« 弾よりも速いナノたん | トップページ | バレンタインボイスドラマ »

2007年2月14日 (水)

現実を見たくないとき

 松本蜜柑です。

 昨日、ズルズル間が開くかも、と言った尻からプチ更新。
 原稿でテンパっていると、「楽しいなーマジ楽しいなー早く誰かに読んでもらいたいなー」というアッパー状態と「バカじゃねーですか自分こんなの描いても誰も読まねーよ」というダウナー状態が、必ずしましまにやって来るのはなぜか。足して2で割れない、人の心の不思議です。

 本日の一枚……というかラフは、描きかけのお父さん本の中のアイキャッチ的イラストのつもりで描いたはずが、剣と斧を描いて仕上げるのがイヤになったので、いっそ色塗って表紙にして本を出そうかと思っている、そんなラフです。しかしそんな夢を見る前にまずは現実を生きたほうがいいようです。

070214verkar

 とりあえず宴ではお父さんず本、さらに3月には後藤さんと合同で魔獣アサコノ本です。
 それから、ラゼコノ捏造ルート本が出したくて、今後藤さんを口説いているところですが(がっつり小説で読みたい)、もちろんそんな夢を見る前にまずは現実を生きたほうがいいようです。いいようです。いいようです。

 関係ないですが、乗客に日本人はいませんでした。いませんでした。いませんでした。…というあの歌、そりゃー日本国内の報道なんだから日本人が事件に巻き込まれているのかどうかお知らせするのは当然じゃないか。なにも「鬼畜米英ばっかてんこ盛り死んだよ、ざまー見れ!」とか言ってるわけでなし。……と何年たっても、何度でも、聴くたびに心でツッコミを入れてしまいます。
 (追記:最初アップしたときに歌詞びみょーに間違っていましたが、拍手からツッコミが入ったので直しましたー。)

 原稿おわったらカルボ! 宴! ワタナベライブ!

|

« 弾よりも速いナノたん | トップページ | バレンタインボイスドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弾よりも速いナノたん | トップページ | バレンタインボイスドラマ »