« リークスさん | トップページ | 咎太グレートアキラ編 »

2006年11月15日 (水)

今ごろルート別感想(ライさん)

 松本蜜柑です。

 アホ丸出し萌え語りと超あきれるほどのヘタレ絵しか描けない自覚アリアリの私の、耳におけるポジションは「枯れ木も山のにぎわい要員」(更新頻度上げ要員)だと理解しているわけですが、ここしばらくにぎわいにすらなっていません。時間がたつのはなぜこうも早いのか。
 そして、どーも、ラメントをプレイした最初の一週間で内容にふれる話題を回避していたら、なんとなくもう一度ちゃんとプレイしなおさないと(ピンポイント再プレイはなんぼでもしておりますが)いろいろ記憶があやしくなってしまったモヨウです。
 やっぱり、鉄は熱いうちに打っておかないといけませんね。

 というわけで、ちょっと最初の記憶があやしくなってきた今ごろになりましたが、ルート別感想にいってみます。

 私が攻略した順番は、アサト-ライ-バルド順でしたが、まずはライさん編感想を。なぜと言って、やはりラメントの正道はライさんルートだからです。

 ライさんルートは明らかにラメント正道ですよね。だからいちばん闘牙と賛牙という設定が生きているし、話もいちばんかっちりと筋が通っていてブレがない。
 それに、アサトやバルドのルートに入ったときに、フィリも呪術師もウルキルも、皆して「白猫じゃないのか」みたいなツッコミを入れてきやがります。明らかに「おめー正道からはずれやがったな?」と言ってます。「白猫を捨てて別の猫に走りやがったな?」と言っています。ヤメテー、そんなん言われたら、ライさんを寝とられ男ポジションにしちゃった罪悪感がますますわいてしまうじゃないですか!
 まあ、でも、ライさんは、ルート外ではその寝とられ感が萌えるところでは、あるのですが。(とくにバルドルート)

 ともあれ、今回はライさんルートの話をします。

 ライさんの萌えどころは、やっぱりツンデレ風味というか、きれいなジャイアン風味なところです。強く美しく憎らしいほど俺様でゆるぎがないように(コノエには)見えていたライさんが、頑是無い子供のような素顔を見せたときには、本当に萌えました。咎狗とくらべるのはアレなんですけど、弱シキと同じ萌えの匂いをキョーレツに感じます。あー、この猫、子供なんだ。しかもアンバランスに一部分だけが成長しないままの大人子供なんだ。これはコノエたんも、気づいてしまったらそりゃ落ちますよ。
 ライさんは当然ながらそのか弱い子供な部分を隠していて、コノエには最初はそれがなんだかよくわからないから恐ろしいものに見える。だから反発もするし傷つきもするし、それでも気になって逃げる気にはならないのを、ライは強いから、今の自分にはその協力が必要だから、闘牙と賛牙だから…といろいろ理由づけしてみたり、ってああああ、じれじれしますね。コノエたんがまた、そーゆーところすごく真面目な子で、そういう「わからないこと」を、安易な誤解に走って相手のフォロー待ちになったり(流され受にわりと多いパターン)せずに、本当にねぶねぶと真っ向から考えて、行動して、また考えて…してくれるのが、私としてはすごく気持ちよかったです。でも、答は出ない、答が出ないなりに逃げないでがんばる、真摯な子ですね。
 また闘牙と賛牙としての闘いのシーンが、エロシーンよりも雄弁なほどにふたりの心の近付き具合を表しもしていて、闘いでコノエの賛牙パゥア〜が発動するたびに、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! って萌えたし燃えました。相手を想う力で歌をうたい、さらにその歌で相手への想いが高まる、ひとつ戦闘をこなすごとに深まる仲が本当にドキドキします。

 エロシーンよりも雄弁に、とは言いましたが、もちろんエロシーンも、ライさんルートはいちばん数も多いし萌えました。祭の夜の寸留めエロ、発情期イベント、両想いエロと、これは闘牙と賛牙としての闘いと同じパターンです。最初ははずみ、その次はとりあえず必要にせまられて身体だけ、最後には身も心も。という具合に。
 他のルートでも、心の結びつき前/後とエロシーンの段階をふむのは同じで、どれも萌え萌えなんですが、ライさんルートはとくにこの闘牙と賛牙の闘いとシンクロしているので、より構成として丁寧だなーと思いました。

