« 脱いだらすごい猫 | トップページ | Nitro+CHiRAL Special-Editionネタバレ »

2007年3月19日 (月)

ありえない話春コミ編

後藤羽矢子です。

昨日は春コミでした。

昨日の記事で、松本さんは一言も触れてませんでしたが、私はこの日、松本さんのMPを盛大に削る大ポカをやらかしたのでした。
数日前からしつこく言っていましたが、私たちは春コミ用のコピー誌を作っていました。
コピー誌など閉じてあればいいじゃんという私に対し、少しでも可愛くキレイに作りたいと言う松本さんは、書籍用のクリーム色の紙をわざわざ自宅からかついで私のところにやってきました。そして二人でせっせと作りました。

以前の記事にも書きましたが、私は去年のキラルオンリーのときに、夜なべで作ったコピー誌をうっかり忘れて家をでてしまい、駅に向かう途中で気づいて引き返し、先日のオンリーの時も忘れ物をして父に駅まで持ってきてもらったりしていました。
で、春コミ当日、コピー誌を二人で分担し持っていくことになったのですが、すっかり信用を失くした私は、松本さんに「忘れるなよ」とことあるごとに言われ、家をでる時に忘れないようにドアのまん前に紙袋を置いておいたり、新幹線のなかでも膝の上に置いておいたり。
そこまで気をつけていたのに……タクシーの中にコピー誌を忘れてしまったのです。

ありえねえええええええええ!

言い訳をさせてもらうと、タクシー代は私が払ったのですが、それを払ったら財布がからっぽになってしまったのです。(情けない…)で、(お金おろすとこあるよねー。でもあっても、人がいっぱいでお金がなくなっちゃうこともあるよねー。そしたらどうしよう。松本さんにお金借りるしか…)などと悶々と考えていたら、すっかりコピー誌のことを忘れてしまったのでした。

で、会場に着いて、お金おろしてホーッとひと安心したら、ふいにコピー誌のことを思い出して血の気が引いた私です。
そしておそるおそる松本さんに「なんか…私コピー誌タクシーのなかに忘れちゃったみたい…」と言うと、凍ってました。
しかしこういう事態には慣れている私は、(慣れるなよ!)領収書に書いてある電話番号に電話して、車番を言って問い合わせしてもらい、そしてまた会場までそのタクシーに来てもらったのでした。(もちろんそこに来るまでの代金は払いました)そして開場前にはコピー誌は無事スペースに並べられたのでした。

だから実質的な被害は特になかったのですが、松本さんの気力と、松本さんの私に対する信頼を激しく失いました。本当にマジ若年性アルツかもしれません…。
そんなきっついエピソードがらみのコピー誌ですが、お買い上げくださった方々に感謝です。次にコピー誌を作ることがあれば、本当に忘れないように気をつけたいものです…。

明日はキラルスペシャルエディションの早売りゲット予定。もうなじみの本屋に話もつけてあるし。楽しみです。

拍手お返事。反転してます。

17日13時の方 コノエのオープンハートは、本当に家庭環境とシュイさんの遺伝ってカンジしますね。シュイさんほど天然じゃないにしても、コノエもかなり人なつっこいですよね~。
21時の方 エロ語り、本当はもっとえげつないとこまで考えてたのですが、ちょっと怖気てしまいました。咎狗はレイプが多いので、淫辱とか被虐とかの単語が似合いますね。拍手絵も楽しんでいただけて幸いです。ありがとうございます。

今日の一枚。
デカ果実を持ち上げるコノエたん。なんかトキノの家にこんなのなかったっけ…?

Konoe070319

|

« 脱いだらすごい猫 | トップページ | Nitro+CHiRAL Special-Editionネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱いだらすごい猫 | トップページ | Nitro+CHiRAL Special-Editionネタバレ »