせと見ているのですが、気付いたらOPとかEDとかのCDを買っていて、後藤さんには「あんたそれもう普通にただの純ロマファンじゃねーの」とか言われています。そ、そんなことないもん、はなさんのために見てるだけだもん! 曲は本当にかわいいんだもん!…的に抵抗はしていますが、なんかじわじわ脳を侵されている気がします。
 そんでカンジンの花田さんはどうなのかというと、これがかなり似合っててかわいい。
 はなさんてあのいい声で、演技がちょっと、やや、ほんのビミョーに、棒クオリティなわけですが、そのやや棒クオリティがすごいかわいくて好きなのです。
 このあいだなにげに『BREACH』をみていたら思いがけずそこにも花田さんが出ていて、ときめきました。『Ergo Proxy』にも花田さん以下略

 このダメ絶対音感のないはずの私が、中の人萌えはそれほどないほうなはずの私が、気付いたらなんですかこれはもしかして恋ですか。

 ところで、2週間ばかり前に予告していました通り、明日はチャットをします。23時からになると思います。詳細やアドレスは明日またー。

 私は今からTBシキルートを再プレイするであります。

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

咎狗TB リンルート感想ネタバレ その他

後藤羽矢子です。

なんだかえらく間が開いてしまいました。
その間にB´sLOGの早売りも買ってたのですが、咎狗の記事は2ページ、sweet poolは1ページであまり特筆すべきこともなく。あの雑誌は乙女ゲー中心なのでしかたないですけど。
あ、杉田智和さんのインタビューを写真入り5ページでどーんとやってたので、杉田ファンには買いかもです。

それはそうとリンルート感想です。
といっても…ちょっと困ってます。
松本さんの総評とほとんど以下同文なのです。
削られてる部分や無理な改変も少なく、追加エピソードもほどよく、嬉しいスチルもあり。
特にペスコシ時代の回想エピは既存の立ち絵を弄っただけとはいえ、新しい立ち絵がはいるほどの手の入れようで嬉しかったなー。髪の短いトモユキも可愛かったし。
あと、やっぱりあのパシリ時代のシキさん…。あれは嬉しかったけど、出てきた瞬間、何故かブブーッとなった…。シキさんの丸襟のシャツって違和感あるなー。と思ったら公式ファンブックに載ってたラフだとハイネックなんですね。どうして変えたんでしょうか。服のイメージを変えたほうが時間の経過を感じられるからでしょうか。

時間といえば、この過去エピとトシマ情報ファイルの写真で、ますますリンの年齢がわからなくなった…。咎狗キャラの年齢を考察しようとすると、時間軸を狂わせるのがシキリン兄弟で、いつも松本さんとあーだこーだ言い合ったあげく、最終的にリンのホルモン異常ということでハナシが落ち着くのです。
シキとリンは10歳以上離れてないといろいろおかしくね?という部分が発生するのですが、あの情報ファイルの写真を見ると、どう見ても5歳くらいしか離れてないカンジです。以前オフィワで描かれた子供シキリンのラフ画は、あれはファンサービスのパラレルだろうと松本さんと言ってたのですが、今回ので公式になってしまったわけです。
まあ、たたなさんの子供絵は、見る者によって何歳にでも見えるという微妙なフリーダムさがあるのですが。可愛いんだけど、やっぱりどこか大人っぽいというか。私はあの子供アキラの絵は10歳くらいに見えるのですが、もしかしたら8歳くらいかもしれないし、ナノたんと邂逅したときの子供っぽい言動からすれば、もっと下かもしれない。若シキさんは12歳くらいに見えるけど、見ようによっては15歳くらいにも見える。
それはひとえに、この絵はこの歳の頃です!とい提示が一切されていないので判断基準が曖昧だからなんですけどー。でもシキさんに関しては謎が多いほうが萌えるので秘すれば花ということで。
じつはシキさんも成長が遅い体質で、ナノたんと戦場でまみえたときも、リンぐらい小さかったら、それはそれで萌えますね。…すいません。シキさんに関してはかなりなんでもいい私です。

エッチに関しては、やっぱり松本さんと同意見で、あの、いまやるべきじゃないだろ的状況で敢えてやるNitroエッチ(Nitroのゲームはこういう状況のエロシーンが多い)がないのは少し寂しい。でも暗転だとあのひしひし感は出ないと思うので、しょうがないかなー。
でもアキラの唯一の攻的精神は健在だったのでよかったです。でも攻っぽいのは本当にリンを説得するあの一瞬だけで、EDとかは完全に待つ身の女的ポジになってたのがアキラだな~~としみじみ思います。

