« 速いアサトとユニゾン喘ぎ | トップページ | マイルド狗たん »

2008年3月 7日 (金)

リークス様のこと

後藤羽矢子です。

以前から松本さんと語り合っていたことなんですけど。
リークス様が本格的に悪事を働きだしたのは、例の隠れ家焼き討ち事件からですが、それ以前からも、自覚なしにうっかり悪事を働いてしまっていたのではないかと。

リークス様は完璧魔術オタだし、あからさまにちょっと欠けてるヒトなので、新しく覚えた魔術を試したくて民家を焼いてしまったり、変な魔物を呼びだしてしまったりとかしてたんじゃないでしょうか。
そして周りの猫たちから非難を受けても、それが何故かよくわかってなくて、それどころかうぜーなぐらいに思って、どんどん猫たちを避けて森に引っ込んでいったのではないかと思います。
やはり火の無いところに煙は立たないと言いますし、リークス様の悪い噂はまったくの噂ではなく、それなりの裏づけはあったような気がします。

そしてリークス様のことを考えてると必ず思ってしまうのが、リークス様はいったいどういうふうにフィリを育てていたのだろうかということです。
フィリがリークスに心酔しているのは、たぶんインプリンティングだと思うのですが(トカゲにインプリンティングがアリなのかは置いといて)ある程度大きくなるまでは、リークス様が食事を用意したり歌やちょっとした魔術を教えていたのかと思うと萌えます。でもリークス様は森にキノコ狩りとか行って平気でフィリに毒見とかさせていたんじゃないかと思う…。すぐに魔術で解毒してあげるんだけど。

なんてことを最近ねぶねぶ考えている私です。最近こういうキャラ語りしなくなったのは、そういう話はSSに反映させたいなーと思ってしまうからです。
リークス様のSSはたぶん書かないような気がするんで、ちょっとここで語ってみました。
そしてフィリとリークス様に肉体関係は絶対ないような気がする……。フィリはリークス様が望むなら…と思ってても、リークスはさっさと自分で処理してそう…。そんな気がひしひしとします。

久しぶりに今日の一枚。
幼いフィリとリークス様、キノコ狩りの図。

Leaks080307

|

« 速いアサトとユニゾン喘ぎ | トップページ | マイルド狗たん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 速いアサトとユニゾン喘ぎ | トップページ | マイルド狗たん »