« コミックB´sLOG 5月号ネタバレ咎狗編 | トップページ | 火楼は和歌山 »

2008年4月13日 (日)

いまごろビジュアルファンブック

 松本蜜柑です。

 なにか気がついたらけっこう、前の更新から間があいてしまっています。
 しかし、その間にキラル燃料が投下されるたびにいちいち後藤さんと長々電話やリアルで語りあったり、後藤さんがその記事を書くときには私の意見も織り込まれていたりしたので、あんまり間があいていたような気はしなかったのです。

 いったん間があいてしまってるなーと認識してしまうと、なんかちゃんとしたこと書いたり描いたりしないと更新しづらい気分になる、この不登校児心理

 今さらの話題ばかりで後藤さんの記事とかぶると思いますが、すみません。それこそ今さらなのでまあいいか。

 というわけで、『Lamento -BEYOND THE VOID- 公式ビジュアルファンブック Green Notes』(長っ)、意外なことにこれが手堅くキッチリとしていてよかったのが驚きでした。豆つぶ大絵&水増しスカスカレイアウト&誤認文章&変ポエム、とかを心配していた私は死んでいい。
 でもこんなに絵的な弾を撃ちつくしてしまったら、下巻はたぶんインタビューとかの字もの中心になると思うんですが、それで一冊もつのかと考えると、もしかしたら他に思いもしなかったような弾があるような気もしないでもないので、怖くもあり楽しみでもあります。淵井さんのSS来ますように来ますように。

 そういえば、以前ラメント喫茶につきあってくれた友人R(咎狗プレイ済だがジョイって誰それな人)と、このあいだ花見がてら後藤さんの家に泊まりで遊びにいったのですが、その帰りの電車の中で彼女は私に「あんたたちがまだそんなにラメントに萌えてるとは思わなかった……もういいかげん落ち着いたころかと思ったのに」と言いました。
 な、なんで突然そんなこと言うの?!
 と思ったら、どうやら私と後藤さんは彼女の前で、発売されたばかりのビジュアルファンブックをかわりばんこに開いては始終「コノエたんかわいいー」「コノエたんかわいいー」とアホのようにくりかえしていたそうです。えー、気付かなかったよ! そんなに言ってましたか?
 でもたしかに言っていたかもしれません。ゆーぽんさんのリビカの一日の板と壁のスキマにムリムリ詰まるコノエたんの尻があまりにもかわいかったので、購入後数日は手が空くとなにげに眺めていたからです。眺めながら声も漏れていたとは不覚です。

 その友人Rは、現在後藤さんがダブり買いしたLamentoを無理やり贈与され、ライルートのみ終了。ヤツのコノエたんのはじめての男はラゼルさんだったそうです。HAHAHAHA、私もですよ! っていうかたいがいの人は初めてをラゼルさんに進呈してしまう罠!
 そういえば彼女が「この赤い人の声、チャド(@ブリーチ)だ!」とか言ってきて、はじめてその事実に気付きました。ブリーチずっと観てるのに、今までまったく気付いていませんでした。最近はだいぶダメ絶対音感が身についてきていたような気がしていたので、地味にショックです。私が確実にわかるのはしょせん緑川と若本くらいなのかもしれません。

 あれ、なんか大量のキラル燃料をざーっと一気にいこうと思っていたのに、ビジュアルファンブックだけで息が切れてきました。

 しかたないので、コミカライズやノベライズのことはまたにします。

 ↓前に拍手お礼絵にしていたおっさんズ。

080413ossan

 拍手レスです(反転)

 7日22時のかた。そんなわけで、ちゃんと生きてますー。ちょっと仕事のほうに気がいっていたりリアルのほうがバタバタしていたため間があいておりましたが、元気がいっぱいです。ご心配おかけしました。

|

« コミックB´sLOG 5月号ネタバレ咎狗編 | トップページ | 火楼は和歌山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミックB´sLOG 5月号ネタバレ咎狗編 | トップページ | 火楼は和歌山 »