そんなわけで完成度では本当にいうコトはないです。リンたんはTBの勝ち組です。あ、ラストの義足に関しての記述がまるっと抜けてるのはしょうがないかなーと思うけど、初回プレイの人にはちょっと不親切かなと思いました。それぐらい。

拍手お返事。反転してます。

16日 8時の方 腸EDは、テキストもけっこうやわくなってたのも残念ですねー。あの途中でアキラの一人称に変わるとことかすごく好きだったので…。あの狂ったカンジがないのは寂しいけど本当にしょうがないですねー。
11時の方 本当にそうかはハッキリしないんですけど、やっぱりどう読んでもケツから失血死だと思います(笑)謎の解明のお役にたてて嬉しいです。

17日の方 拍手絵に萌えてくださってありがとうございます。えーとケイスケEDの曲は、GoodでSTILL、BADでGoodBye Aliensだったので新曲はないですね。新曲はシキとユキヒトだけですね。

19日の方 ケイスケルートは確かにモヤモヤしましたね。ケイスケはこんなもんじゃないんだぞー的な…削られる以上に新しい要素があればよかったんですけどね。でもそのフラストレーションでPC版を買う人が増えればいいと思います♪

週末は咎狗のCMのためにロマンチカ鑑賞予定…じつはロマンチカに関しては松本さんが「オ、オイリーさんが出てるから観てるんだからねっ!」状態だったのに、傍から見ればどう見てもハマってるとしか思えない状態です。それに関しては後日松本さん本人に語ってもらいます。

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

やる気マンマンのアキラたん

 松本蜜柑です。

 TBシキルートは本当に萌え滾った……。今ごろ感想を書こうと思い、その前に絵を描いたら力つきました。
 ので、とりあえず絵だけ。
 たとえそれが負の生気でも、こんな生気にみなぎったアキラたんを見ることができるなんて。自分からあんなに必死でシキさんを追いかけるアキラたんが見られるなんて。TB買ってよかったー。

080619akira

 拍手レスです。(反転)

 12日13時のかた。ドラゴンアイス、人気店だったんですねー。咎狗アイスもおいしかったですが、今度は通常メニューを食べてみようと思います!
 18日20時のかた。おお、それはBAD直行ルートっていうより、単に逸らす逸らさないの選択と諦める諦めないの選択の、両方ともを前向きに選択しないとBADに行く、ということだと思います。どっちかだけではお持ち帰りだなんてシキさんらしいですね!

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

咎狗TB ケイスケルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ちょっと間が開いてしまいましたが、ケイスケルートの感想です。

カンタン総評の時にも書きましたが、ケイスケルートは今回の移植に際して一番割りを食ったルートだなあと思います。
ケイスケルートどころか、咎狗全体を象徴する「ドライバー」と「腸」がなくなったのは、本当に残念至極です。
咎狗を知らない人に「咎狗ってどんなハナシー?」と聞かれたら、一番妥当なのが「幼馴染が凶悪化して、主人公のケツにドライバー2本突っ込んでくる話」か「幼馴染が凶悪化して主人公の腸を引きずり出す話」だと思います。
イグラがどーとか冤罪がどーとか説明するより、そう言ったほうが「何それーーー?」的興味が惹けるはずです。そのあらすじでドン引く人は、たぶん咎狗には向いてないです。

まあ、そんなわけでドライバーに関しては、ケツに突っ込むスチルがなくなったのはまあ当然としても、せめてアイテムとして出すだけでもして欲しかったです。茶屋町漫画のように。
それにしても、あのドライバー挿入スチルは、初めて見たとき、あまりのアキラの開脚ぶりにちょっとぶぶっとなりました。アンタ、嫌がってるのにその足の開きぶりは…縛られてる手と違って足はフリーじゃないの…と心の中でツッコミをいれてるうちに差分でドライバーが2本に増えて、またブボァッてなりました。

