« 炭 | トップページ | 現実を見たくないとき »

2007年2月13日 (火)

弾よりも速いナノたん

 松本蜜柑です。

 じつは昨日、ほんの5分ほどこの記事をアップしていました。しかし一部ミスがあったので一旦削除して、ソッコー再アップするべ……と思ったらそのわずかの間に後藤さんが更新していたので、今日はもーええか、みたいな気分になってズルズル今に至りました。
 一日寝かして読んでみたら、まったくもって今さら再アップするほどの内容でもないとは思ったのですが、今超絶いろいろせっぱつまりきっており更新がままならない状態で、これを逃したらまたズルズル間が開いてしまうかもしれませんので、いちおうアップしておきます。

 そんなわけで、いろいろ限界ギリギリバトル中です。

 そのひとつの大きな原因は、メインマシンをMacからWinに乗り換えたことです。3日くらい費やして、ようやくこうして新しいマシンでお絵かきできるところまでこぎつけました。Winは今までもエロゲ専……ではなくバックアップとネット専用マシンとして使っておりましたし、アシスタントではWinを使ってもいたので、使い方がわからないということはないのですが、メインマシンとしてなにもかもこれだけでやろうと思うと、いろいろ勝手が違って大変です。

 とか、こういうことはここで書かずに自サイトでやれよという話ですが、まだこのマシンでサイトの更新ができないのです。ブログは更新とかラクで素晴らしい。

 それはそうと、毎度話題の遅い私も、コミックビーズログを読みました。
 すでに後藤さんが語っているので、ちょっとだけ。
 今回は一番の見所がここと言い切れないほど、あちこち見所でした。シキさん関係は後藤さんにまかせたとして、ナノたん…。自動小銃で撃ちまくられていますが、あれって当たっているんでしょうか……。当たっているけど、大丈夫はね返した!ってことだったら化け物だし、当たってナイヨ、目に見えない速さで避けてるんだよ!ってことでも化け物です。さすがはナノたんクオリティ。
 グエンさんと遭遇して殺そうとするも、無線機からのエマさんの声をきいて動転して(たぶん)殺さず去っていく、というオリジナル展開は、すごくよかったです。ゲーム通りの過去だとしたら、腕をぶっちぎって逃亡して以来初めて聞くエマさんの声なんですよね。この漫画版咎狗にはホモ分はないみたいですが、ナノたんとエマさんが過去にデキていたのはガチだろうと思うので、ゲームよりこのへん強化してくれるんだったら嬉しいなーと思いました。ゲームのナノたんはエマさんに対してちょっとひどすぎますからね!…まあ、そこもせつなくて好きなんですけども……。

 ところで、茶屋町さんのキリヲさんてなんか頭よさそうです。
 グンジはどこから切ってもバカ100%伝説でそこがかわいいんですけども、キリヲさんはグンたんとアホなやりとりをしつつも、なんかすごく周りや先のことが見えていて、頭を使っているカンジです。
 私は、キリヲさんにはバカっぽく粗野な言動をとっていてもじつはけっこう知的な人であってほしいというか、だったらイイナ的妄想を抱いているので、かなり萌えます。
 ヴィスキオはどうもまるごとトンズラカウントダウンっぽいので、このままポチたんも連れて仲良く去って欲しいです。…まあ、死んだら死んだでそれもまた萌えるんですけど……ってまたこのパターンか。どう転んでも萌える、とか嘘っぽく聞こえるかもしれないけれども、だいぶ本気です。

 次号のラメント漫画も楽しみです。このまま茶屋町さんで咎狗終了後に連載になってくれたらイイナ! スキスキスー。

 あまりちょっとでもなかった…。本日の一枚はキリヲさんとグンたんとポチたん。

070212gunji_1

 ドヘタレなんだからせめて丁寧に描けよ、と。こないだFF7再プレイしたらレノとルードがめっちゃかわいくて萌えたぞ、と

 拍手レスですー。(反転)
 5日21時のかた。そうですねー、萌えはいろいろですよねー。
 11日1時のかた。こちらこそ、あざーすです。淫靡たんと悪魔コノエたんて並べるとカワイイですよね。

|

« 炭 | トップページ | 現実を見たくないとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炭 | トップページ | 現実を見たくないとき »