« B´sLOG2月号 ネタバレしようもなし | トップページ | メリクリ »

2007年12月23日 (日)

いろいろ終了&もしもコスプレ話

 松本蜜柑です。

 ようやくすべてのコミケ原稿が終了しました。
 今年の同人シュラバは、なぜかシュラバのたびに体重が1キロほど増加して、戻りません。スパコミ1キロ増→戻らず→夏コミ1キロ増→戻らず→冬コミ1キロ増→戻……戻りたい……。
 ともかくも、そのように腐肉をもりもり身体に蓄えることと引き換えのように、無事新刊が出ます。
 ヴェルカルの新刊『だって悪魔なんだもの』のほか、アクエリオン本『さいごのてんしはせかいのはてでどんなゆめをみるか?』(長い…)をスペースのすみっこにそっと積みますので、よろしくです。

 ところで、私が昔からよくするオタ的もしも話で、「もしコミケがコスプレ必須制になったらなんのコスプレをするか」というのがあります。
 わりと近年までは、ガンパレの女子用制服がいいと思っていました。好きな作品の中で、かわいいなりに着ても奇抜すぎずなるべく無難なもの、という観点で選んでしまうようです。どうせ本当に着るわけではない、ただのもしも話なのに……。

 このあいだもしょうこりもなく、後藤さんと原稿中にスカイプでダラダラと話をしているときに、「もしキラルオンリーでコスプレ必須だったら、なににするー?」とか話をふったところ、後藤さんは「トキノ」と即答しました。たしかに、トキノ服はかわいいし、女が着ても似合います。
 それをきいて、私もまずは無難にコノエたんのアサトED衣裳、とか言ったのですが、やっぱりこういうもしも話のときに無難なものを選ぶようなしょーもない人生はやめよう!と思い直し、「やっぱり私は、アサトに肉を盗まれた屋台のオヤジ猫にするよ!」と言い直しました。
 インパクトがあってウケも狙えて、しかもバカボンパパクオリティなのですごく簡単に安上がりですむ上に、あまり他の人とはかぶらなそうだからです。

 後藤さんも、トキノと言いつつ、本当はコスプレっていうより着ぐるみが好きだ、とか言うので、魔獣アサトをおススメしておきました。たぶん魔獣アサトの着ぐるみを本気で作るなら業者に頼んで50万とか100万とかしそうなので、本当にやったら間違いなく勇者になれます。
 でも後藤さんはただのもしも話でもさすがにそこまでの浪費はイヤみたいで、激しく拒否するので、相談の結果、娼館の支配人あたりで手を打つことにしました。巻きヒゲがかわいいですよね。

 考えてみれば、咎狗にはビトロを除外すると、あまりウケを狙えそうなキャラがいませんね。いっそスミスオフみたいな、参加者全員スーツ&仮面着用でヴィスキオオフとかはどうか……。

 とか、こんな超しょーもない話をたれ流しつつでもないと、長い原稿には耐えられません。

 久々にWEB用絵でも描きたいところですが、まだシュラバ疲れでダラっとしているので、明日以降に…。明日あたりには新刊のサンプルなどもオフライン情報にアップしたいと思います。

|

« B´sLOG2月号 ネタバレしようもなし | トップページ | メリクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B´sLOG2月号 ネタバレしようもなし | トップページ | メリクリ »