そして、ドライバー突っ込まれたままケツから失血死EDがまるっと無くなり、実質EDがひとつ減ったことに…。PC版含めてEDが6つになったシキさんと比べるとカワイソウすぎます!
とはいえ、グラフィック面はかなり気に入っています。
ケイスケルート自体の新規スチルは2枚しかありませんが、源泉ルート、シキルート、ナノルートで他のキャラと絡んでのスチルがあります。他ルートで暗躍するケイスケ…。そして現在のたたなさんの絵はケイスケのカワイコ分がアップしてて、じつにいいカンジです。ジャケのケイスケはマジカワイイし、(ジャケ絵を壁紙にしてたとき、パンピーのイトコが見るなり「この人カッコイイ」と真っ先にケイスケを指差したぐらいです)アキラとキスしてるスチルの薄目をあけてる表情もエロカワイイ。あとシキさんと対決してる黒ケイスケもイイなー。EDは減ってスチルは増えた…試合に負けて勝負に勝った、みたいですね。

そんなわけで削除部分には不満はあるけど、絵的に満足、なケイスケルートでした。

| | コメント (0)

2008年6月14日 (土)

拍手絵とかお知らせ

後藤羽矢子です。

カウンターが100万越えてから、もうだいぶ経ってしまったのですが、拍手お礼絵換えました。松本さんとは、いつも内容がかなり食い違うのですが、今回は二人ともトウヤユキヒトアキラでした。まあTBの二大萌えどころ&ツッコミどころだし…。

そして、TB出たよ記念に久しぶりにチャットやりたいなーと思っています。
一応27日の金曜日を予定しています。土曜日じゃないのかよと思われるでしょうが、土曜日は松本さんが参加するシティの前日なのです。イベントの前日にチャットはちょっとキツいと判断してのことです。私たち二人とも、チャットの次の日は、肩がバリバリになるわ目は霞むわ指の関節が痛くなるわでボロボロになるので…情けない。
詳しいことが決まったらまたここで告知いたします。

TBの感想もまだ残したままですが、ちょっといま仕事がかなり逼迫してますので、このへんでー。
拍手のお返事も後日に。

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

キラルナイトとか咎狗カフェとかいろいろ

 松本蜜柑です。

 ここしばらくTBプレイだキラルナイトだ咎狗カフェだと遊び回っていたツケを今泣きながら払っているところです。

 どれも後藤さんがすでに詳しく内容を書いているので私はちょろっとだけ。

 キラルナイトは本当に楽しかった。
 前回のときより動員が多く、しかしなぜか前回より男子率は低くなって、あとちょっと年齢層も低くなったかなというカンジもしました。でもこれは自分の周囲がそうだっただけかもしれません。
 今回いつものニトロ歌うたい面子の歌はもちろんすごくよかったけども、すごい得したぜ感があったのはなんといってもきーやんの歌でした。もうきーやんの『GRAIND』と『結晶』は両A面てことでカップリングにしてシングルを出せばいい。
 ヴィスキオ組織歌のときの仮面率が低かったのは、キラルナイト告知ページにそんな呼びかけと型紙が更新されていたことに気づかなかった人が多かったせいではないかと思います。告知ページが立ち上がった時点で記載されていれば……。
 次回があればもっと仮面率が上がると思うので、次回もまたあればいいなあ。

 咎狗カフェも楽しかったです。
 まあ半分は「ネタとして行くぜ!」というカンジなんですけども、こんなことでもないとアキバ探訪とかあまりしないので、いい機会だとゲテたこ焼(あやしい肉が入っている)食べたり猫喫茶(猫がモフモフできる)を満喫したりしてきて楽しかったです。
 でもちょっと不満をあげるなら、カクテル一杯千円はちょっと高い。700円かせめて800円にならないものか。
 ドラゴンアイスのほうはけっこう意外なことに、普通においしかったです。最初あまりに悪趣味な店構えと悪趣味な皿にびびりました。あれでおいしいとか、むしろ詐欺な気すらします。

 しかし、私が飲んだカクテルでアルコールのものはキリヲさん一杯だけだったというのに、なぜかその晩どうにもこうにも気分が悪くなり、夜中に2回もゲロってしまいました。
 もともと下戸気味ではあるものの、一杯程度でここまで悪酔いすることはあまりありません。
 後藤さんは「キリヲさんの毒気にあたったんじゃないの」とか言います。ひでえよ!

