« 源泉ルートのバッドエンド | トップページ | ラメント前夜 »

2006年10月22日 (日)

リンルートのバッドエンド

後藤羽矢子です。

咎狗の話ならば、日々同じ話題で盛りあがれる私たちですが、ラメントに全員のバッドがあると聞いて、また「咎狗も他のキャラのバッドがあればいいのにねーと」100万回も言ってる話をまた蒸し返していました。

ケイスケだって、あの壮絶なバッドがあるから甘々のトゥルーが引き立つわけで。
ということで、松本さんと二人で、源泉ルートのバッドとリンルートのバッドをねぶねぶと考えていました。
ナノルートとシキルートはないのかって突っ込まれそうですが、松本さん曰く、「ナノたんは、ナノルート以外のEDが全部バッド」とのこと。でもそれってナノたんにとってのバッドじゃん…。
シキさんについては…全部のEDが若干バッド風味だし…でも全部幸せそうでもあるんだよねー。これに関してはまだ語りたいことがあるので次回の講釈で。

で、リンルートなんですけど。
リンルートのバッドの分岐はどのへんかと考えると、やっぱりコロシアムのイル・レ戦のあたりかなー。
ドオォォォォンと爆発が起こり、「な、なん…だ?」とうろたえるアキラ。そこですかさず分岐が。

シキの方を見る
リンの方を見る

シキの方を見てしまうと、シキもアキラの視線に気づいてしばらく見つめあいます。そのわずかな時間の差異でシキさんは爆発による怪我を負いません。
リンの方を見ると、源泉がやってきて通常の流れに。ここでシキさんは怪我を負うことに。
そしてアキラとリンは一発キメて、その後リンはシキと決着をつけに。

で、バッドにはいっていると、シキさんはピンピンしていて、リンを殺す気マンマンです。
何故ならシキさんは、アキラに何がしかの求心力を感じており、リンを邪魔だと判断したからです。
そして腕を落とされ、足も斬り落とされ、地面に臥すリン。
自分にとどめを刺すために近づくシキの足音を聞きながら、リンは微笑む。
「ハハ…やっぱり兄貴は強いな…。…ごめん…アキラ…約束……守れなくて」
暗転。

5年後──未だリンの帰りを待ち続けるアキラ。源泉が何くれと世話を焼きますが、アキラはいっこうになびかない。(ここ重要ポイント)
そしてアキラは今日もリンからの連絡を待ちながら、木枯らしのなかをとぼとぼと歩くのでした。おしまい。
うわ、侘しい~。
私的には、バッドはアキラたんが殺されるよりも、渇いてたり寂しかったりするほうがキます。Fateの桜EDのように、年寄りになるまでリンを待ち続けてほしいものです。

そんなわけで、久しぶりにかなり妄想はいった語りをしてしまいました。
もちろん咎狗語りは、これが最後じゃありませんが、ラメントをプレイしたらしばらくは心をかなりラメに持っていかれると思うので、語れるときに語っておきたいなと。
私もラメプレイ後はしばらく更新途絶えるかもです。いや、逆に嵐のように更新してしまうかもしれませんが…。とにかくプレイしてみないと何ともいえませんね。
あと5日…ホントに信じられないような気持ちです。

今日の一枚。
いまわの際のリンたん。グロ絵ですいません…。

Rin061021

|

« 源泉ルートのバッドエンド | トップページ | ラメント前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12371314

この記事へのトラックバック一覧です: リンルートのバッドエンド:

« 源泉ルートのバッドエンド | トップページ | ラメント前夜 »