« B´sLOG6月号 ネタバレ | トップページ | パパはマイメロ »

2008年4月20日 (日)

いまごろラメントノベライズ感想

 松本蜜柑です。

 またもや今さらな話題ですがラメントノベライズの『Lamento I.はじまりの歌』、よかったです!
 原作序盤のたるいテンポとやや行動原理や世界観の脆弱な部分がうまいこと補強されており、エピソードや構成を原作とちょっと変えたりしている部分も、原作の味を損なわないカンジで、文章もクセがなく読みやすいです。
 とくに原作のナキとケイジュにあたるキャラの使い方がうまかった。あれで生贄システムとそこから逃げ出すコノエたんの流れがすごく自然になってイイ。さらに後でコノエたんが逃がしてくれたその猫のその後に思いをめぐらすところとかもよかった。細かいフォローがしっかりしている作家さんだなーと思いました。

 でももしかしたらそれでも、この1巻はラメント未プレイな人にはちょっと盛り上がりには欠けるかもしれません。すごく自然には書いてくれているのですが、それでも前半はちょっと説明的な部分が多めだからでしょうか。
  ラメントをすでにプレイしていて好きなかたにはじゅうぶんオススメです。
 そして1巻も後半からは話が動き出して面白みが増してくるので、2巻はますます楽しみです。

 挿絵も、表紙は絵柄はかわいく色味はシックで、いいかんじです。
 ただ、中身はオールすごいアップ&まったりグレスケ塗りだったので、表紙がかわいかっただけに正直ガッカリしたのですが、考えてみれば男子向きラノベレーベルの挿絵は、私の知る限りこういうパターンがすごく多いです。
 私はブギーポップの絵が好きで絵師の人の画集なども買ったくらいなのですが、それでも本文挿絵はわりとそういうノリ多めでがっかりした記憶があります。どうも、男子系ラノベのイラストにおいては、白黒絵などは単なるカラーの劣化絵的な扱いで、あまり本気出して描かないのがデフォなのかもしれません。

080420papa

 ただいまドシュラバ中ですので拍手レスは後日にー。

|

« B´sLOG6月号 ネタバレ | トップページ | パパはマイメロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B´sLOG6月号 ネタバレ | トップページ | パパはマイメロ »