 そんなこんなで大変な目に会いつつも楽しいイロイロでした。

 ところで、拍手から6/5のユキヒトとトウヤの絵の描き文字の「尻」が間違っているというコメントをいただきました。
 HAHAHAまさかそんなことないだろー、と思って確認したら、本当に間違ってます。
 こんな漢字ありえない。こんなありえない漢字書くバカもありえない。
 しかしそれを後藤さんに言ったら、「あー気づいてたよ。でも描き文字だから直せないと思って教えなかった」とか言うのです。すぐなら! すぐなら直しましたー! でももう数日あのバカ文字を晒し続けているので、今さら描き換えてもしょうがないです。
 というわけで放置することにしますのでそっと気づかないフリをしてください。

 あとそれから、コミケがとれました。
 Lamentoでバルコノ本と、咎狗TBでユッキー中心本とか出せたらいいなと思います。

 以下拍手レスです。(反転)

 2日21時のかた。たしかにケイスケと彼女、Bまでともとれますね! もう好きなようにとってくれ、ということなのかなーと思います。
 4日0時のかた。おおー咎狗初心者さんですか! 新しくキラル者が増えるのはすごく嬉しいです。Lamentoも、もし未プレイでしたら、ぜひー。
 5日6時のかた。嬉しげに尻に敷かれている人には私もときめいています。かわいいですよねートウヤ。もうユキヒトルートはツッコミルートとして愛せると思いました。
 5日7時のかた。女王様と下僕……下僕はひどい! せめて家来くらいにしといてあげてください。…ってあまり変わらないですね。
 6日14時のかた。私はしいていえばトウヤ×ユキヒトで微妙にユキヒト×アキラかなとか思います。でもなんでもいいや、かわいいから!とも思います。
 6日22時のかた。そんなわけで、尻の指摘ありがとうございました! もう放置しますので、笑ってください。

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

咎狗カフェ行ってきたー

後藤羽矢子です。

あーカウンターが100万越えてる…。拍手絵描こうとかいろいろ考えてたのに、まだ何もできていません。
でも何もないのもつまらないから、ちょっと別館にSSUPしときました。再録だけど…。
閲覧してくださっている皆様、どうもありがとうございます。

で、今日は不器用の岡崎ジョーさんと一緒に秋葉原の咎狗カフェに行ってきました。
カフェのあるビルの一階には、ドラゴンアイスという派手などピンクの看板のアイス屋があり、そこでも咎狗イベントをやっており、咎狗アイスなるものを売っているので、アイス食べてカフェ行って、カクテルを三人で全種制覇しようという、お腹冷え冷え計画です。

果たしてドラゴンアイスの前に行くと…すっげ人だかり!もろ咎狗目当てとわかる女子もいましたが、なんか男子も多く、リクルートスーツ着た、就活帰りと思われる男女も並んでいてちょっといたたまれない…。
だって、店がこんな装飾だったんです…。

080610_18280001


080610_18140001


080610_18280002

咎狗TBのポスターがバーン!立ち絵ポップずっらー!シキアキのソフビどーん!しかもテレビでTBのOPがエンドレスで流れてます。
並んでる男子が手持ち無沙汰なのか、それをジッと見てたりするわけです。
シキさんがアキラの顎をつかんで顔を近づけてるスチルなどは、まだ闘う男たち風味ではありますが、源泉がベッドの上でアキラを後ろ抱きとか、もう言い逃れできないスチルが映ると「見ないでー!」と心の中で叫んでました。

それはともかくアイスなんですけど。

080610_18300002
量は一見ドバッと多そうですが、なんかカキ氷とアイスの中間のようなふんわりした食感でサラサラッといけました。
ミルク味のアイスにブルーベリーが添えられ、イチゴソースとピンクシュガーがかかってました。どーも血をイメージしてるらしいです。
味はとてもおいしかったです。イベントじゃなくても普通にまた食べたい。

その後、カフェに突入。(もちろんすぐには入れなかったので、予約とって待ち時間にアイス食ってたのです)
店内には、TBのスチルを大きく引き伸ばしたものが6枚ほど貼ってありました。
ユキヒトが2枚、シキさんが2枚、リンが1枚、あと1枚が思い出せない…でもケイスケがいないことは確かでした。そのポスターにはあいかわらずフリーダムな落書きがいっぱいされていてなごみました。

カクテルは、私がシキ、源泉、ジョイ、松本さんが、キリヲ、リン、アキラ、岡崎さんがグンジ、ユキヒト、ケイスケを頼みました。
今回のカクテルは、どれもドライというか、かなりさっぱりめで美味しかった。店の人の話によれば、前回甘すぎるという意見が多かったので、全体的にレシピを変えたそうです。同じなのは、源泉、リン、アキラだけだそうで、でもアキラも前回よりは甘くないような気がしました。
特にシキさんが美味しかった。ブラックウォッカとカンパリのどす黒赤いカクテルで、かなりドライ。「これは糖度低めのTBのシキさんだねー」みたいなことを言い合う。

