« ラメント全体感想ネタバレ | トップページ | キラルにどこまでもついて行く…とでも言うべきか »

2006年10月29日 (日)

ラメント ライルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

プレイ前は、更新滞るかもと言っておきながら、結局「嵐のように更新しまくる」ほうになってしまいました。私は萌えると吐き出さずにおれないようです。

以下感想

プレイ前は、誰が本命になるか正直わからなかったのですが、やっぱり…どうも…ライさんが本命っぽい…です。

とりあえずファーストプレイは心の赴くままに選択していったら、ライルートに突入。
森でライさんと再会して、そのまま藍閃へ…っておい!アサト放置かよ!ツッコミいれつつクリックしてると、速攻でやおいチンピラに物陰に連れこまれるコノエたんに、マロンブラマンジェ吹いた。まあ速攻で助かるけど。
バルドさんの宿にはいって、一息ついてたらライさんがベッドで毛づくろい始めて、まずそこで激しく萌えました。

ライさんのような大柄な猫がつまらなそうに腕とかしっぽとか舐めてるとこを想像するだけで、キューンとくるものが…。

その後、森でアサトと再会。アサトにも吉良の村でけっこうキュンキュンきてたので、なんか後ろめたい気持ちに。
案の定、アサトとライさんは犬猿の仲に。しかしアサトが一方的にかみついて、ライさんは相手にしない構図、と思っていたらライさんはライさんで、アサトをナチュラルに奴隷呼ばわりして、けっこういい性格だということが判明していきます。
そう…シキルートをやってるときの「なんかこの人思ってたのと違う感」がじょじょに増幅していったのです。

お香イベントのときも、おかしくなると知っていつつ、その理由は話さないし、コノエたんと一緒にお香嗅いで一緒にムラムラきて、そのうえ「責任とれ」ってアンタ…。
そのわりにはキスだけで気がすむライさん。
あ、そういえば、このお香イベント、お香を「買う」「買わない」の選択肢があって「買わない」を選ぶとキスは発生しないんですけど、(そのかわり、コノエがライさんに川の水をひっかけるイタズラをするというプチ萌えが)そのまま続けても、二回目エッチシーンのときにキスが発生したというテキストが出てきて、まあこれはちょっとしたミスなんでしょうけど、なんか制作側に「どーせユーザーみんなお香買うでしょー!」と言われてるようでちょっとイヤ感が。当然私もお香買ったけど!

発情期イベントも、娼婦に「ここでどーぞ」みたいなこと言われて部屋貸されて、私はてっきり憤慨して出て行くかと思ったら、ちゃっかり始めるし。
そしてなんとなく入れないかと思ってたので、ライさんがコノエにブチこんだときは焦った。「え、いれちゃうのー?」みたいな。実際アサトルートでは扱き合いで満足してたんだから、そうすりゃいーのに。仕方なさげを装いつつ、やる気マンマンなライさん。

そうこうしつつ、寄せては返す波のように、想いを近づけていく二人。
そしたら…アサトが突然コノエに「あいつのこと好きなのか?」って…
・゚・(ノД`)・゚・。かわいそう!アサトかわいそう!これはケイスケの死なない他のルートみたいなもんですよ。とにかくライルートにおけるアサトのフォローのなさっぷりはすごい。これじゃ海の沖合いまで引っ張って泳いで、そのあと放り出すようなもんですよ。
だからその後のアサトルートがすごく染みたわけですが。

んー、ちょっといっぺんに語るの勿体なくなってきたので、今回はこのへんでー。
明日はアサトルートの感想を。

拍手お返事。反転してます。

26日の方 更新途絶えるといいつつすぐに戻ってきましたwwこれからモリモリ更新しますー!

27日の方 ラメも激しく萌えました!冬には無理かもしれないけど、オンリーとかに何か出せるといいかなーと思ってますー。

29日 1時の方 トキノってそれはまた本当に序盤ですね。12時間くらいかかるので先は長いですよー。頑張ってください。
7時の方 オススメですので、是非プレイしてみてくださいー。これから数日かなりバリバリ感想書くと思うのでそれと合わせて。なんてね(トキノ風)

今日の一枚。
ライルートの話というのに、スリスリトキノとコノエ
このスリスリ描写にまた萌えてねー…

Tokikono061029

|

« ラメント全体感想ネタバレ | トップページ | キラルにどこまでもついて行く…とでも言うべきか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12474345

この記事へのトラックバック一覧です: ラメント ライルート感想ネタバレ:

« ラメント全体感想ネタバレ | トップページ | キラルにどこまでもついて行く…とでも言うべきか »