« ここ数日 | トップページ | 猫打はプチラメント »

2008年1月26日 (土)

おかん

後藤羽矢子です。

えー、キラル盛の話題、やっぱり本日からネタバレ解禁します。
未プレイの方はご注意ください。

以前から松本さんとたびたび言ってたことなんですが、「コノエもアサトもライも、親が死んでて一番年のいったバルドだけ親が生きてるんだよねー」バルドのちょっと甘ちゃんなところってそういうところから来てるのかもねーとか。
猫打でお母さんから手紙が来たときも「もう俺は寝る」とか「ほんっとシェリルとかってありえねーよな」とか、照れてるにしても、青臭すぎるその反応に吹きそうになりました。
あ、このバルドのオヤジにしてはあんまり大人になりきれてないところは、私と松本さん、共通の萌えポイントです。

ところで、そのバルドのおかんのバルドへの手紙、二通めなんですけど。
バルドのこと心配しつつも「そんなこと言ってるそばから寝込んだりしてね」とか不治の病がどーとか、普通、言うか?こういうこと。
なんかこのおかん、変じゃね?と松本さんと言い合う。
で、話を進めるとヴェルグが出てきて、手紙のことを知ってるような口きくので、「そうか!あの手紙はヴェルグがこっそり差し替えたものなんだ!あの変な文はヴェルグが書いたからなんだ!」とようやく納得したのですが、違いました。
ヴェルグは手紙のことは知ってても、手紙に関与はしてなかったのです。

そうこうしてるうちに話は進んで、真相のカケラを得て、バルドのおかんは相当アクティブな方ということがわかる。得体の知れない板を拾ってそれを使いこなして手紙を書くなんてなかなかできないと思います。
そして例の「コノエさんってシェリルとそういうご関係なのかしら?」の一文!
これ、コノエのこと雌だと思ってるよねえ…?とまた松本さんと言い合う。
雄だとわかって、そう書いてるなら、かなりリベラルなおかんだなー。でもバルドのおかんならありえるかも……。
で、その後の帰郷EDで、刹羅に行ったコノエたんは、きっとおかんに根掘り歯掘りイロイロ聞かれるんだろうなー……。もしコノエのことを雌だと思ってたなら最初は驚くだろうけど、すぐに立ち直るだろうな。バルド母に質問責めにされてあわあわするコノエたんも見たかったです。

あ、それと、帰郷EDのときの「寂しいキモチが俺に伝染したんだよ」というバルドの台詞はよかったな。軽く言ってるけど、親のこと想ってるのが伝わってきて。
アサトやコノエのぶんまで、バルドには親孝行して欲しいものです。

今日の一枚。
昨日の記事でカヤさんのことを書いて、カヤさんのデザインをつらつら考えてたのですが、どうも女体化したアサトしかイメージできなかったので、いっそもう女体化アサトでも描くか!と思い、描きました。趣味丸出しのローティーン仕様です。苦手な方にはすいません。

Asato080126

|

« ここ数日 | トップページ | 猫打はプチラメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここ数日 | トップページ | 猫打はプチラメント »