そんで゜カクテルを一杯頼むごとに、くじ引き的に箱をごそごそやって、ダブルネーム名刺というものをもらえるのですが、私はケイスケVSナノが2枚ダブった…。あと1枚はアキラVSグンジだったけど、どう考えてもアキラ負けるな…。他にもシキVSリン、ユキヒトVSキリヲとかあったのですが、やっぱりリンもユキヒトも勝ち目はないと思う…。ケイスケは黒化してたらナノとはなんとかやれそうだけど。

そうこうしてるうちに、時間が来たので店を出ました。結局ジョイには会えなくて、ちょっと残念。その後、隣のビルにある猫カフェに行きました。
受付で飲み物もらって、上の階に行き、猫が6匹ほどいる6畳ぐらいのスペースでテキトーに猫とたわむれるワケですが、部屋にはいると、スーツを着たお兄さんが一人、体育座りをしてぼんやりと猫をじゃらして遊んでました。
私たちも猫をなでなでしつつ、キラル話をしていると、そのお兄さんが何気に話しかけてきて、聞けばジョイのお知り合いだという。咎狗カフェの席待ちの時間つぶしをしていたのだそうです。そんで、ジョイやNitroのハナシなどしつつ、まったりと猫分を補給しました。
今回は狗オンリーのイベントだったけど、猫も楽しめてよかったです。
リアル猫だけど。

080610_20260002

拍手お返事。反転してます。

6日 23時の方 数少ない仮面仲間ですね!でもやっばり少なかったですね~。ビトロにしかられたし、次はもっと仮面が増えるといいですね。

7日 3時の方 ああ…仮面仲間…。当日は勇気づけられました。次も是非作りましょうね!
8時の方 一人じゃなくてよかったですよね。でも会場広いからすごく少なく感じましたねー。でもちらほらでも仲間がいてくれてよかったです。

8日  10時の方 私たちの周りにも仮面の人、いなかったです…。つけるとき恥ずかしかったですね…。
20時の方 キラルナイト、本当に最高でしたね!仮面率の低さはホントに焦りましたが、次は会場が真っ白になるほど仮面が増えると信じています!

| | コメント (2)

2008年6月 8日 (日)

THE CHiRAL NIGHT行ってきたー

後藤羽矢子です。

キラルナイト行ってきました。もうタテノリしすぎて体がダルいうえに、笑いすぎて表情筋痛いです。
2回のプレを経て正規開催になった今回のキラルナイト、色んな意味でパワーアップしてました。
開演時間になり、会場が暗くなると同時に、キリヲとグンジの注意事項が流れました。これは前回前々回ともにながれたのと同じもので、初聞きの方は「きゃーーーーーっ」と歓喜の声をあげていましたが、私と松本さんは「これ前のと同じだよね」「キラルナイトのお約束やね」とかわりと冷静に言ってました。
ところがグンジが「同じじゃねえぞおおおおおっ」(←記憶のみなのでかなりウロです)と叫び、次の瞬間、グンジの中の人、谷山紀章さん(以下きーやん)がステージに踊りこんで、GRINDを熱唱し始めました!
きーやんのGRIND!
きーやんが歌うたいなのは、知っていました。声オタのアシさんが彼のユニット、GRANRODEOのアルバムを持ち込んで仕事中流してたりしてたので歌も聴いていました。
でも生で聴くと改めてうっめーーーと思いました。ただでさえGRINDはタテノリ曲なのに、それをきーやんが歌うというサプライズでもう場内はいきなり沸騰状態です。

そしてジョイまっくすと、ビトロ役の岡野浩介さんときーやんのトークがあって、その後ワタナベさんが出てきて、「BREAK THE CHAINS」を歌い、次にTBのサントラにはいる予定のTBのイメージソングを歌ってくれました。本邦初公開だそうです。タイトルはまるっと忘れました。なんか英語のタイトルで頭が「エク」だったような…違ったらすいません。
そのあと「Are one」、T「emple of Soul 」と続き、そしていとうかなこ女史がステージに現れ、Whey the endを熱唱。この歌は何度聴いてもいい…。
そしてワタナベさんがひっこんで、かな太郎タイム。「Lamento」、「賛えし闘いの詩」、「伝承の詩-Verum-」を歌ってくれました。
その後DJタイムに突入、ジョイがまたキャミにお色直ししてくねくねと踊っていました。そしてまた脇毛がわっさりでした。いや、いいんだけど…。
そしてカリキュラマシーンのターン。まずは「FRUSTRATE」。この曲初めて聴いたのは、去年のスパソニのときだったけど、この曲がまさかシキEDにくるとは、あのときは夢にも思ってなかったなあ…。「GoodBye Aliens」となんか咎狗のゲーム内で使われたインスト曲(ちょっとおぼろげ)を演奏したあと、何故かオリジナルの曲を歌い(たぶん「秋色かぐや姫」)今度はカリキュラVerの「GRIND」。こっちもやっぱり本家だしいいですねー。