 ライさんの過去については、じつのところ、ライルートそのものより、バルドルートを通ったあとのほうが補完されて、沁みます。ライルートだけではやや消化不良かもしれません。
 ライさんは親との関係がうまくいかずにゆがんでしまった子供ですが、こういう流れだとわりと、マジで親から愛されていなかったとか、親にハッキリと虐待を受けていたとか、いっそ性的虐待すらあったとか、そういうことにしてしまったほうが問題点がクッキリして派手味も出るし説得力も増すと思うんですが、あえてそうしないで、愛がなかったわけではなかった、でもうまいこといかなかった、そういうこともある……、とゆーカンジにしているのが淵井さんらしいなーと思いました。
 さらに、最後も、誤解がとけて親へのわだかまりが消えた!…というハッキリとした解決をさせずに、墓参りはしてみたもののやっぱり感慨はない、くらいのうすらぼんやりした、まだこの先もこの問題はゆっくり解決してかなきゃいけないんだなー、みたいなオチにするのも、淵井さんらしいです。
 こういうところでカタルシスが得られないと物語として弱くもなりがちなんですが、そのかわりしみじみとした丁寧さがあって、どちらをとるかは受け取る側の好みの問題だと思います。私はすんごく好きだなー。

 グッドエンドの、みつあみの賛牙コノエたんは萌えるー。ライさんとつがいの賞金稼ぎとしてブイブイいわせているだけあって、ちょっと大人びたスチルがイイです。リ−クス様風のみつあみにしているのは、自分の中のリ−クス様を忘れないでいる決意表明でしょうか。そういうところ、なんか強くなったんだなー、大人になったんだなーと思いました。
 またライさんの、けっこうなデレっぷりを隠さないところが……。
 ライさんのデレぶりといえば、毛づくろい。あんなイキオイでいつも毛づくろいされてたら、絶対コノエたんの身体はライさんの唾くさいですよ!
 たぶんあれは、毛づくろい好きってだけじゃなくて、コノエたんに自分の匂いをつけるためなんだろーなー……ライさん……。すごいバカだ。
 ライさんは、バッドエンドがふたつとも涙が出るほどだったので、グッドエンドは多少マイ脳内でかすんでいるところがあるんですけど、でもやっぱりグッドエンドあってのバッドエンドなので、こういうバカップル的幸せも、いいですね。

 それに、こんなに幸せ丸出しバカップルなのに、それでもコノエたんは早死にする。それはどの猫とのルートも同じで、呪がとけても長くは生きられないと言ったシュイの言葉は否定されていないので、たぶんそーなんだと思います。
 いつかこの幸せは終わる。それはそう遠い先ではない。だからせーいっぱい生きて笑って歌ってつがって、バカップルもしておこう! みたいな。
 そう思うと、せつないエンディングです。
 む ろ ん 、 そ こ が い い 。


 あー、記憶の怪しい脳で書いた感想なので、なにか間違っていたらすみません。またどーせ何度もリプレイするので、そしたらまた何度でもちょっと違うよーな同じことをくり返し書くと思います。
 バッドエンドについての萌えは本日は書き切れなかったので、また次回もしくはほかのルート話の後にー。

 本日の一枚はグッドエンド後にコノエたんに先立たれたライさん。コノエたん亡きあともきっとライさんはコノエたんの歌に守られて闘うんだろーなー、単身なのにつがいのごとき強い闘牙になるんだろーなー、などと妄想炸裂です。

061115raikono


 拍手レスです。
 12日0時のかた。あれらの曲はエクストラに入っていないので不便ですよね。サントラまでもうちょっとガマンガマンです!
 12日6時のかた。おわー、ゲーム本編でのつがい達がすべて肉体関係アリではないと思っておりますです。でもあの雑魚つがいは、そーだったらかわいいなーと思いますので、ぜひ一回妄想してみてくださいませー。

|

« リークスさん | トップページ | 咎太グレートアキラ編 »

コメント

 こんばんわ。りりこです。
 ライさんルート、一番好きです。
グっときます。
しかし、シキ様といい、バカップルは
キラルの伝統なのでしょうか?
 でも、コノエたん(またこいつは…) とか思ってても、幸せそうで良かった
です。でも先立つこと、ライさんは
知ってるのでしょうか?
切ない、切なすぎる…。でも、日常が
危険なので寿命以前にって感じも。
川に落ちた子供を助けて、風邪ひいて…。そんな意外な亡くなり方だったら、ライさんがだまっちゃいないでしょうね。
それこそ「この馬鹿猫が…」。
でも涙声なんです。
コノエたんのおかげで心の隙間が埋まってきたのに、狂気がぶり返し。
妄想は尽きません。

長くなりましたが、失礼致します。
寒くなってきました。
お体ご自愛下さいませ。


投稿: りりこ | 2006年11月18日 (土) 19時25分

寿命については、コノエたんがリークス様との関係のことをライさんに説明したときなどに、そのことも言ったんじゃないかなと想像しています。コノエたん、よくも悪くも正直な子なので。(笑)
でも、コノエたんが死んでも、ライさんは狂気に勝ってくれると思います。

投稿: 蜜柑 | 2006年11月22日 (水) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12699094

この記事へのトラックバック一覧です: 今ごろルート別感想(ライさん):

« リークスさん | トップページ | 咎太グレートアキラ編 »