« 脇毛 | トップページ | ダメ絶対音感 »

2007年6月 8日 (金)

ライさんの経験値

 松本蜜柑です。

 こないだのライさん童貞疑惑について、ライさんはそれなりの経験はしてそうだし一回くらいは娼館にも行ったことがあるんじゃないか、というようなコメントをいただいたのですが、おお、もちろんあれは絶対そうだという話ではなく、そうとも考えられるなー、そうだったとしても萌えるなー……という程度の、私の勝手な妄想話です。
 それなりの経験アリのライさんも、もちろん、萌えます!

 賞金稼ぎなんて世間知らずではやって行けない仕事でしょうから、娼館のようなところも、一回も行ったことがなく嫌っているというよりも、何回かは行ってもみたがどうしても馴染めないというか好きになれなかった、みたいなほうが、たしかにより現実的ではありますよね。
 それに、まだバルドのところを家出してきて間もないころなどは、たぶんコノエたんよりも幼かったと思いますし、最初の発情期に手ほどきしてくれた年増の娼婦、とか、年増の賞金稼ぎの雌、とかがいても萌えますね。ああ萌えますね。

 って、なぜ年増限定なんだ!

 いやー、それは、こないだも書きましたが、素人の若い雌だったら、ライさんはその雌に本気でなければ手を出さないような気がするからです。
 その点百戦錬磨の年増雌なら、少年のライさん的には、連れ添う相手として想定外なので、かえってなりゆきで肌を重ねることもあるかもしれないなーと思うのです。とくに、まだ少年期の、余裕のないライさんならば。(いやライさんはコノエたんとのなりゆきも十分余裕がない猫でしたけども…)
 情は深いが尻が軽くて陽気で乳のでかい婀娜な年増雌、みたいなのにぺろっといただかれてしまう少年のライさん。想像すると萌え………、あ、あれ、もしかして私、またなんかアサッテな妄想してますか…?

 っていうか、今なんかふと、そういう年増ってまるで女バルドじゃないか、ということに思い当たりました。あーゆータイプとライさんて、合うんですね。
 まあ、でもバルドは情が深いというよりも……、いや、これはバルド語りのときにまた。

 近日中にバルドのことをねぶねぶ語りたいです。

 本日の一枚はライさんです。
 後藤さんがわき毛わき毛言うので、私もなんかちょっとわき毛に萌えてきました。「獣」では、とくに萌えとかではなく陰毛と同じくらいほとんど無意識に描いていたのですが、今回は意識的にわき毛萌えの気持ちをこめてみました。

070608rai

 拍手レスですー。(反転)

 4日14時のかた。コノエたんにくわえられて動揺するライさん、いいですよね。ライコノのエロシーンは、ライさんもじつは余裕ないんだなー、て思えて、本当にかわいいです。
 4日19時のかた。そんなわけで、それなりの経験をしているライさんも、もちろん萌え萌えですよー。真実のライさんは、それぞれのプレイヤーの心の中に!
 5日11時のかた。陰茎ってカンジの男性器とは、いったいどのような!? チンコってカンジとか、魔羅ってカンジとか、男根ってカンジとか、それぞれ違うのでしょうか。なにか奥が深いですね…。文学っぽい濡れ場というのは、なんだか照れるような、萌えが足りないような!
 5日16時のかた。え、あのライさんがかっこいいですとな! なんていい人でしょう、ありがとうございます。後藤さんの拍手絵も、たぶんまだ掘り出せば別のもあるような気がします。そのうちお目見えするかもですー。

|

« 脇毛 | トップページ | ダメ絶対音感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脇毛 | トップページ | ダメ絶対音感 »