その後、きーやんが大好きな曲ということで、(カラオケでいつも歌うほどだそうです)ワタナベさんの「結晶」を披露。ワタナベさんがギターをやって、さらにサビではデュエットで、超よかった…。私もこの曲は大好きです。「天使の二挺拳銃」はプレイしてないんですけど…。

そして岡野さんがアルビトロのコスプレをして出てきて、ついに「ヴィスキオ組織歌」を歌うときが…!私が仮面を作ったことに対し「私も作りましたー」という拍手コメをふたつほどいただいたので、少し安心していたのですが、やっぱり仮面を作ってきた人はすごく…少なかったです…。ざっと見、10人に1人いるかいないかってカンジでした。でも作ってきた人の中にはすごーく凝った作りにしている人もいて、心強くもありました。
ヴィスキオ組織歌は、じつは二回ぐらいしか聴いてないので歌えるか不安でしたが、スクリーンに歌詞が出たので大丈夫でした。岡野さんも歌うまいなー。

そしてトリはやっぱりかな太郎。
「STILL」のアコースティックバージョンとシメに「追憶の風」。この曲本当にサワヤカだなー。咎狗の曲とは思えない…好きだけど。

それにしても合間合間のトークは本当に面白かったです。
岡野さんは「40近くになって今日初めて目に化粧をした」とか言ってて、何かと思ったら、控え室できーやんがアイラインいれてるの見て「すごいね」と言ったら「やってみます?」とか言われてやってみたそうです。そうか、きーやん化粧してるのか…。というか、HIDEKIさんも化粧してた。しかもHIDEKIさんのはひと目でわかるほど派手な化粧だった。

ジョイが「これからの咎狗にどんな展開を望みますかー?」みたいなことを、きーやんと岡野さんに尋ねると、岡野さんは「スピンオフでヴィスキオが主役のものを出して欲しい」と言い、きーやんは「グンジを後略キャラに」と言って場内を激しく同意の渦にする。
するとジョイは「ジョイはやっぱりー…動いてる咎狗が観たいナ」と言ってまた場内を沸かせる。その後、スクリーンに突然ブラスレイターのPVを流して激しく番宣してたので、それの前フリだったのかなあと思いましたが。ちなみにこれのOPソングはきーやんが歌っています。ジョイが「今日放映する10話は虚淵が脚本です!」とか言うので、さっきちょっと観てみたら、なんかゴツいオッサンがすっごい勢いで腰振ってSEXしてた…。

最後に全員がステージにあがって、ジョイが感想を聞いてまわったのですが、何故かかな太郎を始め、みんなが「素晴らしいっ!」とビトロの真似をする流れになって爆笑。
ちなみにHIDEKIさんが一番似てました。ワタナベさんは言おうとして直前で照れて口ごもってしまうところが激しく萌えました。ワタナベさん萌え…。

そんなわけで、ものすごい濃いライブでした。客数が倍近く多いこともあるけど、会場のノリは今回のほうが全然よかったです。くたくたになったけどすごく楽しかったです。
散漫なレポートで、細かい取りこぼしもあると思いますが、このへんで。

今日の一枚。
きーやん。あ、今回全員、咎狗タグを身につけていました。

Kiiyan080608

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

仮面

後藤羽矢子です。

明日はキラルナイトです。準備とか仕事でバタバタしてるので、TBの感想はいったんお休み。

キラルナイトの公式サイトで、みんなで仮面つけてヴィスキオ組織歌を歌おう!といって、仮面の型紙がアップされていますね。
私は当然作る気マンマンでしたが、松本さんはちょっとめんどいなーと思ってたようで、ついでだから松本さんのぶんも作ることに。

080606_15390001

赤い色はつけちゃいけないのね。赤い色はビトロの仮面だけの特別仕様だから。
私たち下っ端は無地の仮面でないと。
しかし、これ作ってるの私たちぐらいだったらどうしよう…。
こんなわざわざ文具屋に行って厚紙買うような浮かれ屋が私たちのほかにも…
いますよね?
とにかく明日は頑張ってヴィスキオ組織歌歌ってきます。

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

咎狗TBネタバレ感想(ユキヒト)

 松本蜜柑です。

 TB発売から一週間たったので、本日から「続きを読む」に折り畳まずネタバレいたします。未プレイの方でネタバレがきらいなかたはご注意ください。

 昨夜絵だけアップして力つきて眠ってしまったユキヒトルート感想です。

 ものすごく端的に言って、足りなすぎるルートです。終わったときにはしばらくポカーンとしました。

 え、うそ、こんだけですか? なんかいっぱいとばしてませんか?

 ……PC版のシキルートなどもたいがいぶっとび感ありすぎで呆然としましたが、最終的には自分の中で、あれはあれであえて説明しない美学なんだというふうに落ち着いたのでよしとして、このユッキールートはそれとも違う。とにかく物理的にテキスト量が足りていません。
 最小限のテキストでキャラの説明と話のあらすじ的な流れとピンポイントな会話だけが説明されている、シナリオというよりまだプロット段階に近いと思いました。
 これがプロットなら、すごく面白そうだし萌えるのです。だからめっちゃ惜しい。完成品を読みたくて悶えます。

 私はユキヒトルートが初クリアだったので、終ってポカーンとしたあと、もしかしてエロシーン抜いたら他のルートもこんなに短くて足りない駆け足クオリティになっているのだろうかとびびりました。
 でもそれは違っていて、やってみるとむしろ他のルートはPC版よりいろいろ行きとどいていて親切になっています。それはすごくよかったしホっとしたのですが、だからよけいにユキヒトのルートの駆け足プロットっぷりが浮き彫りになってうら寂しい。

 ほかのシナリオはPC版のテキストを叩き台にして完成度を上げてきているのに対して、このユキヒトルートは今回まったく新規の追加要素なせいもあるとは思います。
 もしかしたらユキヒトルートはほんのオマケルートですよくらいの気持ちなのかもしれません。
 でもやっぱり他のキャラと同じようにルート分岐して同じようにエンディングがあるのだから、他のキャラと同等のテンションがないと、えーなんでじゃーなんでこんだけなんじゃーてなっちゃいますよね。ていうかなった。

 それでもやっぱり淵井さんのキャラはそれでも萌える。ほんのちょっと、はしばしにうかがえる関係性とかでもうシリアス的にもほのぼの的にも萌えるのです。
 せっかく萌えるのに、もうちょっと完成度さえ高ければ。もうちょっといろいろ描きこみしてくれれば。
 じれじれします。

 しかしこのあまりの足りなさのせいで、ユッキールートは超ツッコミ待ちルートになっていて、もうそれはそれでおもろいからいいか……あとアキラたんが他のどのルートよりもおともだちイッパイできて歳相応に幸せそうだし……みたいな気持ちにもなっているのです。

 ユッキーのあの不穏な絵とか荒れた部屋とかがただのズボラみたいなオチになっていることや、しれっとベッドにまくらがふたつあるとか、私も後藤さんのユキヒトルート感想と同じようにツッコミいれてました。
 おもしろすぎる。

 あとトウヤがおもしろすぎる。
 ちょ、さっきアキラをハメといて次の瞬間(くらいの体感速度)ユッキーに叱られたからとか言い訳しつつ助けに来んのかよ!
 ちょ、さっきここは俺にまかせて以下略な最強死亡フラグ立てといて次の瞬間(くらいの体感速度)にひょっこり復活すんのかよ!
 おもしろすぎる。

 ていうかアキラ救出のときまで、私はユキヒトのほうがリーダーでトウヤが副官だと勝手に勘違いしてました。リーダーのくせに尻に敷かれすぎだろう。あまりにもナチュラルに尻に敷き敷かれあっていて、たぶんふたりとも意識もしていないようなイメージです。
 アキラをハメるときの、ほんとはこんなことしたくないんだよなー感丸出しっぷりもかわいかったし、いいやつだ。
 でもどうやってあの死亡フラグをかいくぐってトシマから生還したのかは、ぜひじっくり聞いてみたいです。ケイスケがひとりで危険地帯をかいくぐってトシマまで来られたことよりさらに不思議ですが、そういえばケイスケのそのへんはTBでたしかちょっと言い訳が増やされていましたよね。でもなんかあんまり言い訳になってなかった

 リンルートでのペスカコシカ過去エピソードとかこのユッキーのチームとかで、ひたすらギスギス生き辛そうなずず暗い咎狗ワールドの中でもそれなりに若者たちは群れて友情とか育んでいたんだなーと、なにかしみじみしました。

 ところで、ちょっとENEDは管理が杜撰にもほどがあると思います。出てきたENEDチルドレン全員に問題発生してるじゃねえか!(ナノ:脱走 アキラ:ナルニコルだと後で発覚 ケイスケ:ライン摂取でニコルの亜種発覚 ユキヒト:記憶消去もれ)
 この国はやっぱ、ダメだ。

 そんなカンジで、ユキヒトルートは、完成度などはとてもほめられないけれども個人的には新しい萌えとかいろいろあったので、決してキライではないです。
 だからこそ残念だし惜しいと思ってしまう、そんなルートでした。

 なんだか後藤さんの感想もいれて5日付けの記事がこれで3つになってしまった…更新しすぎですね。

| | コメント (0)

私の目にはこう見えた

 松本蜜柑です。

 ユキヒトルートの感想かこうと思ったんですが、こんなアホなものを描いたところで力つきたので今日は絵だけ貼って寝ます。もう一日待てば隠さずネタバレ解禁なのでそのほうがめんどくなくていい。

080604yuki

 もうこんなふうにしか。

 (6/12追記:描き文字の「尻」が間違っていますが、もう放置!放置!)

| | コメント (0)

咎狗TB 源泉ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

特典CDなどもぼちぼち消化中。
ジョイまっくす×アキラ編とか、最初は鳥海さんがアキラとしてジョイと対談するのかと思って、それってちょっと寒いかも…と思っていたら、普通に鳥海さんとジョイの対談でした。
しかし、鳥海さん、ソリドのことウィダーインゼリーのようなもんと思ってたのか…。オムライス味のゼリーってキモいと思います。

それはともかく、今日は源泉ルートの感想。
以下おりたたみー。

続きを読む "咎狗TB 源泉ルート感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

Cool-B 7月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

いったん咎狗TBの感想はお休みして、Cool-B早売りの感想ネタバレを。

あ、それといつまでもおりたたみの記事にしとくとカウンターがすさまじいことになってしまうので、発売から一週間後の5日にネタバレ解禁にします。記事も丸出し仕様に戻しますので、未プレイの方はご注意ください。

以下おりたたみー。

続きを読む "Cool-B 7月号ネタバレ"

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

咎狗TB全般ネタバレ感想

 松本蜜柑です。

 そんなわけで『咎狗の血True Blood』、正直こんなに滾る部分があるとは思っていませんでした。
 べつに期待していなかったからということではなく、PC版をすでにねぶりつくしている身としては、このさい再プレイして萌えの再確認するぜ的な楽しみと、間違い(変更箇所)探しお宝(新スチル)発見の楽しみになんとオマケ(ユキヒト)もついてるヨ!!……くらいの期待だったからです。
 あれ? いやそれはけっこうでかい期待ですか。

 ともかくもそんなカンジで、実際プレイしてみてもそれはやっぱりその通りなカンジではありました。
 しかしそれがどうもなんかこう、えらいでっかい間違い探しができちゃったというか間違い探しのつもりがそれもあらたなるお宝発見だったみたいなアレで……。

 プレイするかどうするかまだ迷っている人は、やっていいと思います。ていうかやってください。

 とりあえずシキルートとユキヒトルートについてはたぶん一度に言いたいこと言い切れないので置いておいて、まずはほかのルートメインでTB全般感想をいってみます。
 以下ネタバレにつき、おりたたみ。

続きを読む "咎狗TB全般ネタバレ感想"

| | コメント (0)

咎狗TB シキルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

早売りで買うつもりが結局買えずにいた、公式ファンブックやっと買いました。
そ、そしたら…(反転)ラブシーンとEDスチルが収録されてなかった…。
まあさすがに発売日と同時発売のものにそこまでネタバレはできないかー…。
でも、あのスチルをデカデカ見たかった…。

あのスチルとはシキルートのですね…。

以下おりたたみー。

続きを読む "咎狗TB シキルート感想ネタバレ"

| | コメント (3)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »